« 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 | Main | 「女立喰師列伝」ケツネコロッケのお銀-パレスチナ死闘編- »

Sep 21, 2006

話にならない

何が?って2005ボルドープリムールのお値段、です。

とりあえず徳岡のサイトをば
http://www.wine-net.co.jp/Primeur/primeur2005item.asp?kikaku=4012&iro=0

現在第4期販売に入っていますが、この値段で買う人いるの?
いくらなんでもぼったくりでしょ。
最初見たときにはケース(12本)の値段かと思いました^^;。
15年前ならこの値段で買えないこともなかったけど。

今日夫が買ってきた「リアルワインガイド」でもこの高騰についての記事(「ほんとはどうなんだろう Vol.15 2005年ボルドーへの遺言状」)があり、ロバート・パーカーですらこの価格を酷評しているとあります。
そりゃそうだ。いくら1級シャトーと言えど、

1本 70000円前後

なんてひどすぎる(--;。
この記事によるとこの強気の価格設定は、天候の良さとワインの出来、でもって著名ワイン誌でのティスティングの高評価らしいけれど、いくら何でも高すぎ。
この記事を書いたライターさんのブログがあるのでリンクを張っておきます。
「Wine.nom」http://musigny.cocolog-nifty.com/
「リアルワインガイド」の記事とここにアップされているデータを合わせて読むといいみたいです。ご興味ある方は是非。

てなわけで毎年プリムール販売を楽しみにしてた我が家ですが、2年後の現物販売開始まで待つことに決定しました。必ず値崩れすると踏んでます。絶対に安く買ってやるっ!!

|

« 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 | Main | 「女立喰師列伝」ケツネコロッケのお銀-パレスチナ死闘編- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 話にならない:

« 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 | Main | 「女立喰師列伝」ケツネコロッケのお銀-パレスチナ死闘編- »