« 「スーパーエッシャー展」 | Main | 進捗^^; »

Dec 12, 2006

AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot)

ヴァンダンジュ(収穫)の思い出。

Acbdchevrot05et

先日届いた1本です。
そして私たちがドメーヌ・シュヴロにて収穫をお手伝いさせていただいた2005年のACブル(ピノ・ノワール)です。このワインにはおぼつかない手つきで摘んだピノ・ノワールが入っているはず(多分)。
ヴァンダンジュの記事はこちら
ドメーヌ・シュブロのカーヴについてははこちら

ヴァンダンジュを思い浮かべ夫婦ともども心していただきました(・・)。

Acbdchevrot05
色は明るいルビーでリムはピンク。
2005年というのに既にしっかりした脚がありました。
香りと味は若いだけあって荒い印象は否めず。
甘い香りの中にどこか日向臭さ(果皮が焼けたような匂い)が漂いました。
お味は酸がかなり強くタンニンもまだ荒くてちょっとざらつき感。果実味の甘さはあまりないです。そしてシュヴロの赤によくある特有の「堅さ」もあり。酸の強さは時間経過と共にまろやかになりました。やっぱり飲むのが早すぎたか^^;。あと1本あるのでこっちは2年ほど寝かせてみる予定です。

私が収穫をお手伝い(1.8日間)したのはピノ・ノワールとシャルドネの畑です。なのでシャルドネのワインにも私が摘んだのが入っているはず。夫はこれに加えてアリゴテの収穫も手伝ったのでアリゴテも購入予定。

ヴァンダンジュは大変だったけど、トラックに乗って移動する間や休み時間はとても楽しかった。世界各国から集まったメンバーには、孫が100人以上(!)いるアルメニア人のおじいちゃんがいて、陽気な唄を聞かせてくれました。
皆、どうしているのかな。

「またいつかマランジュへ行くことができますように。」

そう願いながら、最後の1杯を頂きました。

|

« 「スーパーエッシャー展」 | Main | 進捗^^; »

Comments

いいですね。自分で摘んだ葡萄で作るワイン。
羨ましいです。
ところで2005年って表現しているような味わいが私の購入したワインでも感じました。悪い意味ではなく、強いと言うのか濃いというのか。ロブレ・モノのピノ・ノワールですが、この作り手、薄旨系ワインと感じていたのでちょっとびっくりです。(作っていきなり薄旨系は無いですね(^^ゞ)
これが不思議と安かったんで6本も買っちゃいました。でももう4本に・・・。確かにもう少し置きたい気がしますが、待てない気もします。

Posted by: koichi | Dec 12, 2006 at 09:28 PM

こんばんは~。
コメントありがとうございます^^。

>羨ましいです。
ほんとにいろんな人の好意やお取り計らいで実現した素敵な出来事でした。ありがたいことです。


>強いと言うのか濃いというのか
天候で濃縮感が強まったのでしょうか?
2005ヴィンテージは既に飲める段階にあるとあるワイン通の方からも聞いています。

>ロブレ・モノのピノ・ノワールですが
この作り手は知りませんでした。情報ありがとうございますm(__)m。

>でももう4本に・・・
あららら^^;。
その雰囲気だと年内にあと2本は消えそうですね。
最後の2本は1年後と2年後のために取って頂き、ティスティングをお願いします^^。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Dec 12, 2006 at 11:02 PM

「パニエ~~」の記事懐かしく読みました。
自分のコメント発見、月日が経つのは早いですね

Posted by: Petit cervin | Dec 13, 2006 at 12:11 AM

こんばんは^^。スイスからようこそ。

>月日が経つのは早いですね
ほんとに早いです。ヴァンダンジュははるか遠い・・・。

来週、かおりさんに逢って来ます!

Posted by: shamon(Petit Cervinさんへ) | Dec 13, 2006 at 08:28 PM

シェヴロ、赤より、白がいいと個人的に思っていたのですが、出たばかりのリアルワインガイドによると、パブロさんもマランジェの白のポテンシャルの高さを認識しているようですね。でも、ビオ耕作に変えて、赤も見違えるように良くなっていると書いてありましたので、私も2005入手したいな!!

Posted by: 徒然わいん | Dec 18, 2006 at 06:12 PM

こんばんは!コメントありがとうございます。
ノロウイルス大変でしたね。クリスマスに向けてしっかり治してくださいね。

>白がいいと個人的に
私も白が好きですね。赤もおいしいけれどあの独特の堅さが好みが分かれるのかもしれません。
パブロ氏を始めドメーヌの方々は丹精込めて葡萄を育てていらっしゃいますので、きっとその成果が数年中には出てくるでしょう。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Dec 18, 2006 at 06:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/13044056

Listed below are links to weblogs that reference AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot):

« 「スーパーエッシャー展」 | Main | 進捗^^; »