« 「ベルギー王立美術館展」 | Main | 日本SF大賞に「バルバラ異界」萩尾望都 »

Dec 03, 2006

Chateau Rieussec 1940

「攻殻SSS」に出てきた「貴腐老人」って単語で思い出したワインです。
約6年前、某所で開かれたワイン会で飲みました。
価格は1本を希望者のみで頭割り。確か1杯2000円。

・「貴腐老人」とは・・・・
「攻殻SSS」の用語。寝たきりとなり介護機能の付いたベッドに縛り付けられて、貴腐葡萄のようにカビが生えて衰えていく老人を意味する。
私の「攻殻SSS」レビューはこちら

で、肝心のワインについて。
当時の写真がなくて申し訳ないですが、
澱はボトル下部にたんまりたまってました。
そりゃそうですよね、何せ60年ものだったし^^;。

色は薄い金色。
アルコールの香りは全くなくかすかに白い花の香りが漂ってました。
ここまではまあまあ普通。驚愕したのはその味。

アルコールなのにアルコールじゃない。
水のようで水じゃない。
甘いんだけど甘くない。
全てが摩訶不思議な味。
周囲の余計なものがなくなって芯だけが残った、そんな感じでした。
言葉を変えれば

「きれいに枯れていた」。

人に例えれば「修行僧の凛とした美しさ」。
全員無言で香りを嗅ぎ、口に含んではため息。
その後異口同音に

「こういう風に年をとりたい。」

で、会話が弾みました。

誰でもきれいに年を取るのは難しい。長い事生きてきたら尚更のこと。
きれいに枯れるにはこのワインみたいに自分のポテンシャルも高めとかないとダメだろうな^^;。それにはやはり日々の精進が必要なわけで。
まあ私ごときに高貴な黴は生えそうにありませんが、それなりに枯れるべく日々を積み重ねよう、と思った日曜の夜でした^^;。

|

« 「ベルギー王立美術館展」 | Main | 日本SF大賞に「バルバラ異界」萩尾望都 »

Comments

>きれいに枯れるにはこのワインみたいに自分のポテンシャルも高めとかないとダメ
相変わらずの深いお言葉…仕事のクレーム報告書を書き上げた休日の深夜には心に響きます(_ _)

>それにはやはり日々の精進が必要なわけで
らじゃー(`O´*ゞ

>と思った日曜の夜でした
shamonさんの素敵な"お言葉"で、上手く〆られた日曜の夜でございました。
先週は毎晩深夜残業でしたが、明日からまた頑張りまぁ~す♪

Posted by: SAC | Dec 04, 2006 at 01:19 AM

まいどです^^。
忙しそうですね~、身体は大丈夫?

>仕事のクレーム報告書
クレーム処理は状況判断力を養ってくれますよ。それに対応次第では次のチャンスも来るしね。頑張って。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Dec 04, 2006 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/12920332

Listed below are links to weblogs that reference Chateau Rieussec 1940:

« 「ベルギー王立美術館展」 | Main | 日本SF大賞に「バルバラ異界」萩尾望都 »