« 第22回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン | Main | カラカラ »

Nov 06, 2006

La Vigne

メルシャン勝沼ワイナリーの有料ティスティングサロンです。
昨年はここで「桔梗ヶ原メルロ」と「甲州グリ・ド・グリ」を飲みました。
Lavigne1105

中ではメルシャンが誇る国内産のワインが試飲&販売されています。
各種ワイングッズも一杯で見てるだけでも楽しい。
他のワイナリーも行きたかったのだけど、
送迎バスの時間の都合もあり、今回はここだけ。
期待されていた方、すみませんm(__)m。

話は逸れますが、毎年ホントに思います。
マラソンに来た人のためにワイナリーツアーを組んでくれないかって。
電車で行く私たちのような参加者は、
現地での行動は徒歩のため会場周辺しか廻れません。
せっかく勝沼まで来てるのに勿体無いっていつも思う。
大会関係者の方、もしこれをお読みになっていたら
是非とも御一考をお願いしますm(__)m。

さて飲んだワインのご紹介をば。

Jcvtoriibira
左は「甲州鳥居平(とりいびら)2003」(極甘口)、グラスで700円
右は「城の平(じょうのひら)カベルネソーヴィニヨン2001」(辛口)グラスで1200円
です。

では「甲州鳥居平2003」から。
香りは樽、「甲州きいろ香」のような柑橘系にその奥から蜂蜜。
こってりではなくさわやかな感じ。品種の持ち味でしょう。
酸は強く後口すっきり。
極甘口とありますがソーテルヌのように分厚くなく、
ぎりぎり食事にあわせられる甘さです。
ボトル価格はハーフサイズで3000円ちょい。

それでは「城の平カベルネソービニヨン2001」。
カシスの香り、強いです。
他には青いベジタブル、黒胡椒とシナモン、ヨーグルトを感じました。
これも酸が強い。果実味はそれほど感じないけれど後口が甘い。
土壌が粘土質なのかそれっぽい重みもあり、
ねっとりとした厚めの脚が熟成の進み具合を物語っていました。
こちらはフルボトルで12000円。やっぱり高いなぁ^^;。

両方とも都内ではあまり見かけないし試飲も出来ない。
ワイナリーに行ったからこそできる試飲に今年も満足でした^^。

|

« 第22回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン | Main | カラカラ »

Comments

おはようございます。秋らしいイベントの記事でいいですね。いつもワインネタに下戸の僕は、飲める方々をうらやましく見てるだけなのですが、北海道で買ってきたワインがおいしかったので、ついフラフラ。

 新千歳空港の売店で月浦ワインというのを買ったのですが、これが下戸の僕でもさっぱりした口当たりでとてもおいしいワインでした。すっきりしたちょっと辛口。いつもワインってあの匂いで好きになれないのですが、このさっぱり感がよかったので。(ワイン好きのshamonさんには邪道と言われそう)

 白ワイン用の品種「ミュラートゥルガウ」というのから出来ているらしいです。こういうのなら飲みたいのですが(ただしグラス半分まで(^^;))、近所の酒屋で似たものを探すとしたらどう見つけたらいいのでしょうか。ブドウ品種を頼りにするのですかね?ご指南いただけると嬉しいです。

http://www.tsukiurawine.jp/winery.html

Posted by: BP | Nov 07, 2006 04:15 AM

こんばんは~、いつもお世話になってます。
このワインは初めて知りました。情報感謝です。

>ブドウ品種を頼りにするのですかね?
そうですね。これは1品種のみ使用だからラベルに書いてあるこの名前を探すといいでしょう。
ドイツの白ワイン品種(リースリング)の親戚です。

アルコールが苦手なBPさんでも飲みやすかったのは酸が強くて度数があまり高くなかったからじゃないでしょうか。ミュラー・トゥルガウは香りも爽やかなのでそれもよかったと思います。

同じ品種で探すなら
北海道ワイン
http://www.hokkaidowine.com/shop.shtml

余市ワイン
http://www.nipponseishu.co.jp/wine/catalog.html

この二つのブランドは大手小売店や百貨店でよく見かけます。お値段も1500円までとお手ごろ。

いいワインって値段じゃなくて自分が気に入ったものなので、お気に入りを見つけてくださいね。量が飲めないのなら尚更好みにこだわってくださいまし^^。

Posted by: shamon(BPさんへ) | Nov 07, 2006 10:02 PM

勝沼情報、羨ましく拝見しました。
国産ワインも、こうやって見ると、とてもユニークな存在ですね。いい刺激になりました。(多謝)

BPさんが上で書かれている月浦ワインですが、私も新千歳空港で見たことがあります。折角なのでまた買ってみたいと思いました。(多謝)

Posted by: Rintaro | Nov 07, 2006 10:34 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

国産ワインもどんどん質が向上していて毎年勝沼に行くのがとっても楽しみです^^。。

月浦ワイン・・・お飲みになったら感想を聞かせてくださいね。

Posted by: shamon(Rintaroさんへ) | Nov 08, 2006 08:45 PM

 shamonさん、Rintaroさん、こんばんは。

>>北海道ワイン
>>余市ワイン
>>この二つのブランドは大手小売店や百貨店でよく見かけます。お値段も1500円までとお手ごろ。

 ありがとうございます。探してみます。
 以前、出張先で飲んだドイツの白ワインが凄くおいしくて、その味にまた出会いたいと(名前を控えなかったので)、時々白ワインを買っていたのですが、この月浦ワインがそれに近くて、やっとまた飲めたという感じだったのです。

>>BPさんが上で書かれている月浦ワインですが、私も新千歳空港で見たことがあります。
>>折角なのでまた買ってみたいと思いました。(多謝)

 Rintaroさん、はじめまして。
 下戸の言うことですから、あまり期待されるとご迷惑かけそうです(^^;)。ワイン通の方がどのように飲まれるか、また教えてください。
 味が合わなくても、ビンのラベルとか雰囲気がいいので、それもお楽しみにできるかな、と思います。

Posted by: BP | Nov 08, 2006 11:03 PM

城の平CS ボトルで12,000ですか。その価格を出すなら、 というところがありますね。日本のワインにこだわるならば、話は別なんでしょうが。

Posted by: 徒然わいん | Nov 09, 2006 05:15 PM

こんばんわ。
私も数年前、台風の中メルシャン勝沼に行きました。他にもルミエールとグレースとルバイヤートも。
でも見ごたえがあったのはやっぱりメルシャンでしたね。有料試飲もやってツアーもやって、結局グラスが4つに(^^ゞ桔梗ヶ原メルローと長野メルロー、北信シャルドネと長野シャルドネで比較しました。やっぱり値段がものをいうもんですね。そのときは北信を購入して帰りました。
ツアーは台風なので畑は無しでゆっくりと工場内部を見せてもらえました。もちろんマンツーマンで!(そんな日に行く人いないですし)楽しいワインツアーでした。

Posted by: koichi | Nov 09, 2006 08:09 PM

こんばんは~。
ドイツの白はほとんどがリースリング、ミュラー・トゥルガウはこの系統なのでお好みに合ったんでしょう。ドイツの白もたーくさんあるのでいろいろ飲んで見るのも楽しいです。

Posted by: shamon(BPさんへ) | Nov 09, 2006 08:10 PM

こんばんは~。コメントありがとうございます。

>日本のワインにこだわるならば
確かにチリならトップレベルが買えます。
「日本のワイン文化への投資」と思えばよいのでしょうが、やっぱり高いと思って手が出ないですね。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Nov 09, 2006 08:15 PM

こんばんは!ようこそいらっしゃいました。コメント感謝です。

大手メーカーのワイナリーって整備されててきれいですよね。
ここはマラソン会場から近くてついつい行ってしまいます^^;。
グレースは縁がなくて一度も行ってません。車で行くと飲めないし、車じゃないと廻れない・・・難しいですわ^^;。

>北信シャルドネと長野シャルドネ
今年は新鶴シャルドネと北信シャルドネが仲良くメニューに並んでましたよ(飲まなかったけど)。人気があったのはグラスで400円の甲州きいろ香。

>値段がものをいうもんですね
相当人件費をかけているんでしょう。値段イコール味ではないけど日本ではまだこの物差しが強いと思います。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Nov 09, 2006 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference La Vigne:

« 第22回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン | Main | カラカラ »