« 読了「マーダー・アイアン-絶対鋼鉄-」(ちょっとネタバレ?) | Main | ばてばて(x_x) »

Jun 28, 2006

経費はおいくら?

ハッブル望遠鏡が故障、とのニュース。

ま、16年も経ってたらどんなものだってあちこち故障しますよね。
無理ないでしょう。で、故障したからには当然修理が必要。
しかしそのためには

シャトルで望遠鏡まで行かないとダメ(^^;。

一体いくらの経費がかかるんでしょうか。
これぞまさに天文学的数字?

|

« 読了「マーダー・アイアン-絶対鋼鉄-」(ちょっとネタバレ?) | Main | ばてばて(x_x) »

Comments

shamonさん、こんばんは。
ハッブル(宇宙)望遠鏡、ついに壊れたんすね。
興味湧いたんで調べてみました。↓

1年以上前の記事ですが「164億5000万ドルのNASA予算案のうち、今後のハッブル望遠鏡の扱いに充てられたのは7500万ドルにすぎない。この予算はすべて、寿命が尽きて廃棄する際に、軌道上から洋上へと落下を誘導するミッションのためのものだ…ハッブルの延命については…補修ロボットを使うミッションの費用は10~20億ドルと見積もられていた…すべての道が閉ざされた場合、2013年までに遠隔操縦の小型駆動装置を使ってハッブルを海に落下させ、廃棄。ハッブルの次を担う宇宙望遠鏡 James Webb Space Telescopeは2010年に打ち上げが予定されている」とのこと。
ジェームズ宇宙望遠鏡?ジェームズって、誰?「NASAアートプログラムは、宇宙時代における人類の歴史的功績を芸術作品によって後世に残す試みとして、1962年にNASAのアドミニストレーターJames Webb氏によって始められた…NASAアート・プログラムには、NASAの年間160億ドルの予算の中の65,000ドルがその活動に充てられている」
※因みにハッブルとは「アメリカ人天文学者のエドウィン・ハッブル…宇宙の膨張を明確にした人」

はぁ~、勉強になりました(+_+)
それにしても、「廃棄だけ」で100億円位は単純に掛かるとは。

Posted by: SAC | Jun 28, 2006 09:49 PM

ハッブル望遠鏡、もう16年にもなるんですね。
ちょうど小学生だった頃のことを思い出しました。
天体観測が好きで、よく父に夜空を見に、連れて行ってもらいました。
こうやって、僕も年を取っていくのだなあ~。
違う意味で感慨にふけってしまいました(汗)。

Posted by: Rintaro | Jun 29, 2006 09:33 AM

こんばんは~。

>SACさん
情報感謝です~。
>「廃棄だけ」で100億円位は単純に掛かるとは。
宇宙開発とはつくづく金持ちの国じゃないとダメですね。もっともそのアメリカを支えてるのが借金だらけの日本ってのが・・・^^;。

>Rintaroさん
北海道はいかがですか?
東京は猛暑で死にそうです、私^^;。

>天体観測が好きで、
今度東京のプラネタリウムでコンサートをやっていただけないですか(笑)?
(人口の)星空の下でRintaroさんのピアノを聴いてみたいです。

Posted by: shamon(SACさん&Rintaroさん) | Jun 29, 2006 08:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経費はおいくら?:

« 読了「マーダー・アイアン-絶対鋼鉄-」(ちょっとネタバレ?) | Main | ばてばて(x_x) »