« 飲了(^^; | Main | 手紙いろいろ »

May 06, 2006

「桜さくらサクラ・2006」

山種美術館にて。公式サイトはこちら

館内には桜をモチーフにした日本画がずらり。
連休中で場所も不便なのに賑わっていました。

目玉は横山大観の「夜桜」。
かがり火に照らされる桜に稜線からぽっかり顔を出した満月。
昭和4年開催のローマ日本美術展のために描きおろした豪華な屏風絵です。
今回初御披露目とやらで人気を集めてました。


他に気に入ったのは
石田武による
「千鳥ヶ淵」
「吉野」
「春宵」


の3点と

加山又造「夜桜」、
小茂田青樹
「春庭」、

稗田一穂「朧春」。

です。


お土産は
Yamatane

左上段から
・「桜サクラsakura・2003」小冊子(オールカラー 30P)
 表紙の絵は石田武「千鳥ヶ淵」
・クリアファイル「春宵」(B6サイズ)
・小茂田青樹「春庭」はがき
左下段から、
石田武「吉野」はがき
・加山又造の「夜桜」はがき


でした。
小冊子の中はこんな感じ

この展覧会は毎年桜の時期に開催されるそう。
これから毎年チェックしなきゃ(^^ヾ。

|

« 飲了(^^; | Main | 手紙いろいろ »

Comments

こんにちは。
どうやらニアミスだったようですね。

横山大観の「夜桜」目当てで
この時期に行ってきた次第です。
でもイマイチでした。
やっぱり大観好きではないようです。

古径の変てこな絵がうけました。

Posted by: Tak | May 06, 2006 at 03:10 PM

こんばんは^^。

大観は私も思ったほどでは無かったですね。
石田武の一連の作品のがよかったです。

でも「千鳥が淵」はなんだか
ゴッホの「アーモンドの花咲く枝」に
似ている気がしました^^;。

Posted by: shamon(Takさんへ) | May 06, 2006 at 08:09 PM

>ゴッホの「アーモンドの花咲く枝」に似ている気がしました

私もそう思いました。
もしかしたら「確信犯」かもしれませんね。

TB送らせていただきました。

Posted by: Tak | May 10, 2006 at 04:53 PM

TB感謝です。

>「確信犯」かもしれませんね。
そうですね、まだ新しい絵ですし。
見た瞬間「あり?(・・;。」でした。

会場では人気を集めてましたね。
桜満開時の千鳥が淵そのままの風景って感じでした。

Posted by: shamon(Takさんへ) | May 10, 2006 at 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/9911898

Listed below are links to weblogs that reference 「桜さくらサクラ・2006」:

» 「桜さくらサクラ・2006展」 [弐代目・青い日記帳]
山種美術館で開催していた 「桜さくらサクラ・2006展」に行って来ました。 この展覧会3月11日(土)から5月7日(日)まで開催されていました。 一度、千鳥ヶ淵へお花見へ行った際に立寄って観ようかと思ったのですが 入らずにそのままお花見だけして帰って来てしまいました。 理由は二つ。 1・お花見のお客さんで美術館の外まで列が出来ていたこと。   係りの方に伺うと展示室もとっても混雑しているとのこと。   何も本物の桜を観に来て雑踏かき分けて桜の絵観なくても   いいか... [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 04:49 PM

« 飲了(^^; | Main | 手紙いろいろ »