« 「天地水 月光浴」 | Main | 芸術の秋、鑑賞予定リスト »

Sep 06, 2006

「スーパーマン・リターンズ」

NYを舞台に繰り広げられるのは、
彼と彼女と彼の物語。


本日レディース・デーにて観てまいりました。公式サイトはこちら
面白かったです^^。
残酷なシーンもないしご家族で楽しめるよい映画でしょう。

いかにも!なオープニングは迫力満点。
スーパーマンの地球への帰還映像から物語はスタートします。
でも5年の不在中に育ての父は亡くなり、再会した元恋人ロイスの隣には息子ジェイソンと新恋人リチャードの姿。
落胆しながらも現実を受け入れようとするスーパーマンの前に宿敵レックス・ルーサーが陰謀を携えて現れる。

主役のブランドン氏、黒ブチ眼鏡の朴訥ハンサムが似合ってますね。
体格もリーブを彷彿とさせながらもこの役に違和感なし^^。
もちレックス役のケビン・スペイシーだってその存在感で負けてません。
でも隠れた主役はロイスの息子ジェイソン君でしょう。エドガー(「ポーの一族」by望都サマ)のような美少年っているんだわ~、って感じ。

お話は起承転結がはっきりした単純なものだけれど、
「きっと次はこうなる」
という観客の予想を気持ちよく誘導してくれて楽しめました。
設定や映像で奇をてらうのではなく王道で勝負する。
その制作姿勢に拍手を送ります。

エンドロールには
「クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ」の文字。
旧作そして故・クリストファー・リーブへのリスペクトが伺えました。
続編もこの調子で期待してます^^。

以上、レビューでした^^。

|

« 「天地水 月光浴」 | Main | 芸術の秋、鑑賞予定リスト »

Comments

こんばんは~☆
最近ようやく朝晩は涼しくなりましたね♪
今日なんて寒い(笑)くらいでした―。

お嬢、リターンズがスーパーマンとの初対面なんだけど
あのオープニングの音楽から物凄くワクワクしました。
久し振りに心から楽しめる映画でしたね(^^)
目の遣りどころには困りましたが・・・
TBどうもありがとうございました。
こちらからも貼らせて頂きますv(^皿^♪)

Posted by: お嬢 | Sep 06, 2006 at 07:42 PM

こんばんは~。TB&コメント感謝です!
今日は東京も涼しかったですよ。

?あのオープニングの音楽から物凄くワクワクしました。

そうそう血沸き肉踊るハリウッド王道娯楽映画って感じなんですよね~。

>久し振りに心から楽しめる映画でしたね(^^)
はい(^^)。
そういう意味では「時かけ」も一緒。
「真っ直ぐにしっかりと作って観客を喜ばせたい」
そんな意気込みが伝わってくる映画でした。
ジ○リにも見習って欲しい(爆)。え、もう遅い?(苦笑)。

Posted by: shamon(お嬢へ) | Sep 06, 2006 at 09:10 PM

こんばんは、TB&コメどうもです。
ある意味で超正統派のハリウッド映画だったと思います。
老若男女だれでも二時間を気分よく楽しめる映画は、現代ではむしろ希少なのかもしれませんね。
大いに楽しみました。

Posted by: ノラネコ | Sep 09, 2006 at 01:34 AM

こんばんは^^。TB&コメントありがとうございます。

日米問わず、誰もが楽しめるお金を払ってよかったと思えるこういう映画が増えて欲しいですね^^。

Posted by: shamon(ノラネコさんへ) | Sep 10, 2006 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/11786056

Listed below are links to weblogs that reference 「スーパーマン・リターンズ」:

» スーパーマン リターンズ [夢見る小悪魔]
公式サイトスーパーマンリターンズ ◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆あのスーパーマンが21世紀に帰ってまいりました「あの」という割りにこのシリーズを全く知らないお嬢。知っているのは彼の青&赤のコスチュームのみあの・・・何度見ても目のやり場に困るのですがわたしだけ!?ばば〜ん!(/∀\*)キャハ★あの赤パンはトランクスとか短パンに変更できないのでしょうか?そもそもスー�... [Read More]

Tracked on Sep 06, 2006 at 07:37 PM

» 『スーパーマン リターンズ』 [京の昼寝〜♪]
永遠のスーパーヒーローが帰ってきた! ■監督 ブライアン・シンガー■脚本 マイケル・ドアティー、ダン・ハリス■キャスト ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワース、ケビン・スペイシー、ジェイムズ・マーズデン□オフィシャルサイト  『スーパーマン リターンズ』 地球から忽然と姿を消したスーパーマンことクラーク・ケント(ブランドン・ラウス)は、自分の居場所を求めて宇宙の果てま�... [Read More]

Tracked on Sep 06, 2006 at 11:26 PM

» スーパーマン・リターンズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
何とロマンチックな映画だろうか。 ほぼ20年ぶりに蘇った元祖アメリカンヒーロー「スーパーマン・リターンズ」は、正しくファンが待ち望んでいた形で帰って来た。 ’78年に発表された「スーパーマン」は、リチャード・... [Read More]

Tracked on Sep 09, 2006 at 01:19 AM

» 「スーパーマン・リターンズ」冒頭シーンは画面に釘付け [soramove]
「スーパーマン・リターンズ」★★★☆ ブランドン・ラウス 、 ケイト・ボスワース 、 ケビン・スペイシー 主演 ブライアン・シンガー 監督、2006年アメリカ バットマンにスーパーマンも帰って来て、 ざっと作品のラインナップを見ると 「××× Ⅱ」や「なん...... [Read More]

Tracked on Sep 09, 2006 at 11:49 PM

» 【劇場映画】 スーパーマン リターンズ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 地球から忽然と姿を消したスーパーマンことクラーク・ケントは、自分の居場所を求めて宇宙の果てまで旅をしていた。しかしクリプトン星の消滅を確認し、自分の故郷は地球しかないと悟った彼は、5年ぶりに“故郷”へ戻ってくる。だが彼を待ち受けていたのは、あまりに厳しい現実。永遠の恋人ロイスは婚約、幼い息子まで産んでいた。宿敵のレックス・ルーサーもまんまと刑務所を抜け出し、全人類を標的にした破壊計画を着々と進めており…。(goo映画より) ブライアン・シンガー監督がX-MEN3の監督を蹴って... [Read More]

Tracked on Sep 11, 2006 at 09:25 PM

» スーパーマン リターンズ/ブランドン・ラウス 、ケヴィン・スペイシー [カノンな日々]
映画ファンなら、エンドクレジットのあの一文を読まずに劇場を後にしてはなりませぬ。まさかエンディングロールでも泣かされるとは思ってもみませんでした。伝説のヒーローが再び地球に舞い降りました。彼はまさに人類の救世主なのカモ・・・ 出演はその他に、ケイト・ボ....... [Read More]

Tracked on Sep 11, 2006 at 10:52 PM

« 「天地水 月光浴」 | Main | 芸術の秋、鑑賞予定リスト »