« AC Bourgogne Les Perrrieres 2003 (Simon Bize) | Main | 奥 華子さん »

Jul 14, 2006

「達人が選ぶ女性のためのまんが文庫100」

「萩尾望都×清水玲子」対談

の文字に、思わず買っちまっただ^^;。
出版は2004年9月。白泉社より。

Manga

藤本由香里さん、、村本知彦さん、夢枕獏さんのお三方による
マンガ文庫本100冊の紹介。
内容は2003-2004にかけて雑誌「MOE」に掲載された記事を
再編集及び加筆したものです。

それなりにコミック・フリーク(のはず)だった私ですが、
この本で紹介されている中で読んでるのはたった30冊^^;。
小学館(少女コミック)、白泉社(花とゆめ・LaLa)が中心で、
りぼん、マーガレット、プリンセスにはあまり手を伸ばさなかったのが
少ない原因のよう^^;。

紹介されている作品は(以下敬称略)

「リボンの騎士」「火の鳥」(手塚治虫)、
「サイボーグ009」(石ノ森章太郎)
「デビルマン」(永井豪)、
「ポーの一族」「半神」(萩尾望都)、
「風と木の詩」「私を月まで連れてって!」(竹宮恵子)、
「ベルサイユのばら」(池田理代子)、
「日出処の天子」「天人唐草」(山岸良子)
「エロイカより愛をこめて」(青池保子)、
「SWAN」(有吉京子)、
「CYPHER」(成田美奈子)、
「BASARA」(田村由美)、

といった豪華な顔ぶれ'(趣味で並べました^^;)。
もちろん現在連載中の

「ガラスの仮面」(美内すずえ)

もきっちり入ってます。あとは本を手に取ってのお楽しみ。

「あの作品を読んでみたいけど、今ひとつ中身がわからない。」
というご経験がどなたにもあると思います。
そんな場合にこの本はけっこう役に立つのでは。

各作品の説明後には選者のお三方による選考座談会の様子もあり、
苦労された様子が伝わってきます。

「萩尾望都×清水玲子」対談のお題は「まんが的美少年考察」(笑)。
最初に道を切り開いた竹宮恵子への賛辞に始まり、
お互いの作品mそして好きな作品に登場する美少年について、
美少年を描くコツ、そしてその魅力についてなどなど盛りだくさん。
一部その発言を抜粋。

萩尾
「美少年のくせに幸せになろうなんて甘い。」(^^;
「トラウマは外せない。」<言えます。トラウマなしの美少年なんて~。

清水
「顔を売りにしていないこと。(中略)何か目指すものがあって顔もきれいだったら尚よし。」
うーん^^;。

巻末には各文庫本の解説者のリスト。
個人的にはすっごくありがたい。
「あれ、あの人がこの作品の解説を?」
なーんて、発見もあったりしてとっても楽しい。

暑い夏、この本を手に
「これにしようかな、あれにしようかな。」
と悩むのもよいかもしれません^^。

|

« AC Bourgogne Les Perrrieres 2003 (Simon Bize) | Main | 奥 華子さん »

Comments

30/100ですか。
shamonさんでも、そうですかぁ〜
沢山本が出ていますからね。
全制覇するには相当お金も必要だったでしょうね。
週刊、月刊、月2回などなど??

>ガラスの仮面
もう、いままでの話しを忘れそうです(^^;)

Posted by: まだ | Jul 14, 2006 at 10:03 PM

こんばんは^^。

>shamonさんでも、そうですかぁ〜
貸し借りっこしてこれですから^^;。
吉田秋生さんとかも入ってて是非読みたいのだけど、漫画喫茶は嫌いだし~^^;。

ガラカメ、私も忘れてます(爆)。

Posted by: shamon(まださんへ) | Jul 15, 2006 at 01:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/10936559

Listed below are links to weblogs that reference 「達人が選ぶ女性のためのまんが文庫100」:

« AC Bourgogne Les Perrrieres 2003 (Simon Bize) | Main | 奥 華子さん »