« 残るは8チーム | Main | あらららら・・・(^^; »

Jul 01, 2006

「ルオーとローランサン-パリの踊り子たち」展

キャンバスに踊るのは、ローランサン・ピンクにルオー・ブラック。
ただ今汐留にて上演中~。

L1

汐留ミュージアムで開催中の
「ルオーとローランサン-パリの踊り子たち」展を観てきました。

このミュージアムは松下電工の本社ビル内にあって(メセナの一環?)、
ちょっとわかりにくいのが難点。しっかり迷いました^^;。
入場料はとってもお手ごろで500円。作品リストももらえます。
内容は二人が生涯を通じて描き続けた「踊り子」がテーマになっていて、
観る側にバレエの知識があるとより楽しめるでしょう。

ローランサンは昔から大好き。美しい色彩の女性達はいつ観ても素敵。
彼女の絵は線よりも面、という印象が強かったのですが、
この展示会では版画も多くあり、美しい線が拝めました。
ルオーは重厚な色彩と太い線でこれまた対照的な作品ばかり。
実はちょっと苦手(^^;。
てなわけで今回はローランサンのみ、で行きます。

さて冒頭にのせた画像は会場に入ってすぐの「舞踊」
ちょっと暗めの色彩ですが、ピンクとブルーは健在。
物憂げな踊り子達の表情に風情があります。

小さいけれど素敵だったのはバレエ「牝鹿」の作品群。
20cm前後の舞台のイメージスケッチ?が十数点。
繊細な線で描かれた絵はどれもこれも素敵な版画で
部屋に飾りたくなる作品たちでした。

他、油彩画では
「狩をするディアナ」
「踊り子たち」
「シャルリー・デルマス夫人」
「ニルス・フォン・ダルテル」
などなど。
「ニルス~」は珍しい男性の肖像画。
ジャケットのグレーがローランサンらしい。

油彩はどれも素敵ですがイチオシは「三美神」
Bishin

↑の画像ではイマイチですが、実物の緑色はとてもすがすがしくてきれい。
この緑と中央の裸身の美女の組合わせが、
東山魁夷っぽくに見えるのは私だけでしょうか^^;。
会場では「中央の美女が東山画伯のユニコーンみたい。」と思いながら観てました。
でもこの絵、絵葉書なかったんだよなぁ、残念(TT)。

版画では
「マンドリンを弾く女」
「イフィジェニー、あるいは3人の女」
「舞踏会」
など。どれも優美な線で女性が美しく描かれてます。
多色刷りのものでは
「コンサート」
「マンドリンを弾く女」
かな。

この展示会は7/9までなので、ローランサンがお好きな方はお早めに^^。

|

« 残るは8チーム | Main | あらららら・・・(^^; »

Comments

あ、これ、いいですね。
実は、ローランサンもルオーも好きなんです。
今日、野暮用で仕事を休んだので、用が片付き次第、行って見よう。
ありがとうございました。

Posted by: リラックマ | Jul 05, 2006 10:08 AM

こんばんは^^。

>ローランサンもルオーも好きなんです。
それはよかった^^。

ローランサンはパステル調の色が素敵ですよね。お気に入りの絵があることを祈っています^^。

Posted by: shamon(リラックマさんへ) | Jul 05, 2006 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ルオーとローランサン-パリの踊り子たち」展:

« 残るは8チーム | Main | あらららら・・・(^^; »