« ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 | Main | 9回裏のドラマ »

Aug 16, 2006

讃岐風うどん UDON

以前載せたのは韓国製。こっちは日本製。

Udon0816

映画とコラボのカップうどんです。
食感は普通の赤いたぬきより麺が太くねちっとした感じ。

やっぱり本物がいいや(^^;。

|

« ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 | Main | 9回裏のドラマ »

Comments

>やっぱり本物がいいや(^^;
ですよね。
それに、同じオーストラリア産でも「本場讃岐うどん向け専用小麦粉」は違いますよね。
(というか「香川県向けブレンド」でしたっけ?)

「讃岐うどん」といえば、(6年以上前の話ですが)以前働いていた会社で高松によく(トータル7回くらい)出張に行く機会があり、毎回「これでもか」くらい食しておりました。
高松営業所の所長から「○○ちゃん、俺と一緒に仕事やらへん?」と言われた時に、「ハイ!(毎日うどん食えるから)喜んで♪」と言ったのに、東京本社の役員の決裁が下りず(「アイツ、何考えてんだ!」と即却下ToT)、「夢の毎日3食うどん漬け」が叶わなかった苦い思い出があります(>_<)

あぁ、あの時に「転勤」してれば、人生どんな風になってたんだろう?

Posted by: SAC | Aug 17, 2006 at 12:23 AM

こんばんわ。
ラフィット82年の記事見ました。
1月の記事にはコメントが入れられなかったので以下にコピーします。

>TBありがとうございます。
テイスティングの表現は習ったことが無いので難しいですね!勉強になります。
今回のラフィット82年は友人(レストランの常連でもある)が持ち込んだもので、この他ピッションロングヴィル,ララード84年とランシュバージュ85年を同時に飲んでしまいました。
中ではランシュバージュが一番気に入ったのですが、もう味を忘れています。。。
やはり味覚を書き残しておく事は必要ですね!!

Posted by: Petit cervin | Aug 17, 2006 at 01:51 AM

この映画もみようかどうしようか…びみょ〜(^^;)

Posted by: まだ | Aug 17, 2006 at 09:00 AM

>SACさん
うちの夫も一時期香川へ出張してましたよ。
「転勤して毎日香川のうどんが食いたい」
とのたもうてました。
でもその後、彼奴は転勤ならぬ転職(爆)。

>Petit cervinさん
げっ、ラランドも一緒となっ(@@;。
素晴らしい~、実はラランドも大好きなんです。
ラランド84年は10年前に飲んだとき凄く柔らかくておいしかったです。
>やはり味覚を書き残しておく事は必要ですね!!
これは日々実感しております。私が行っていたワインスクールの先生もおっしゃっていました。
「常に意識して飲み、それを記録しておくことがティスティング能力の向上につながる。」と。
難しいですけどね^^;。

>まださん
私も迷ってます。
「踊る~」のスタッフなのでテンポよく楽しめそう。

Posted by: shamon(皆様へ) | Aug 17, 2006 at 04:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/11463316

Listed below are links to weblogs that reference 讃岐風うどん UDON:

« ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 | Main | 9回裏のドラマ »