« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

Oct 31, 2006

豚しゃぶ&赤ワイン

食欲の秋、ワインの秋の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
我が家では先日豚しゃぶにしました。

Butashabu

ごまだれの上にぽちっと浮かんでいるのはラー油。
食べているうちに飽きてくるゴマだれもラー油を加えると、
引き締まった味になります。お試しあれ。
ワインは
2003jc10
ジャック・カシューのACブルゴーニュ2003年。
以前飲んだときよりも熟成が進みちょっと獣臭が出てましたね。
おいしかったです^^。

豚しゃぶは最後に冷凍うどんを入れていただきました^^。
あー、おいしかった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Oct 30, 2006

孫なバカな!

AERA風に言えばこんなところかしら(・・)。
はぁい、MNPがらみのソフトバンクモバイルのトラブルでございます。
,ウィルコムユーザーの私には全く関係のない話ですが、
他社の携帯から切り替えをなさった方はこう叫びたかったでしょうね^^;。
携帯電話がお仕事に直結している人なんてヒヤヒヤもんだったでしょう。

予想外割とやらで新規契約とプラン変更殺到が原因らしいけど、
(ちなみにサイトもむちゃくちゃ重い^^;)、
私にはそんなにお得に思えない。

だって話題になっているお得なサービスは

ソフトバンクモバイル同士

の場合だけであって、他社へかける場合は

2.8倍の通信料

なんでしょ?
でもって、SBM同士でも
1請求月内の夜の通話時間(21:00-24:00台)が最大200分(累計)を越したら、

30秒20円(つまり3分で120円)

なーんて、冗談じゃないわ~。

ちゃーんとお店が説明して納得づくならいいんだけどね^^;、
説明されても人間って”都合のいいことしか耳と頭に入らない”し、
わかったつもりがわかってない、ってことにもなりかねない。

MNPでSBMに変更を検討なさっている方々、
余計なお世話ではございますが、請求が来てから

「そんなバカな!」

にならないよう、
しつこくしつこく店員に確認することをお勧めいたします。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Oct 29, 2006

ミキティ、復活

フィギュア・スケートGPシリーズ第1戦で安藤美姫さんが優勝しました。
おめでとうございます(^0^)。
といってもフリーの演技はまだ見てないが^^;。
トリノが散々だっただけに、復活してよかったな~って思います。

真央ちゃんはジャンプミスで3位。
まだジャンプが安定していないのでしょうか?次回の成功を祈ります。
お姉さんの舞さんは6位。この人もこれからかな?
でもって男子は織田君が優勝。こちらもおめでとうございます。

これから寒くなるけど、
フィギュアスケートだけはずーっと熱いままになりそうです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 28, 2006

ゼンマイタチコマ

野良犬の塒さんサイトで教えていただきました。
来年春に発売予定。

Zenntati_2

か、かわいい~(@@;。
かわいい奴らに加えなければっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2006

NHK「迷宮美術館」トリックアート

再放送で久々に観ました。とてもおもしろかったです。
公式サイトはこちら

前半は「トリックアートとは何ぞや」から始まって、
人間の二面性を表した彫刻、
トーストで作る名画のレプリカ、
トリックアートの製作実演
などなど、知らない人でもわかりやすく説明してありました。

後半はルネ・マグリット。
彼の画家としての人生を紹介しながら、その創作の秘密を公開。
窓際に置かれた風景画と外の風景がつながった「人間の条件」
布を被った男女がキスをしている「恋人たち」
暖炉から機関車が飛び出している「突き刺された持続」
昼と夜が同時に存在する「光の帝国」
荒涼とした海の上を飛ぶ巨大な青空柄の鳩「大家族」
が題材として出されていました。

マグリットは大好きで画集も持っています。
いつも見るたびに
「もやもやとした不思議な感覚」
にとらわれます。
穏やかな色の中に潜む不条理にいつも引き込まれてしまう。
そこが魅力かな。

長い事、実物を見ていないけど、
今うれしいことに、「光の帝国」が上野の国立西洋美術館にきています。
早く逢いに行かなくっちゃ(^^ヾ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Oct 26, 2006

日本一!>ファイターズ

最後は新庄に取らせて上げたかったけど>ウイニングボール、
次期新庄だからいいっか(^^ヾ>森本選手。

改めて優勝おめでとうございます。
この3日間はTVの前で最高の時間を過ごすことが出来ました。

そして

寒い北海道を熱くした新庄選手。
阪神から大リーグ、そして北海道へ。
紆余曲折の果てにたどり着いた場所は最高の舞台でしたね。

ほんとにお疲れ様でした。
第二の人生頑張ってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vista

Windowsの次期バージョン
最初車の名前かと思ったわ^^;。

先日、TVでその画面が紹介されていました。
ふーん、あんな風に各Windowsが表示されるのね。
企業向けは11月から、一般向けは来年から発売。

・・・・でも会社のPCインストラクタに訊いた話では

・かなりのH/Wリソースが必要
・OFFICEの各ソフトのメニューがタブ形式に変更されている

なので今EXCELやらACCESSやらバンバン使っている人は

慣れるまでかなり戸惑う

そうな。
ただし慣れてしまうと超快適らしい。

来年お店の店頭で実物が出たら観てみよう。
買うのは勿論、

”ある程度バグが出尽くした頃”

だけど(笑)。
#MSの新作なんぞすぐに買えるか~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2006

ライディーン、復活

YMOじゃありません。アニメの話です^^;。

「勇者ライディーン」が32年ぶりに復活って^^;。

作るのIGって^^;、

マジですか???

はぁ~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(@@;。

共同制作はパトレイバーの東北新社。
で、監督は本郷みつるさん。

Wikiで調べたら旧作(って言っていいよね?)の制作が
東北新社となっている・・・もしかしてここが版権持っているのかな?
でもなんでIGなの?普通サンライズに持ってかないか?

今年缶コーヒーのCMに起用されて、「懐かしいわ~」なんて
思ってたけど、リメイクされるなんて思わなかった。

でも・・・「勇者ライディーン」はトミーノ御大,、故長浜監督と安彦さんの作品。
特に好きというわけではなかったけれど、
このリメイクで旧作のイメージががらっと変わりそうで・・・怖いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

不幸な反比例^^;

ラーメンチェーン幸楽苑の社長さんが
ラーメン”売れすぎ”でクビになったそうな・・・・^^;。
ニュースはこちら

つまり、
低価格で売上は↑、しかし原価率が上がって利益は↓。
で、社長さんが責任を取った、と。
難しいですね~。

会社としては原因になった290円ラーメンは今後も続けるとのこと。
店舗運営方式を改善することで赤字を吸収するそうですけど、
ほんとに大丈夫?

なんだかちょっと心配です^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 24, 2006

「攻殻S.A.C. SSS O.S.T」の曲目が公開

バンダイのサイトに行ったら掲載されてました。

引用すると

1 player(Solid State Society OPテーマ)  
2 replica  
3 zero signal  
4 solid state society
5 tempest  
6 born stubborn
7 she is
8 from the roof top~somewhere in the silence [sniper's theme]
9 undivided 10 blues in the Net
11 human step~aramaki's theme
12 date of rebirth(Solid State Society EDテーマ)
13 take a little hand
14 remedium

作詞:Origa<1、12>、Gabriela Robin<2、7、13>、tim jensen<8>
歌 :Origa with Heartsdales<1>、
   Ilaria Graziano<2、8>、Gabriela Robin<7、13>、Origa<12>

OP&ED共にOriga。ジャケットは素子(原画は誰かしら?)。
DVD待ちだからどの曲がどこで使われてるかなんてかわからないけど楽しみ(^0^)。
んで、7番目か13番目が「草迷宮」の”あのギターの曲”の気がする。今度こそ入っててくれ~。

とまあ浮かれてたらヤフーにこんなニュースが^^;。
はぁ~~~(・・;)。

「攻殻S.A.C.」ってほんとにほんとに”近未来SF”なのね^^;。
某国による拉致問題を扱った「偽装網に抱かれて」は当時タイムリーすぎて地上波放送されなかったし、「2ndGIG」と今度の「SSS」では難民問題がテーマになっている。
押井&神山監督はこのニュースをどう思っていらっしゃるのかしら?
是非ともコメントを聞いてみたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

びゅん

と吹いたのは木枯らし?
帰り道風が冷たくて寒く(TT)、ついでに雨も冷たくて辛かった(TT)。
こうやってキーボード打つ指先もまだ冷たいっす。
まるでミクシィの株価の如く下がりっぷりのいい今日の気温、
どうなってるの~。服がないわ~。

デパートのショーウインドーには冬用のコートにロングブーツ。
その景色に全く違和感を感じない私でした、はい^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 23, 2006

「メトロ(地下鉄)に乗って」(ネタバレ)

出張帰り、男が迷い込んだ父の真実。

浅田次郎さんの原作を映画化した作品です。
公式サイトはこちら

ネタバレなんでちょっと改行を入れます。
 

 

 

 

 

 

まず正直な感想を一発。

「下ごしらえをし忘れて最後に味の辻褄を合わせようとした料理みたいな映画」

です^^;。
正直、全く泣けなかった。

導入部はよかったのに。
亡き兄の命日に恩師に会って、
その後地下道で亡き兄に似た人影を見掛け追いかけて
地下道の入り口を出るまでは。

その後は

いつの間にやらタイムスリップ、
いつの間には現在に戻る、

の繰り返しで観ているこっちは置いてけぼり。
”地下鉄”がタイムスリップへの”入り口”なのはいいけれど、

「どうして彼だけがタイムスリップしてしまうのか、どうやって戻ってくるのか」

の説明や小道具が全くない。
夢を見るのとタイムスリップが混同されてる。
疾走する地下鉄からの映像が時間を遡る象徴なのはわかるけど、
何度も何度もそればかりでは白けます。
でもっていつの間にやら恋人(正確には不倫相手)まで一緒にタイプスリップして、
こっちは「はぁ(・・)?」。
で、唐突に二人してベッドの上でソファの上で現代に戻ったり。
でもって唐突にメイクラブシーン。なんじゃい、これ^^;。

恋人が一緒にタイムスリップする理由は終盤で明らかになるけれど、
それまでが伏線なさすぎて唐突感が否めない。
しかもなぜ恋人が”自殺”しなきゃいけないの?
主人公と○○関係だったから、としても説得力なさすぎます。
最後までこんな調子で見終わりました。

昭和30年代の雰囲気や音楽にキャストはよかったのになぁ。
主役の堤真一さんは立ち居振る舞いもしっかりしてたし、恋人役の岡本綾ちゃんも儚げな女性を上手に演じてた。イントロのピアノもノスタルジー溢れてて良かった。

原作は読んでいないけどとてもよい作品と聞いています。
だけどこの映画は説明がなさ過ぎて私には消化不良でした。
決して悪いお話ではないだけに残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Oct 22, 2006

「時かけ」再び快挙!

「時をかける少女」
第11回アニメーション神戸賞 作品賞・劇場部門を
受賞しました^^。公式サイトはこちら
シッチェス・カタロニア映画祭に続いての快挙、おめでとうございます。
この様子だと来年の文化庁メディア芸術祭大賞も期待できそう。

作品賞・パッケージ部門では富野由悠季監督の「リーンの翼」が受賞。
御大、おめでとうございます(^0^)。
「リーンの翼」の私のレビューはこちら

にしても大宣伝を繰り広げた
「ブレイブストーリー」(来月にはもうDVDが発売^^;)

「ゲド戦記」
は影も形も見当たりませんね~(^^;。
特に後者は原作者を激怒させたことへの説明も何もなく、
いつの間にやら監督日誌も終了で????。
でもって「テルーの唄」の盗作騒動?に鈴木Pのサイゾーのインタビューでの逆切れと見苦しいったらありゃしない。

ジブリは「サハラ砂漠の熱風」という意味らしいけど、
最近のジブリはどう観ても

「秋風吹きまくり」

ですな^^;。
原徹さん、カムバーック(T人T)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ch. Mourin du Bourg(三田屋本店オリジナル)2000

”青い”ボルドー(・・)。

Sanndaya
関西の名店「三田屋本店」が自社ラベルで出しているボルドーワインです。
ランクはクリュ・ブルジョワ。

色はリムがちょっとピンクかな?という気はしますがそれなりに濃いボルドーレッド。
では香り。
青臭いピーマンのような香りが強い。もしかしてCS(カベルネ・ソーヴィニヨン)の割合が多い?黒色ベリー系、とドライフルーツもあり。とはいえチリメルロのようなしつこい甘い香りはなし。
お味はタンニン、酸がきつすぎず弱すぎずバランス取れててミディアムボディで飲みやすい。ただ香りと同じ青臭さが口の中に広がるので人によっては好み分かれるでしょうね。余韻はそんなに長くないです。
一言で言うと「牛肉に合うワイン」。
昨日はローストビーフに合わせましたが、ステーキが一番合うでしょう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 21, 2006

ローストビーフ

Roastbeef

豪州牛肉(100円/100g)の塊(450g)があったので作ってみました。

肉を室温に戻し、塩、あら引き胡椒、ローリエをよーくすりこむ。
熱したフライパンで薄切りにんにくを炒め色がついたら取り出す。
そこへ肉を入れ強火で全面にしっかりと焼き色をつける。
火を弱火にして蓋をし、5分毎に上下をひっくり返しながら焼くこと30分。
火を止めて、付け合せの野菜(下茹でしておく)を入れて25分。
上記のような出来上がりとなりました。

グレービーソースは肉と野菜を取り出した後のフライパンに
赤ワイン+焼肉のタレ(醤油ベース)+醤油を煮立てて作りました。
これをスライスしたお肉にかけて出来上がり。

ネットでいろいろレシピを探し、自分なりのアレンジも入れて
上記の手順でやってみました。
でも焼き加減のコツを掴むまであと数回は作らないとダメね、たぶん^^;。

お供は当然赤ワイン。ワインについては明日エントリいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 20, 2006

頑固オヤジ、逝く

俳優の藤岡琢也さんがお亡くなりになりました・・・。

ほんの一時の休養だと思っていたのに。
ご冥福をお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 19, 2006

「世界名作劇場」復活

BSフジで来年放送。詳細はこちらへ。

観て育った私には感慨深いニュースです(笑)。
ケーブルTVでしょっちゅうやっているので「終了した」という気がしませんけど。
好きだったのは「ハイジ」「母を訪ねて三千里」「トラップ一家物語」、あと「ロミオの青い空」です。

新しい「世界名作劇場」は「レ・ミゼラブル-少女コゼット」とのこと。
公式サイトはまだTOPページだけですがおいおい情報も追加されるでしょう。
よい作品になることを期待してます^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2006

KUMA

Kumasenaka
夫が北海道出張のお土産に買ってきてくれた北海道限定Tシャツです。
元ネタはあの有名ブランド
↑は背中のプリント。
胸には
Kumalogo

とロゴが。
他には黒と青があったそうです。
しかしもう涼しくなったので着られないのが残念・・・^^;。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Oct 16, 2006

「幻の棟方志功展」

ミュージアム・パスポートを握り締めて
大丸ミュージアム・東京にて観てきました。
今回の出展は氏と縁深い大原美術館及び株式会社クラレ所蔵品より。

棟方志功といえば、

「黒い線のふっくらした美人画」

のイメージしかなかったけれど、いい方向に覆りました^^。

会場を入ってすぐ目に付いたのは、
真っ赤な鯉を描いた屏風「御群鯉図」
赤だけなのにとっても豪華。

「風神雷神図」
軽やかな色と筆致に目を見張りました。
素人目には絶対棟方の絵とは思えません。なのてイチオシはこれ(笑)。

そして会場にずらりと並んでだのは「大原寿恵子歌集抄板画柵」
黒が目立つ作品群ですが、その隙間を彩る青やピンクの鮮やかなこと。

さらに意外だったのは屏風「みみずく図」
かわいいかわいい10羽のみみずくが枝に止まっています。
掛け軸の梟図」も愛らしくて床の間があれば飾りたいって思いました。

目立たない展示会でしたが、棟方を知らない私にはとても新鮮でした。
ただゴッホよりはむしろジャパニーズ・ルオーといった印象ですね。
けれどルオーの筆致は重厚だけど、棟方のそれはとても軽やか。
そこが違うかな。ま、素人目ですけど。

お土産は・・今回なしです^^;。梟とミミズクのはがきがあればよかったのになぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「時をかける少女」シッチェス・カタロニア映画祭で最優秀アニメ賞受賞!

ニュースの詳細はこちら
でもって私のこの映画へのレビューはこちら

映画祭公式サイトには

Best Animated Film
THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME, by Mamoru Hosoda

と掲載されています。

細田監督並びにスタッフの方々、おめでとうございます(^0^)!

名作は国境を越えて言葉を超えて認められるものなのね~。
これで更なるロングランは決定?
もう一回観にいかなくちゃ~。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Oct 15, 2006

食欲の秋というけれど

なぜか胃袋に入らない^^;。

今日の夕食は元?某外資系スーパーで買った

・ローストチキン(半身)
・大きいソーセージ(3本)
・バゲット(半分)



・トマト水煮缶+玉ねぎ+ベーコン+ブイヨンで作ったトマトスープ

でした。
量的には決して多くないのに、普段なら楽勝の量なのに
なぜかローストチキンとソーセージが大量に残ってしまった。

脂っこいから?塩気がきついから?ワインを飲まなかったから?

謎だ・・・。
残ったローストチキン(解体済み)、どうしよう^^;。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Oct 14, 2006

ピザ×「24」

ポストを覗いたらドミノピザの広告が入ってた。
今こんなキャンペーンをやっているらしい。

「24」を観ながらうちのピザを食べてね、ってことなんでしょね。
どうせなら1話のDVDだけじゃなく、シリーズのDVDレンタルもセットだといいのに(笑)。

実はまだシーズンⅤには手を出していない。
夫が忙しいので一緒に観る時間がないのだ。
観る時は続けて見ないと意味ないので、全巻出てから思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2006

「ダーウィンの悪夢」劇場公開

半世紀前、アフリカにある「ダーウィンの箱庭」と讃えられる美しい湖に1匹の外来魚が放たれた。
しかしそれは恐ろしい環境破壊の始まりだった。

公式サイトはこちら
渋谷スペイン坂のシネマライズにて12月に上映。

もらってきたチラシによると、
フランスでは件の外来魚のボイコットが起き、
舞台となるタンザニアでは大統領がこの作品を激しく非難。
他の国でも論争が繰り広げられているとあります。
日本で外来魚の被害が叫ばれる今、この映画は他人事じゃない。

この春BSで放映されたのでご存知の方も多いと思います。
もしこの中身が真実ならこれぞまさに「生き地獄」って内容で言葉もなかった。
どういういきさつで劇場公開になったのかはわかりませんが、
ご興味ある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 12, 2006

21枚/月

4ヶ月で0.6kg増・・・・っとФ(..;)。
五代目、ちょっとペースが落ちてます。

Godaime54

初代~四代目についてはこちら
2006年5月時点での五代目についてはこちら

足踏み状態でなかなか増えません。
最近500円玉を手に入れても使っちゃってるからな~。
1日1枚が理想なんだけどなかなか・・・。

目標まであと8.6kg。イスカンダルを目指すヤマトの気分です(ふるっ)^^;。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

パの王者は日ハム

三塁ランナーがホームを踏んだ瞬間、
持ってたスプーンが手から滑り落ちました。

「唖然、呆然、愕然の松中っ!!!」

アナウンサーの絶叫にこっちも唖然呆然愕然。
こんな幕切れになろうとは・・・。
立ち尽くす松中と、泣き崩れる斉藤が気の毒すぎ。
観てるこっちも涙だわ。

でも、
日ハムにとっては25年ぶりの優勝なんですよね。
新庄にとっては最後のシリーズで阪神が優勝してたら素直に喜べたんだけどな~。


ま、個人的な感情はおいといて

パ・リーグ優勝おめでとうございます>ヒルマン監督。
日本シリーズも頑張ってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2006

竜、逃げ切る

遅ればせながらドラゴンズファンの皆様優勝おめでとうございます。

落合が泣いてるの初めて観ました。虎が口開けて迫ってたからねぇ^^;。
日本シリーズへ向けて頑張ってください。

んで素朴な疑問を1つ。

イトーヨーカドーってドラゴンズと関係あるんですか?
今朝新聞を広げたら

「中日ドラゴンズ優勝おめでとうセール」

のチラシが入っていたんで。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 10, 2006

Bourgogne Hautes Cotes De Beaune 2000(Domaine Chevrot)

Chevrothcb2000

昨年のヴァンダンジュを思い出しながら、
指に残った傷跡眺めながら(まだ何かの拍子に痛む^^;)飲みました。
ブルゴーニュ生活によると今年の収穫は20%減とのこと。

ではワインの味。
すごくクリアなルビー色、熟成が進んでいるのか脚もしっかりあります。
香りは赤いベリー(フランボワーズ)と薄いシナモンが漂っています。
ライトボディで酸もタンニンも軽い。するっと飲める食事のお供に丁度いいワインです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 09, 2006

銀河鉄道の夜(in満天)

小説でもなくアニメでもなくプラネタリウムの番組です。
場所は池袋のサンシャインスターライトドーム”満天”。
この連休中に行って来ました。何せ都会じゃ星なんて見えませんから^^;。

しかーし(--;、真面目な解説番組を期待してたら
内容は星の解説が2ムービー(宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のストーリー)が8で短い映画を観てるみたい。
イマドキのプラネタリム番組ってこうなんですかねぇ^^;。
映像は満点なんだけど”プラネタリウム”としてはかなり不満だわ~。
ムービーメイン番組ならいっそのこと「プラネテス」を上映してほしいっす。全天360度で投影されたら宇宙に浮かんでる気分になれそう。

ま、ムービー映像はとってもきれいだったのでそれについて書きます。
CG制作はKAGAYAさん。公式サイトはこちら
先日観てきた「天地水 月光浴」展もきれいだったけど、こちらのCGで綴られる”宮沢賢治”の世界も幻想的で素敵。音楽もきれいだし星の解説より映像を楽しみたいって人にはとってもオススメします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2006

「ぼくらの小松崎茂展」が開催

公式サイトはこちら
平成18年10月7日(土)~12月3日(日)に開催。
場所は大手町のていぱーく。
金曜日のみ夜8時まで入場できます。

内容は

小松崎茂が手がけた郵趣品の中から、初日カバー(切手発行日の日付印を押した

挿絵入り封筒)とその原画、基になった切手と切手原画をはじめ
初期日本画、絵物語や口絵の原画、プラモデルのパッケージ、特撮映画の
デザイン資料など500余点を一堂に展示します。

って。
前にも似たよーな企画をやっていたこの施設、
職員さんにマニアがいるんでしょうか(笑)。
そのときの感想はこちら

でもって

◆ 小松崎茂原作アニメーション「Project BLUE 地球SOS」
 (岡村天斎監督 平成18年)上映会
【日時】 10月15日(日),29日(日)
11月3日(祝),12日(日)
12月3日(日)
*各回とも13:00~15:15 (開場は開演の30分前)

なぁんてイベントも(・_☆)。

往年の”夢見る少年”にオススメです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2006

蒸し鶏と揚げ野菜のカレーうどん

口当たりはマイルド、でもぴりっとスパイス効いてます。

Musiageudon

以前見かけなかったのでこの秋の新顔みたい。
冷凍麺に目がない私は即購入。

パッケージの中身は
Musiagenakami
沸騰したお湯に麺を入れ、
左のカレーペーストを乗せて煮ること4分。
麺はほぐれやすくペーストもすぐに溶けてダマになる心配なし。

Musiagefin
出来上がりです(具が沈んじゃった・・・^^;)。

COCOカレーうどんよりはあっさりですがおいしい^^。
カレー屋さんとヌードル屋さんの違いなのかしら。
揚げたナスとカレー味の相性のよさが光ります。

食欲の秋、昼食に夜食によいかと存じます^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2006

「日本以外全部沈没」

地殻変動にて日本を残して全ての大陸が沈没、
母国を失った外国人が日本に押し寄せた。
そして3年。人口の大半を占めた外国人を排斥しようとする日本政府、
だけど、そうは問屋が卸さない。

公式サイトはこちら
タイトルからお分かりの通り小松左京先生の「日本沈没」を元に、
筒井康隆先生が書いた作品の映画化です。

筒井作品らしく毒たっぷりでした~(笑)。
全編を通じて現実の物事&人物&番組のパロディだらけで楽しめます。
豪華なキャスティングはみーんなハマリ役、本家を超えてるかも(大笑)。
気になる結末は観てのお楽しみ。

ちなみにエンドロールには
各キャスト&筒井先生のお名前に混じって

一本木蛮さん(^^;)。

これにはびっくりだっちゃ(@@;。
何の役かはこれもまた見てのお楽しみです。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

Oct 05, 2006

秋のお客様

太平洋上に揃って接近中~>16号(バビンカ)&17号(ルンビア)。
で、明日は大雨だと(^^;。ったくほんとに今年は雨が多いですね~。

地すべりだの河川崩壊だのならなきゃいいけど。
ついでに電車も停まらなきゃいいけど。
だって明日はこれを観にいくんです、私。

明日は午後から大荒れらしいので、皆様お気をつけください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 04, 2006

「フラガール」

”黒いダイヤ”の炭鉱に真っ赤なハイビスカスが咲いた。

「スパリゾートハワイアンズ」の実話を元に作られた映画です(以下ややネタバレです)。
公式サイトはこちら

ストーリーは、、、、
炭鉱の行く先に不安を感じた男(岸辺一徳)が「東北のハワイ」を目指して
東京から元SKDダンサー(松雪泰子)を呼び寄せる。
ダンスなど知らない炭鉱娘、よそ者に白い目を向ける地元の人たちを相手に
二人と炭鉱娘達の大奮闘が始まる。

「時をかける少女」と同じく直球勝負の心温まる映画でした。
セピア色の画面、当時のファッションは昭和40年代の雰囲気がたっぷり。
いわき訛り(って言っていいのかな?)がどこか微笑ましく、
笑いと涙を交互に配した絶妙な演出にぐいぐい引き込まれていきました。
何がいいってこの映画、変な色恋がないんですよ。
全てが収まるところにおさまっていくのがこれまた観ててカイカン(笑)。

そして猛特訓を受けたヒロインの蒼井優さんと松雪さんのダンスがすごい!
蒼井さんはバレエ経験者と聞いていたので違和感なかったけれど、松雪さんも身体柔らかいんですね。観ながらため息ついちゃいましたよ。うらやましい~。
蒼井優さんの兄役のトヨエツは不器用ながら愛情深い兄を好演。実はあまり好きな役者さんじゃないんですけど「トヨエツってこんなにいい男だった?」と思っちゃいました(笑)。
兄妹の母を演じる富司さんが地に足が着いた人物として物語を引き締めてます。
「南海キャンディーズ」のしずちゃんは蒼井さんとは対照的?ながらも素朴な炭鉱娘でいい味、フラダンスも頑張ってました。脇役にも渋い人が揃って話を盛り立てます。

周囲の反対、よそ者への白い目、肉親の死やリストラなど
炭鉱娘達はいろんな苦難を乗り越え、キャラバンをこなし、いよいよ本番の舞台へ。
クライマックス、舞台狭しと踊る炭鉱娘達の姿は華麗で壮観!
感動の涙と共に心の中で大拍手。

「一生懸命」は時にはみっともなくて泥臭くてかっこよくないけど、
余計な飾りなど抜きに人を感動させてくれる。
その「一生懸命」がいっぱい詰まった映画でした。

劇場傍のポスターには
「米アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門へノミネートの貼り紙。
受賞を期待してますっ!頑張れっ、フラガールたち!

| | Comments (13) | TrackBack (11)

またもや王子様

早稲田実業が国体優勝だそうで。おめでとうございます~(^0^)。
青いハンカチのご利益?

田中君はプロへ、斉藤君は大学進学。
進路が違う二人ですが、きっと4年後はよきライバルとして出会うことでしょう。
お疲れ様でした。ゆっくり休んで新しい道に頑張ってください^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 03, 2006

熱戦再び

国体の公式野球は甲子園の再現になりそうです。

駒大苫小牧VS早稲田実業

観たいわ~。

どっちも頑張れ(^^)/。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2006

ココログメンテナンス

皆様、こんにちは。本日も拙ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

さてココログのメンテナンスが

明日10/3(火)1:00-15:00

の間行われるため、その間はコメント、TB等を頂くことが出来ません。
何卒ご了承くださいますようお願い致しますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リール近代美術館蔵「ピカソとモディリアーニの時代」

公式サイトはこちら

Bunka929

ピカソとモデリィアーニが売り物・・・の展示会のはずなんですが、
私が一番気に入ったのは↑の左側、

「サン=ルイ=アン=リル通り」モーリス・ユトリロ

でした^^;。
そんなに大きい絵じゃないんですが、
視線がぐーっと奥まで誘導されていくのがとっても快感。
色合いも好み。

右側はチラシにも載っている
「母と子」アメデオ・モディリアーニ
特有の面長の顔が茶系統の色でやさしく包まれています。
赤子を抱いた母の姿に心がほっこり^^。

以下、箇条書きにて。

「人物のコンポジション」「果物入れのある静物」フェルナン・レジェ

キュビズム絵画はジョルジュ・ブラック、ピカソ、このレジェ、ロランスの4人だったんですが、しっくりきたのはこの2つだけ。ブラックはどーも色が・・・お好きな方ごめんなさい。
前者は両脇がグレー、真ん中にピンクと黒を配して少しポップな感じ。後者は洋ナシのやさしい緑が好みに合いました。

「長き苦しみの町外れ(母と子)」ジョルジュ・ルオー
子を抱く母の姿。小さい絵ですが母の慈愛が感じられます。

「光とヌード」「明らかに裸同然の人物」ウジェーヌ・ネストール・ド・ケルマデック
両方とも油絵なのに水彩のような透き通ったパステルカラーが目に留まりました。
人物は全てグレーの線で描かれています。

「コンポジション」ワシリー・カンディンスキー
暖かなオレンジ色の上で踊る直線と三角形。黒い円は月の代わり?
ミロみたいでなんだか楽しい^^。

変り種を1つ。
「サーカス」フェルナン・レジェ
雑誌の挿絵なんですが、黄色とブルーの中にサーカスの芸人達が踊ってて楽しい絵です。モダンなインテリアの部屋に飾ってもよさそう。

大作はないけれどショッピングがてら観るのにちょうどいい規模の展覧会でしょう。


この展覧会の後には
「スーパーエッシャー展 ある特異な版画家の軌跡」
11/11(土)~2007/1/13(土)
が開催予定。
”平面の魔術師”のお手並み拝見です^^。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Oct 01, 2006

「24」シーズンⅣ 終了

やっと終りました~。
おもしろかったです。下記箇条書きにて所感。

・猪突猛進ジャック君、不死身ってのは貴方のためにある言葉です。
・トカゲの尻尾切り名人マルアン、立派な悪役ぶりでした。偉いっ!
・アホな上司と息子はいつの世も物事をややこしくする?文句を言うなら代替案を出せっ!
・復縁おめでと~、トニー&ミッシェル。
・いざという時やっぱり頼りになるクロエ、最高のバックアップ要員ですぞ。
・ビル&パーマー大統領、あなたの下で働きたい(笑)。

こんな感じかな(^^ヾ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Bourgogne Aligote 2003(メゾン・ルロワ)

Leroya

2700円。
色はきれいな薄い金色。まだまだ若いので脚はあまりなし。
香りで一発目に来るのは日に当たった果皮(ちょっと日向臭い甘い香り)、その次にシトロン、苦さ、そしてヨーグルト。
さらっとした辛口ですが酸がしっかりしており意外に厚味があります。そしてヨーグルト風味と苦みあり。この苦味が好き。

合わせたお料理は「ホタテ貝柱のクリームシチュー」。
(使用した野菜は玉ねぎ、人参、エリンギ、ブロッコリー。ホタテ貝柱はバターソテー後白ワインで蒸し煮しその蒸し汁とともにシチューに投入。)
なかなかの相性でした。
日向臭い香りを考えると栗を使った料理なんか合うかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »