« Chambolle-Musigny les Amoureuses 2001(Georges Roumier) | Main | 「夢見たマンガの道具が現実に!?」ダ・ヴィンチ7月号特集 »

Jun 06, 2006

Bitterなお嬢さん

「ピノ・ノワールは栽培が難しいので、
”気難しいお嬢さん”って呼ばれてるんですよ。」
と某所で教わったのは半年ほど前。

確かにピノノワールって出来不出来の差が激しい。
少ないながらなんじゃこれ、な経験もある。
ワインも人と同じでバラエティに富むものですが、
私が土曜日に知ったこの”お嬢さん”は初めて見るタイプでした。
Roarpn

カリフォルニアワイン「ROAR」です。
品種はラベルにあるとおりピノ・ノワール。
ワイン会のメンバーの一人が「お土産に貰ったから。」
と持ってきてくださいました。
聞けば現地価格で100$もする代物だそうで。

レザムルーズの後、1本ボルドーワインを飲み、その次に開けました。
ではそのティスティングメモをば。

色はちょっと濃い目のルビー色。まあ普通。
びっくりしたのがその香り。

むちゃくちゃ獣臭い(^^;。

しかもこれに加えて、
・タバコ
・焦げたカラメル
・ミルキー(乳製品みたいな)

な香りが^^;。

肝心のお味はというと、

甘くて後味がとってもBitter(^^;。

果実味もありますが、とにかく後味がBitter。
まずいってわけじゃないんです。それなりにおいしい。
でもこの味は・・・・とにかく初めて。
全員、グラスをスワリングしながら

「(・・)????」

と首をかしげながら飲んでました。

後からふっと思ったんですけど、タバコやキャラメルみたいな香りは
強く焦がした樽で熟成させたせいかもしれない。
専門家の方ならこの味の秘密を一発で見抜けるんでしょうけど、
正直言って私にはお手上げでした。

このBitterなお嬢さん、一体何者なんでしょ^^;。

|

« Chambolle-Musigny les Amoureuses 2001(Georges Roumier) | Main | 「夢見たマンガの道具が現実に!?」ダ・ヴィンチ7月号特集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/10418001

Listed below are links to weblogs that reference Bitterなお嬢さん:

« Chambolle-Musigny les Amoureuses 2001(Georges Roumier) | Main | 「夢見たマンガの道具が現実に!?」ダ・ヴィンチ7月号特集 »