« 恋しい味覚 | Main | ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 »

Aug 14, 2006

JAMMERTAL CUVEE 97

久々のワインエントリです。
#最近ワインのエントリが少ないのは諸事情によりアルコールを控えているためです^^;。

Jammertal

ハンガリー、ヴィラーニ地方のワイン、「ヤンメルタル・キュヴェ '97」です。
生産者はティファインズ・ワイナリー。
都心のワインショップで1000円でした。
ケークオポルト種、ケークフランコシュシュ種を使用。

色は黒っぽいルビー色。
野性味溢れる黒いベリー系の皮の香りが強いです。
室温に戻るに従って甘い香りがもわもわ~。
辛口。酸味強し。タンニン軽めで余韻は短い。
思ったよりもバランスが良くて飲みやすい。
ハッシュ・ド・ビーフとかハンバーグ(赤ワインソース)に合うかな^^。

|

« 恋しい味覚 | Main | ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 »

Comments

ハンガリー料理のグーラッシュは如何でしょうか?

Posted by: pfaelzerwein | Aug 14, 2006 at 01:56 AM

こんばんは~。
コメント&TB感謝です。

グーラッシュのパプリカって香辛料のパプリカなんですね。赤橙黄色のピーマンかと思ってました^^;。

ネットで探したらレシピがありました。
http://www.tomato-ks.com/topics/world/hungary.html
今度作ってみようかな^^。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Aug 14, 2006 at 09:08 PM

遅れましたが、ハンガリーのパプリカがあります。通常のものより平べったい。これを使うのが本当なのだとナタリーパパが言ってました。

Posted by: pfaelzerwein | Aug 17, 2006 at 08:14 PM

こんばんは~。

所変わればピーマンも変わるんですね。
食べるにはハンガリーに行くしかない?

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Aug 18, 2006 at 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/11420988

Listed below are links to weblogs that reference JAMMERTAL CUVEE 97:

» マジャールのグーラッシュとトカイ [Wein, Weib und Gesang]
{/note/} 2004 02/19 編集 オーストリー・ハンガリー二重帝国の歴史は、食卓の上に痕跡を残す。ハンガリーの煮込み料理グーラッシュは、同じ神聖帝国乍ら、ドイツではレストラン料理として馴染みが薄い(家庭では安い肉を煮込む)。ドイツではグーラッシュズッペなるスープは至る所にあるが、国土を西へ行くに従いミルク煮込みの、フランス風ラグーが主流になる。豚に比べ牛肉の消費が少ないことにもよるようだ。オーストリーでは、牛のグーラッシュは... [Read More]

Tracked on Aug 14, 2006 at 01:56 AM

« 恋しい味覚 | Main | ブリジストン美術館「なつの常設展示-印象派から21世紀へ」 »