« となりの | Main | ヴェネチアでパタパタ(・・ヾ »

Jul 28, 2006

「攻殻機動隊S.A.C.プロダクションノート」

届きました~。ネットで予約すると早く来るのでうれしい^^。
帰り道の途中いつものコンビニからピックアップしました。

早速中身をかる~くチェック。

◎DVD
TAF2006でのプロモ、しっかり入ってます(^^)v。
うん、DVDで観るとやっぱり絵がきれいだなぁ。
クロマ姿の素子がかっこいい。

まだ全部観てないんですけど
神山監督が語る「草迷宮」秘話がよいです^^。
BGMはもちろん「i do」。涙腺が揺るむわ(TT)。

「攻殻SSS」のアフレコは5月に終了してるっぽいです。
ちらっとアフレコ現場の映像(日付入り)あり。


◎BOOK
カバーイラストは後藤さん。
表紙をめくると刊行に際しての神山監督のお言葉~。
P.A.Workのサイトに載っているインタビューと同じ”黒澤組”という言葉が
引用されています。

内容は1章~8章で構成され、それぞれ制作プロセスについて記述。
章扉には西尾さんによる楽しいイラスト。
特別対談として「君塚良一(踊る!大捜査線)×神山監督」。
スペシャルインタビューは
安田朗さん(イラストレーター)、
直井由文さん(BUMP OF CHICKEN)。

まーとにかくどの章も字が多い^^;。全部読むの相当根性要ります。
1stシリーズ構成第2稿とか6ポイントくらいの文字でぎっしり(@@;。

詳しいレビューじゃないですが、ぱらぱらと見た感じ印象に残ったところをば。

まずは第1章「企画」の石川社長のコメント。
神山監督を抜擢した理由は

「エリートの道を歩いてきた人じゃないけれど、話にはキレがあるし
(中略)
沖浦という大変な監督のもとで演出を務めたという忍耐力もある。
雑草として頑張ってきた実績に加えて
この人に賭けてみたいと思わせるオーラを感じました。」

だそうで。(第一章「企画」9pより)。
また作品の内容についてはほとんど口を出さなかったけれど、
神山監督と若林音響監督から提示された素子のキャスティング案には

「田中敦子さんの声が耳に染みこんでいたので、、
そこはわがままを言わせてもらいました。
できれば敦子さんでいってほしいな、と。
(神山監督が若い素子像を求めるのを理解した上で)
僕は田中敦子さんでも、若い素子を十分に演じられると思っていました。」

と口を出したとのこと(第一章「企画」11pより)。

第4章「デザイン・作画」では西尾さんと後藤さんから
キャラデザインの苦労についてのいろいろコメント。
クゼ担当は後藤さんですが神山監督から
「草薙の恋愛相手だから格好よく。俳優の金城武のような、」
と指示があったと。
最終話でのクゼと素子のシーンについてもコメント&原画が掲載。

第5章「美術・美術設定」
「草迷宮」を中心に説明。色がかもし出す演出効果についてなど。

第7章「アフレコ・ダビング」
神山監督、若林音響監督が語る裏話。
ベテラン声優陣が生み出す”想定外”の演技の効果、
菅野よう子さんの音楽、5.1chゆえの苦労などなど。

ま、こんな感じかな。
制作過程をじっくり知りたい&読みたい派向けですね。

以上レビューでした^^。

|

« となりの | Main | ヴェネチアでパタパタ(・・ヾ »

Comments

すっかり忘れてました(-_-;)
でも、今の自分にはshamonさんのレヴューだけで(文字が多い書物は)ホント「充分」かも(>_<)

明日は祭り業務ではなく、会社の「暑気払い(田舎ではこういう行事があるんすよ)」です。
2次会は適当に赤白で「ロゼを体内練成」しないように、切り上げます(^_^;)

Posted by: SAC | Jul 28, 2006 at 02:41 AM

私も、文字の多いのは眠くなって進まなくなるので、その都度shamonさんにこうやって教えてもらえる道を歩みます。(笑)
と言うことで〜(^_^)v

Posted by: まだ | Jul 28, 2006 at 06:52 AM

こんばんは^^。

>SACさん
まあ分類としては
充実したムック>オフィシャルログ。
ぱらぱらと観たいムック>ホビージャパンのムック
ですね。
体内ロゼワイン仕込みはほどほどに(苦笑)。

>まださん
>と言うことで〜(^_^)v
ヾ(--;。

Posted by: shamon(SACさん&まださんへ) | Jul 28, 2006 at 06:24 PM

内容も濃いし、amazonだとかなり手頃な価格になってますね。

>できれば敦子さんでいってほしいな、と。
既に代表作になっている今では、田中さんじゃない少佐なんて考えられませんが、そんな秘話があったのですね。

>ベテラン声優陣が生み出す”想定外”の演技の効果
これぞアニメの真骨頂でしょうね。
先日のハウルを見て、声で演技するベテラン声優さんの偉大さを改めて感じました。(ベテラン女優さんや、視聴率の取れる俳優さんでもかなわないよね

Posted by: 酎犬八号 | Jul 28, 2006 at 11:31 PM

まいどです^^。
ようやく第2章「脚本」を読み終わりました。
今、第3章「絵コンテ」を読んでます。
絵コンテは1本あたり平均2カ月かけたそうな(通常は2週間でアップ)。

>そんな秘話があったのですね
私も驚きでした^^;。
神山監督&若林さんもオーディションを行う中”田中さんに似た声”を求めてたそうなので
「じゃやっぱり田中さんに」となったそうな。
石川社長に感謝感謝(^^)。

>ベテラン声優さんの偉大さを改めて感じました。
ジ○リも見習えよ、ですね(苦笑)。

Posted by: shamon(酎犬さんへ) | Jul 29, 2006 at 11:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/11116337

Listed below are links to weblogs that reference 「攻殻機動隊S.A.C.プロダクションノート」 :

« となりの | Main | ヴェネチアでパタパタ(・・ヾ »