« 「トンマッコルへようこそ」(ネタバレ) | Main | 海鮮おにぎり »

Nov 02, 2006

話にならない

中村獅童さんと竹内結子さんに離婚騒動が勃発。
ネットで一通り経緯を見たら・・・・

・妻には仕事と偽って海外旅行
・ついでに帰国の日も偽って1日早く帰国
・その早く帰国した日に飲酒運転で掴まった挙句助手席には元カノ
・トドメに別の女優さんとデートシーンを激写された

・・・・・・・・・こらあかんわ^^;。
妻は慣れない育児に奮闘しているのに、夫がコレでは。
夫婦の間で



をついちゃおしまいです・・・・。
しかも女性がらみではもう釈明の余地なし。
ましてやその嘘を第三者の証言で証明されたら
妻のプライドはズタズタ。
これで結婚生活を続けろって方が無理。

中村さん側は離婚を回避したいようですが、
男の決心と違って女の決心は絶対に動かない。
残念ですが・・・よりを戻すことはまずないでしょうね。
信頼できない夫と一緒に暮らせるほど妻は寛大じゃない。
心も身体も壊す前に、子供が小さいうちに、と決断したんでしょう。

恋愛映画がきっかけで結ばれたというお二人。
スクリーンの中のように美しく、というわけにはいかなかったようです。

|

« 「トンマッコルへようこそ」(ネタバレ) | Main | 海鮮おにぎり »

Comments

中村獅童…単なるヤリチン?
「英雄色を好む」な時代でもないし、性欲が抑えきれない程そんなにもあるんかいな?(ある意味では羨ましいというか、呆れるというか、同性としては何ともいやはや…)

最近読み始めた「海辺のカフカ」に出てくるナカタさんが猫のオオツカさんに相談するシーンで、飼い猫も性欲に駆られて遠くまで行ってしまい迷子になるという会話で…オオツカさん曰く『性欲というものは、まったく困ったもんなんだ。でもそのときには、とにかくそのことしか考えられない。あとさきのことなんてなんにも考えられないんだ。それが……性欲ってもんだ』
うーむ、確かにそうかも。
でも人には「理性」つーもんがあるんで、ちゃんとバランスを取らないと。
獅童君も34歳の"中年"なんだから(笑)

Posted by: SAC | Nov 03, 2006 at 02:32 PM

こんばんは^^。

中村さん、友人の元夫そのものです(^^;。
その友人が離婚騒動の最中に言っていました

「彼は別れたくないって言っているけど、それは私や子供を愛してるんじゃないの。
妻がいて子供がいて家庭を持ってる”イイ子の僕”に酔ってるだけよ。
子供だって”飽きたけどたまに引っ張り出すおもちゃ”くらいにしか思ってない。
私と離婚したら出世にも響くし自分の給料が全部お小遣いに出来なくなるのが嫌なのよ。
もうあんな人、いらない。」

で、竹内さんの如くさっさと行動に出て離婚しました。経済力のある女性は子供のために我慢なんかしません。バカな男に付き合っている暇はないんです。

中村さんも最後の誠意をきちんと見せて欲しいですね。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Nov 03, 2006 at 08:22 PM

>子供だって”飽きたけどたまに引っ張り出すおもちゃ”
深いですねぇ。
>バカな男に付き合っている暇はない
でも最初のうちはわからないし…"恋愛モード"だと確かに「盲目」になるし。

僕も"ちゃんと女性に向き合える男"になるべく、いつもshamonさんにご指導頂けて満足してるのではなく、やはり男は(クゼ的に)「行動力かつ理性と冷静さ、そして優しさ」を兼ね備えてナンボですよねぇ。

今夜も女のコ達との会食は疲れましたが、韓国料理自体は(高かったけど=大人3人で18,000円くらい)美味しかったです♪
つうか、そんなヤワなこと言ってるようじゃ、ダメダメっすね(+_+)

Posted by: SAC | Nov 04, 2006 at 01:07 AM

竹内さんは、決断が、早くて良かったと思います。
子供もまだ小さいうちだし・・・。

彼女は、まだまだいける!
今後の活躍を期待しています。

女性は強いんだから!!(笑)

>Shamonさん、今回は、日程が合わず残念だったけど、そのうちね!

Posted by: 雅 | Nov 04, 2006 at 01:28 PM

お二人ともこんばんは。

>SACさん
>男は(クゼ的に)「行動力かつ理性と冷静さ、そして優しさ」を兼ね備えてナンボですよねぇ。

できればそれが理想ではありますが(^^;ヾ、
現実的にはトグサくんで十分です。
仕事熱心で家庭を大事にする人なら女は必ず幸せになれるから。

話は逸れますが、私がクゼに転んだのは彼が完璧だからだけじゃないですよ。
彼の
”慕ってくれる人はたくさんいるのに、自分が心を寄せられる人は見つからない”
ってトコにぐっときたのだ(笑)。

>雅さん
>竹内さんは、決断が、早くて良かったと思います。
ええ、私もそう思います。
そして中村さんも最後ぐらい「男の器量」を見せて欲しいですね。
したことはなかったことにできないけど、
父親としての姿を子供に見せられる人であってほしい。竹内さんだってそう願っているはずです。

例の件はまた都合を連絡しますね(^^)。

Posted by: shamon(SACさん&雅さんへ) | Nov 04, 2006 at 08:12 PM

>”慕ってくれる人はたくさんいるのに、自分が心を寄せられる人は見つからない”ってトコにぐっときた
なるほど!
「心の欠けた部分を補完し合い、安らぎを与え、癒されたい」…そんな優しさに包まれた"相互依存関係"なら素敵ですね♪
今回のshamonさんのクゼっちに関する"お言葉"
で全てが氷解したような気が致します。
それにしても『私がクゼに~ぐっときたのだ』はホント名言が多いshamonさんのBlogの中で、これはまさに「金言」ですなぁ♪

>現実的にはトグサくんで十分です
承知しております(笑)

Posted by: SAC | Nov 04, 2006 at 08:37 PM

まいど、って起きてていいのか?>自分。
#明日は4時起き(TT)。

>「金言」ですなぁ♪
ま、こんな男性ならつい「抱きしめたくなる」んですよ。女は(笑)。

>承知しております(笑)
よーく考えたらトグサだってかなりのもんよ。
9課づとめのエリートだもん。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Nov 04, 2006 at 10:39 PM

 むすぶこさんにアッパレです。
 演技は上手いのにって(笑)奴はまだ青二才でダメですね。
 shamonさんの愛に対する深さ&モラルを背景にしたコメントはごもっともだと思います♪

Posted by: ↓ダウン | Nov 05, 2006 at 09:50 PM

まいど。

>愛に対する深さ&モラルを背景にしたコメント
なんつーか、
「自分が自分の意思で選んだ人を自分が不幸にしている」
ってのに気がついてないのが哀れというか愚かというか・・・。
梨園だから、ってのはこのご時世言い訳にならないと肝に銘じるべきでしょうね。

Posted by: shamon(シンさんへ) | Nov 06, 2006 at 09:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/12524630

Listed below are links to weblogs that reference 話にならない:

» 芸能界の噂バナシ [芸能界の噂バナシ]
芸能界の噂バナシ [Read More]

Tracked on Nov 21, 2006 at 01:25 PM

« 「トンマッコルへようこそ」(ネタバレ) | Main | 海鮮おにぎり »