« ジュレ・ド・コンフィチュール(シードル・オランジェ) | Main | 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 »

Sep 19, 2006

アニメーションノート No.3

アニメーションのメイキングマガジン。発行元はこちら
この間02を見かけたばかりなのに、もしかして季刊になったのかな?
NO.01のエントリはこちら。No.02は買ってません、悪しからずご了承くださいm(__)m。

特集は
「見たかったあのヒットアニメーションのメイキング
その内容は

あきまん(安田 朗) ストリートファイターⅡ/∀(ターンエー)ガンダム 
 一番ページ数を裂いてます。ファンの方は必読?

鋼の錬金術師 竹田Pと水島監督
 背景美術、デザインについてプロデューサーと監督へのインタビュー。

Production IG シュヴァリエ/攻殻機動隊Solid State Society
 資料と古橋一浩監督、神山健治監督へのインタビュー。
 「古橋監督は「シュヴァリエ」にかける意気込みを、
 神山監督は「素子の再生」と「少子高齢化」を落とし込んだ「攻殻SSS」
 演出家として迷走し苦しかったご自身の20代について語っておられます。

渡辺信一郎 ふたつのANIMATRIX
 インタビューとANIMARIX」の製作過程について

・スタジオダブ 制作会社訪問
 デジタルアニメ製作現場レポート。

・ロボット アニメーションスタジオ ケージ ジャム・ザハウスネイル他
 4人のクリエーターの手法と政策姿勢について

・森田修平 FREEDOMが示すCGの未来
 インタビューと「FREEDOM」の制作について

ワンダと巨像 上田文人
 
インタビュー

です。

他には
今監督の「パプリカ」と新海監督の「秒速5センチメートル」の告知。
デジタルアニメーション作成ツール「RETAS!PRO」の紹介。

の記事などあり。ま、全体的に盛りだくさんです。
もうちょっと安いとうれしいけどカラーが多いので仕方ないかな?
季刊でもこの充実度を続けて欲しいですね。

|

« ジュレ・ド・コンフィチュール(シードル・オランジェ) | Main | 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 »

Comments

こんばんわぁ。
少々ではない疲れ(&飲み過ぎもある)で風邪もこじらせ、久々の絶不調です(-_-;)
やっぱ気が抜けるとこんなもんかな、と。

美"少年"キラー「バンコラン」役(ガンダムならワッケイン司令)の渋い声の声優さん「曽我部和恭(本名及び旧芸名:曽我部和行)」さんがお亡くなりになったんすね。
それにしても58歳は若過ぎますね。
「団塊の世代」の悲報は人数が多い分、これからも長く頻繁に続いてしまうんでしょうね。
それとも、団塊世代は「生存競争」が厳しかったので、若くして亡くなる方が多いのか…定年後の"第2の人生"を比較的多い資産で有意義に暮らしていけそうな最後の世代なのになぁ。

Posted by: SAC | Sep 20, 2006 at 10:50 PM

いつもコメント感謝です。
風邪、大丈夫ですか?お大事に。

>それにしても58歳は若過ぎますね。
既に引退してらしたそうですけど・・・やっぱりショックですね。ご冥福を祈るのみです。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Sep 20, 2006 at 11:06 PM

いつもお優しい言葉、痛み入ります。
風邪なのか、精神的にラオウの最後状態(「我が生涯に一片の悔いなしっ!」と言って右手を天に突き上げ真っ白に燃え尽きた)なだけなのか…あ、その両方ですね。

それでも最後の力を振り絞って(笑)、shamonさん&まださんネタのエントリを現在カキコミ中ですが、やはり熱があると時間が掛かりますねぇ(+_+)

Posted by: SAC | Sep 20, 2006 at 11:38 PM

こんなお天気ですからねぇ^^;。お大事になさってください。

例のエントリ、拝見しました。他のネタも期待してます~。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Sep 21, 2006 at 08:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/11958836

Listed below are links to weblogs that reference アニメーションノート No.3:

« ジュレ・ド・コンフィチュール(シードル・オランジェ) | Main | 「ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-」 »