« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 31, 2006

ん(・・)?

何気にTVをつけたら、空を飛ぶ龍のアニメが映った。

「まんが日本昔ばなし」?

と思ったら、

「ゲド戦記」のTVスポットCM(爆)。

紛らわしいな~(^^;。

「そういえばもうすぐ公開だった。」
と思い久々に監督日誌を見てみた。
岡田君のアフレコのことが書いてあった(5/1分)。

ここから引用==========================================

すでにプレスコで録り終えていた、
手嶌葵さんのテルーとの掛け合いになるシーンでは

===========================================ここまで引用

ふーん(・・)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2006

22/枚月

昨年12月には4.0kg 昨日計ったら4.8kg。
五代目の体重は5ヵ月で0.8kg増えました(^^)v。

月ごとの枚数を計算すると大体月に22枚、と。
まあまあかな(^^ヾ。最近頑張ってるし。

目標は14kgだから、あと10kg。
頑張るのだp(・・)q。

一杯になったら何を買おうかな~、何をしようかな~(わくわく)。
7g毎に夢が降り積もっていく今日この頃。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 29, 2006

MONT-FERRANT BRUT ROSE

Cavarose_1
スペインのカヴァ(スパークリングワイン)です。
都内某ワインショップで2100円でした(確か)。

色は濃いイチゴ色。
お味はそーですね。なんだかちょっと梅酒というか
グレープジュースというか^^;。
泡は細かいけど硬いです。
見た目よりさっぱりした初めて飲む味。
個人的にはもうちょい柔らかい味のほうがいいなぁ。

見た目華やかなのでホームパーティとかにいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2006

ジャワ島大地震

大変な被害のようで・・・御見舞い申し上げますm(__)m。
インドネシアは2年前夫と共に訪れた国。
ボロブドゥールからの帰りに寄ったお土産店が無事か気になります。
おいしいお茶をいただき現地の貴重なお話をいろいろ聞かせていただいた。
日本人店主の○○さん、どうかご無事で。


さて写真を一枚。
Dscf0073

2年前のお正月、夫と訪れたプランバナン遺跡の写真です。
(右端の足場は修復作業用のもの)
今朝の日経によると、一部が崩壊し被害が出ていると。

このヒンズーの寺院は9つの塔が3つずつ並び
大変美しいものでした。
Dscf0061

赤道直下に位置するこの寺院は雨季の雨で苔が生えるため、
その除去を年中やっているそうです。
「雨が苔を生やしその苔が遺跡を蝕む。だから除去が必要。」
とガイドのおじさんが丁寧に教えてくれました。
この地震で復旧の費用がまたかかるのでしょうね。
スマトラ沖地震といい、インドネシアは災害ばかり。
胸が痛みます。

亡くなられた方々のご冥福、そして被災地の一刻も早い復旧を
心よりお祈り申し上げますm(__)m。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

復旧(^^ヾ

皆様こんばんはm(__)m。

本日午後、新しいディスプレイを購入し一件落着となりました。
でもって新しいPC用スピーカーも購入(^^ヾ。
#古いのは壊れたディスプレイ専用だったので。

新しい液晶ディスプレイ、美しいわ~(^0^)。

取り急ぎご連絡までm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2006

予告ぐらいしてよ!(2006version)

PCのディスプレイがいきなり真っ白に・・・・(--;。

予告ぐらいしてよっ(涙)!!!

今これ、手探りで打ってます。

あーあ、明日電気屋に行かないと・・・とほほ(TT).

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ブルーダイヤ

洗剤じゃなくて↓(笑)。
Bluedya
「箱根ベゴニア園」できれいに咲いてました。
うっとおしい梅雨の時期、道端にこんな風に
咲いていたら、雨の日も楽しくなりますね。

あ、鎌倉に行きたくなってきた(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 26, 2006

KWEEN

5/26の「たけしの誰でもピカソ」にご出演された
QUEENの日本人(^^;トリビュート・バンド。
ただのコピーバンドではございません。
本家ブライアン・メイも認めた凄さ、です。
公式サイトはこちら

ちなみに皆さんちゃんと本職をお持ちです。
リーダーのフレディー・エトウさんは某IT企業役員の要職に
ありながらきちんとバンド活動。偉い。

「コピーなんて所詮」といわれがちですが、
模倣に徹っしきれるのだって素晴らしい才能だと思います。

番組内で何曲か披露してくださいました。
その素晴らしい演奏に、天国のフレディも喜んでいるかと/_;)。

頑張れ、ニッポンのオヤジ(^0^)/。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スーパーハイビジョン in 「NHK技研公開2006」

曇り空の下、激混み(TT)のバスに乗り砧まで行って来ました。

展示内容はスーパーハイビジョンだけじゃないですが、
これが目玉なので、今年のレポートはこれを中心に。
場内の写真はありません、悪しからずm(__)m。

あ、その前に一言お断りを。
如何せん私はど素人ですのでちょっと説明があやしいかもしれません^^;。
ですので詳細は公式サイトをご覧くださいますようお願い致します。

さて、スーパーハイビジョンシアターの構成は

 スクリーンサイズが(確か)450インチ
 音響は22.2チャンネル(スピーカーは全てBOSE製)。
 客席定員は102名。会場後方に各種機材とスタッフの方々が数名。
 映像の上映時間は約5分。

肝心の映像の中身は

 ・NHK技研ビルエントランスのライブ映像(圧縮)
 ・NABにて上映されたニューヨーク(NY)の映像(フルスペック)

です。
#「はっけーよい」じゃなくてよかった・・・・(T^T).

前者は技研エントランスに置いたハイビジョンカメラからの映像を
一般家庭向けのレベルに圧縮後伝送(21GHz)し会場に。
クリアではありますがあまり奥行き感は感じられない。
ま、普通の映像ですね^^;。こんなもんか、って感じ。

しかし後者は違いました(・・)。


     凄い(@@)。

の一言(^0^)。

NYの街を

・海側から超微速度撮影(上映は通常スピード)
・高層ビル(エンドクレジットによるとエンパイアステート?)から撮影
・繁華街にカメラを置いて人の眼の高さで撮影
・同様に繁華街で低位置(路面すれすれ)にて撮影

でそれぞれ見せているんですが、
高所からの撮影は自分がまるでその場所にいるかのような迫力。
カメラが動くたびその映像の中に吸い込まれそうでした。
街中の映像も臨場感。たっぷりで奥行きもあり、
遠くの看板の文字まできれいに鮮やかに見えました。
低位置での撮影も同様です。車に轢かれてしまいそうな気分。

NYの次はNBAのチアリーダーダンス及びある試合の一部が上映。
早い動きもクリアに見えます。観客の顔の一つ一つまでくっきり。

最後は夕日をバックにした自由の女神の映像。
バーチャル遊覧船気分がたっぷり味わえます^^。

私の稚拙な文章では(すみません)、
この凄さはなかなかお伝えできませんが、
このスーパーハイビジョンの映像は
会場に足を運んで損はないです(入場無料だし^^;)。

この展示はやっぱり一番人気で長蛇の列。
2回観たのですが、1回目は5分、2回目は10分くらい待ちました。

スーパーハイビジョンはここまでにして、
他に気になった展示について。

まず話題の「ワンセグ」。
1Fロビーと展示の最後に実機を触れられる場所があり、
人気を集めてました。
ワンセグ展示については技研サイトのこちらへ。

そして巷では薄型TVが人気ですが、今回の技研公開でも
フレキシブルディスプレイとして
 ・有機ELディスプレイ
 ・有機TFT

などが展示。
両方とも実物を触らせてもらえるせいか人だかりで近寄れず。
遠目にもちらっと見ただけですが、確かに薄い。
これから期待大、な技術です。

技研公開は数回目ですが、年々展示内容が
親しみやすくわかりやすくなっていますね。
素人にはありがたいですが、技術者の方には物足らないかも。

明日あさって(5/27、28)はファミリー向けに
「体験型展示」なんてのもあります。
お近くの方はご家族連れ立っていかがでしょう。

以上レビューでした^^。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

May 25, 2006

野菜コンソメ

明治屋で買いました。
Yasai_2
14杯分入って630円。なかなかお得です^^。
メーカーはこちら

ここ一ヶ月の暴飲暴食で体重は右肩上がり(^^;。
(自分の)標準体重に戻すべくダイエットなんぞ
始めました。夜、炭水化物を抜いてます。
で、おなかが持たないときのために、
買ってきたのがこのスープ。

胡椒がややきついかな?という気はしますが、
野菜の風味が感じられるコクのあるお味。
まぁるい塩味がいけます^^。
気になるカロリーは1杯あたり14.4kcal
これなら安心です^^。

顆粒状なので溶けやすく扱いも簡単。
朝食にお酒の後に(笑)に活躍することでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

セーラー服と日本刀

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」のハリウッドでの実写企画化が
進んでいるそうで。情報元は野良犬の塒さんサイト。

ハリウッドの吸血鬼映画、というと(゜゜)、
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」が思い浮かびます。
これはそこそこ面白かった。
心の中で「ポーの一族?」と思いながらではあったけど(爆)。

しかしあのアニメをどーゆう風に実写化するんでしょ?(・・)。
またこの話について生みの親の神山監督と藤咲監督のコメントも
聞いてみたい。

あ、そうだ。

デイビット役にはぜひともクリント・イーストウッド希望(笑)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「第6回アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」in丸沼芸術の森

Wyeth
11年ぶりのワイエスです^^。
丸沼芸術の森はこちら

福島県立美術館で観た時と違い、オルソンシリーズの素描と水彩が
中心でした。
並んだ27点は地味ながらも、ワイエスの創作過程がうかがい知れる
貴重なものばかり。
今だ本物を観たことがない「クリスティーナの世界」の習作に感激。
福島県立美術館での展示会で観た「オイルランプ」の習作も人物の表情が
丁寧に描かれていました。
他には「青い計量器」「オルソン家の納屋」「オルソンの家」の習作、
髪を切った「クリスティーナ・オルソン」の習作も味わい深くて。
珍しい水彩画は青がとてもきれいでした。


この丸沼芸術の森はオーナーである須崎さんが
「若手芸術家を育てよう。」と立ち上げた場所。
大きな美術館のような立派な設備ではないけれど、
こじんまりとした展示室はワイエスとその作品への
愛情と敬意が溢れていました。
ワイエス本人から須崎さんへ送られたメッセージ、
オルソン家の模型と現在の写真に収蔵作品の画集など。
ワイエスファンなら必見です。

今回のグッズは
Wyethpc

・2004-2005にかけて開催された巡回展の図録
・「夜の寝台車」の大ポストカード(右上)
・「クリスティーナの世界」習作ポストカード(左下)
・「オルソンの家」ポストカード(右下)

「夜の寝台車」は福島県立美術館で観て気に入った絵。
懐かしくてつい買っちゃいました(^^ヾ。
大きくてきれいな絵だったなぁ。

このワイエス展、毎年開催なので来年も行かなくちゃ。

以上、レビューでした^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

いらないってば

マンション販売に先物取引、自己啓発セミナーに英会話。
最近多いのはIPO(詐○もどき)かしら。

忙しい時間帯にかぎってかかってくる勧誘電話。
いらないってば(--;。
もう最初から相手する気がないので、

「この番号何所で知りました?我が家には必要ありません。」

で即お引取り願ってます。

で、今日はその勧誘電話にまつわる夫の体験談。


夫が社会人になってまもない頃、
同僚が雑誌に挟まっていたあるアンケートはがきに
夫の住所を勝手に書いて送ってしまった。
で、その結果平日休日問わずその業者からじゃんじゃん
彼の自宅に電話がかかってきたそうな。
断っても断ってもそりゃもうしつこく。
そして3年くらいその状態が続いた。

でもある日を境にぴたりとかかってこなくなった。
夫曰く、その業者との最後の会話は

 

業者 「結婚情報サービスの○○○○です~。」

夫  「僕、明日結婚式です(・・)。」←ホントよ。

業者「・・・失礼致しました・・・・・。」

だからいらないって言ってたのに(笑)。
ノルマがよっぽどきつかったのかしら。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

May 23, 2006

「リーンの翼」第3話

トミーノ御大のバイストンウェル・ストーリー。5/19より配信
以下ネタバレです。

 

 

ナナジンに振り落とされたリュクスはアマルガンのアジトに
保護される。父・サコミズの野望を阻止したい彼女は
アマルガンと共に出撃することを約束する。
一方エイサップはサコミズの城に戻り彼の野望の動機を聞かされる。
そして地上の父親と交信が取れたことで地上でサコミズの戦艦を巡り、
日本とアメリカが一瞬即発の危機にあることを知る。
サコミズに表向き忠誠を誓うことでナナジンを借り受けた彼は、
その軍と共にリュクスを探しにアマルガン征伐隊と行動を共にする。

今回は日本、アメリカ、バイストンウェルの三つ巴状態が
浮き彫りになっています。
国同士の駆け引きは状況をどう展開させていくのか。
地上に出たことで増加していくオーラ力が不気味です。
エイサップと共にバイストン・ウェルに降りた地上人のオーラ力も。

2話に引き続いてサコミズ、コドール、リュクスの複雑な実親継親関係は
そのまま継続。1話で垣間見られたエイサップの親子関係も継続。
にしても”死に損なった男”の怨念って怖い^^;。

とまあ相変わらずハラハラなストーリー展開です。
今のところ非常に満足してますが、敢えて文句を一つ。
それはエイサップとリュクスの関係。
今からこの二人に

”ショウとマーベル”

やらせてどーすんの(^^;。

チュ

って何よ(--;。

説明してください>富野監督っ!
ちょっと時期尚早すぎますよ~。

さて第4話はどうなりますやら^^;。来月に期待。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 22, 2006

ムチュウな熱海・箱根旅行(観光編)

「ぼくの心のなかには、こんな男の子 が住んでいるのさ。」

この言葉の数年後、
飛行家は空の彼方で”王子さま”になった。

Prince2

箱根・仙石原に佇む「星の王子さまミュージアム」に行って来ました^^。
↑はメインの建物。エントランスは↓な感じ。
Prince1

「星の王子さま」をコンセプトにした施設ですが、
内部は「サン=テグジュペリ博物館」な感じ。
裕福な貴族の家庭に生まれ育ち厳しい教育を受け、
挫折と絶望に襲われながらも空を飛び続けたサン=テグジュペリ。
その彼の生涯が多くの写真と資料で紹介されています。

冒頭は手帳に書いていたイラスト(王子さまの原型)について
友人に質問されたテグジュペリが答えた言葉。
どんな苦境でも少年の心を持ち続けたからこそ
名作「星の王子さま」は生まれたのでしょう。

それでは以下場内の写真をば。

Prince3
中央のお庭から展示ホール(博物館)を望む。
霧がひどいなぁ^^;。
展示ホール正面の写真は↓。
右側にあるのは「星の王子さま」に出てくる点燈夫の像。

Img_1191_1 

展示ホールの前を通り過ぎて角を曲がると
Img_1193
王さま通り。
ここを通り抜けて左に曲がると
Prince7
実業家通り。
中は映像ホールでテグジュペリの生涯を紹介した
映像が上映されています。
この右斜め前にあるのがサン=テグジュペリ教会。
Prince8
なんと実際に結婚式も挙げられます。
お相手が決定している方、式場にここも検討なさっては?

この後、私達はレストランへ。
前日のエントリの食事と相成ったのでありました。
レストランの隣にはミュージアムショップがあり、
かわいいグッズが一杯^^。
Omiyage
こちらでは瓶入りチョコレートとフェイスタオル、ハンドタオルを購入。
「楽しかったなぁ」と思いながら、場外へ出ると
Sabon
シャボン玉が飛んでいました^^。
そして私達は車に乗り込み次の場所へ。
そこでは

Bego1

きれいなお花がお出迎え(^^)。
箱根湯本駅に程近い「箱根ベゴニア園」です。
では園内の美しいお花たちをご紹介。
Cherry

↑は可憐なチェリーピンク。
でもって↓は
Kiiro
鮮やかな黄色。上の二つは
Hanging
な感じで上から鉢をぶら下げてありました。
こういうのが軒先にあったら素敵でしょうね。
こーゆうのもありました。
Baramitai
なんだかバラみたい。

では次はぐっと濃い色のを。
Red

Pink_2 
葉っぱの緑とのコントラストがきれいです。
こういう種類は↓な感じで陳列。
Img_1226
色とりどりできれいです^^。
今回の旅行はずっと霧だらけだったので、
きれいな色が観たくてここに寄りました。大正解^^。

出発は慌しくお天気がイマイチな旅行でしたが、
できるだけ屋内施設を選んで楽しく過ごすことができました。
そして無事に帰ってこれて何よりです。
何せ帰り道の東名(反対方向)ではこんな珍事件もありましたから(笑)。

それでは今回の旅行記はこれで終わりです。
最後まで読んでくいただき、ありがとうございましたm(__)m。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 21, 2006

ムチュウな熱海・箱根旅行(食べ物編)

食べ物編行きまーす(^0^)。

5/19(諸事情により^^;)午後2時自宅出発。
五十日の渋滞をすり抜けいざ東名高速へ。
休憩で立ち寄った海老名SAで買ったのが
これ↓。

Melonpan

東名下り線海老名SA名物「ぽるとがる」のメロンパンです。
東名ドライブの必需おやつ(笑)。
左は夕張メロンパン、右は普通のメロンパン。各147円。
どちらもちゃんとメロン果汁を使っており、
外はふわふわ中はクリームたっぷりでとってもおいしい^^。

さて海老名を出て一路私達は熱海へ。
濃霧に道を何度も間違い(TT)、
チェックイン時間ギリギリに宿へ滑り込みセーフ。
お庭を眺められる食堂ですぐに夕食と相成りました。

Dinner1

ご覧の通り熱海のお魚とお野菜を使った
とってもヘルシーな会席料理。追加で
Dinner2

ほうぼうのお刺身をオーダー。
一度食べてみたかったんです、これ。
こりこりした白身は美味で日本酒が進みました^^。
最後にお吸い物とご飯。お吸い物は
Dinner3
鯛の頭の潮汁。量、質共に大満足(^0^)。

その後はトレーニングルームで
卓球(元卓球部の夫にいたぶられましたTT)、だの、
ネットだの、輪投げなどして遊び、
温泉に入った後のんびりして就寝。

翌日は朝7時に起床。一風呂浴びてから朝食。

Breakfast

ちょっぴり和洋折衷?でヘルシーな朝食。
朝からご飯を2回もお替わりしてしまいました(^^;。

この後、チェックアウト。
霧の中箱根のあるスポットへ向かいました。
そこはとても素敵な空間、中でランチを頂きました。
それが↓。
Lunch
「麦豚の八角入り赤ワインソース」
という料理です。
豚肉はお箸で切れるほど柔らかく、
コクのあるソースとぴったり。
人参のスープ、パン、コーヒーがついて1800円でした。

あるスポットについては
次回の「観光編」にてご紹介いたします。
どういうところかって?
上の写真にヒントが隠れていますので、
探してくださいまし^^。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 20, 2006

ムチュウな時間

全然前が見えましぇ~ん(^^;。

Fog_1 

昨日今日と熱海、箱根で遊んできました。
矢印は本日(5/20)午前10:30ごろ
熱海から箱根峠へ向かう道路で撮った写真です。
ここ数日の天候不良のおかげでご覧のように霧、霧、霧。
箱根峠周辺では視界が5m以下で標識が全く見えず、
カーナビがない私達は五里霧中状態でうろうろ(TT)。

宿泊場所から見た景色も
Sora

↑な感じ。
熱海と言えば押井監督相模湾の美しい風景なのになぁ。
芦ノ湖周辺でも霧に隠れてなぁーんも見えませんでした。
その周辺には神山監督温泉てな名前もあったんですが(爆)。

でも、せっかく行ったからには旅行は楽しむもの。
お天気の鬱憤を晴らすがごとく

しっかり食べて
しっかり遊んで


帰ってきました(^^ヾ。
では前座代わりに写真を二枚。

Flower_1

と↓。

Park1

2日間の顛末は、「食べ物編」と「観光編」に分けて
改めてエントリいたします。

それでは本日はこれにてGoodNight~(-_-)Zzzz。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 19, 2006

ワイエスの空

11年前、何気に開いた新聞にその絵は載っていた。

Distant
(↑1995年購入の図録より)

草むらに眠る青いシャツの女性。
少し離れて耳をそばだてる犬。
そして背景の針葉樹と共に描かれた印象的な黄土色の空。

アンドリュー・ワイエスの「遠雷」は
一瞬にして私をその世界に引き込んだ。

ワイエスの描く空は決して美しいわけじゃない。
どちらかというと荒涼としたさみしい色。
なのにどうしようもなくその色に惹かれてしまう。
私の中の何かがその色を求めるのだ。

そして車を飛ばして行った福島県立美術館で「遠雷」を観た。
想像以上に素晴らしい絵で一層ワイエスの虜になった。
ルノワールも、フジタも大好きだけど、
私の中ではワイエスがNO.1の地位を占めている。

「もう一度本物を観たい。」と思っていたら
なんと今ワイエス展をやっているところを発見(・・)。
そこは埼玉県朝霞にある「丸沼芸術の森」。
Takさんのブログによると、
ワイエス本人とも大変親交が深いとのこと。
これは行かなくてはっ!

てなわけで来週中に必ず行って来ます。
レビューはまた後日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 18, 2006

小さなバギン?

昨日に引き続いてワインのエントリです。

Pinotgrigio

買出しに行ったやまやで購入。400円。
中身はアメリカ産ピノ・グリージョ種の辛口白ワイン。
他にカベルネ、シラーなど3種類。

前回ご紹介したバギンボックスは2ℓ入りですが、
これは500mlのお手ごろ&飲みきりサイズ。
「あまり飲めないからバギンだといつまでも残って困る。」
とか
「少しずついろいろ飲んでみたい。」
って方にはこっちのほうがよいでしょう。

これからはバーベキューやキャンプなどアウトドアの季節。
持ち運びやすいからそのお供にいいかもしれませんね。
でも飲みすぎと飲酒運転はダメよ(・・)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 17, 2006

Riesling Trocken2004

Riestling_trocken

ドイツの辛口白ワインです。ランクはQ.B.A.。1594円。
薄いレモンイエローの液体からは
レモンとパイナップルの香りが立ち上ってました。
リースリング種特有のオイルっぽさもあり。
酸が強くてすっきりとしたお味。
あっという間にボトルは空に・・・^^;。

最近リースリングに興味があって
いろいろ探しているのだけれど、
甘いのはあっても辛口がなかなか見つからない。
どーしてかしら(^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

May 16, 2006

K.I.T.T.なVOICE

スーパーチャンネルのサイトで
「ナイトライダー」K.I.T.T.の着ボイスが配信中
声は勿論野島昭生さん。

でも、

「お電話が入っています。まさか居留守を使うわけではないでしょうね、マイケル。」

「マイケル、お電話が入っていますよ。マイケル、電話ですよ。出ないんですか?」


とかが、
公衆の面前で鳴るのはかなり恥ずかしい気が・・・・^^;。

K.I.T.T.の声を使うんなら、やっぱりカーナビでしょ(・・)。
カーナビメーカーさん、「K.I.T.T.のカーナビ」出してください~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

体内怪人(・・)

電車の中で見かけた大塚製薬ファイブミニのキャラクターです。
ここへどーぞ(・・)/。。

特撮映画に出てくるようなキャラクターがずらり並んでます。
楽しいネーミングに(^0^)。
でもって一体毎に詳細な設定とテーマ曲付き。
すごい、下手なドラマよりきっちりしてるかも(笑)。

サイトの中には健康状態を見るセルフチェックなるものがあります。
それによると私の中にいるのは、

イラッチ仮面。

お腹の中まで関西人、らしいです、私(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2006

「BLOOD+」#14~#31

ようやく本放送に追いつきました(^^;。

OPが替わったのは気に入らないなぁ。
現在はロートレック風の映像で素敵だけど、
番組の顔であるOPを1クール毎に変えるのはいかがなものかと(--;。

さて物語は謎解きしながら佳境へ。
「動物園」と「ジョエルの日記」から小夜は自分の正体と過去を知る。
ディーバの襲撃と小夜の血を貰ったことからリクはシュヴァリエに変貌、
そんな二人に兄として何もしてやれないことにカイは苦悩する。
そんな状況の中ディーバとシュヴァリエ・カールが
リクを求めて「赤い盾」本部を襲撃した。

この段階で注目すべきは散りばめられた「広瀬隆」なキーワードの数々。
ボルドーワイン、サンクフレシュが意味する「五本の矢」に加え、、
ソロモン、ネイサン、ジェイムズ、ゴールドシュミット&ゴールドスミスときました。
次に出てくる名前は一体なんでしょうか。
バロン・ド・フィリップとかエリー男爵だったら
ワイン好きとしてはツボに嵌るんだけど(爆)。

にしてもあの「赤い楯」をアニメに取り込もうなんてよく考えたもんですね^^;。
神山監督が2ndGIGに「近代能楽集」(三島由紀夫)を
取り込んでたってのもびっくりもんでしたけど。
描きたいテーマに関する山のような調べ物をして消化し自分の物語を作る。
もしかしてこれが梁山泊で生き残った秘訣?>両監督。

気になるワイン関係の台詞では
「1967年は雨が多くて不作の年」
って・・・・よく調べてますねぇ(^^;。
#貴腐ワイン(ディケムとか)は当たり年です。
#我が家にあります。今飲み頃なのかきれいな紅茶色^^

シャトー・デュエル1967年の謎はいつになったら解けるのかな。


残り20数話。
先の見えない展開にあと半年たっぷりと楽しめそうです^^。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「空が一面海に見えた日」

沖縄出身のシンガーソングライター麗美さんの曲。
この曲のタイトルは沖縄返還の日を意味すると何かで読んだ。
今日はその沖縄返還の日。

日本は独立国のはずなのに、
沖縄を初めとして国内のあちこちに米軍基地がある。
戦後60年以上経つのに、政治も経済も今だアメリカに振り回されてばかり。

沖縄返還から今日で34年。
なのに戦後は今も続いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2006

Chateau Joanin Becot2002

白いドレスにピンクの帽子。
いつの世もお嬢様の装いは可憐です^^。
Becot
Chateau Beau-Sejour Becotのオーナーがお嬢さんと作ったワインです。
メルロ75%、カベルネ・フラン25%。購入価格は2720円。

飲むのは2度目。
初めて飲んだのは綱町三井倶楽部で友人夫婦とのランチの席にて。
ワインリストから夫が選びました。かわいいラベルに友人は大喜び。
余談ですが、ここのワインセラー(とコレクション)はすごいです。
ワイン好きなら一度は綱町三井倶楽部に行くべし(・・)。

ではティスティングメモ。
色は濃いガーネットでリムはピンク。ねっとりした脚。
香りは甘く濃縮感たっぷりのベリー系、でもってジャムの香りも。
鼻の奥をくすぐるスパイス香に加えて青い野菜も感じました。
お味は香りと同じく濃縮感たっぷり。しっとりとした味わいにうっとり。
甘いんだけど全然不快じゃない。くいくいと開けてしまいました^^。

ラベルもかわいいし値段も手ごろでおいしい。
自分で飲むのもよし、プレゼントにするのもよし、なワインです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 13, 2006

連想するのは

今日放映の「ミュージック・フェア」によると
ザ・ピーナッツの「情熱の花」は
クラシックの「エリーゼのために」
を下敷きにして作った曲だそうな。
言われてみれば似てますね~。
これから「エリーゼのため」を聞くたびに
頭の中で「情熱の花」が鳴り響きそう。

で連想すると言えば、もう一つ。
今日のゲスト、ウィーン少年合唱団が歌った曲が、
クラシックの名曲「美しく青きドナウ」。
「わぁ、素敵(^0^)。」と美しいコーラスに酔いながら
即効で私の頭に浮かんだのは、
ドナウ川の美しい風景ではなく、

宇宙空間に浮かぶディスカバリー号(^^;

でありました・・・・・。

やっぱり邪道p(^^;?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 12, 2006

語学コラボ

「NOVA,、行っときゃよかった。」(だっけ?)

流れる「日本沈没」(2006/7/15公開)の映像と
この台詞にちょっとドッキリしました(苦笑)。
「ゲド戦記」三ツ矢サイダーなら、
「日本沈没」は語学学校
宣伝マンも考えますね~。
でもこのCM、なんだか脅迫されてる気分です(爆)。

映画界のリメイクブームには食傷気味だけど、
「日本沈没」はちょっと楽しみにしてます。
主役二人のキャスティングもよさそうだし、
何より極限状態で闘う人間ドラマが好きなんですよね。

前作は公開当時父に連れられて観ました(^^;。
子供心に映像が怖かったの覚えてます。
当時のパンフレットがまだ実家にあるかも。

監督は樋口真嗣さん。
どんな特撮を見せてくれるでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

体調不良

皆様、こんばんは。
本日もお忙しい中お越しいただきありがとうございますm(__)m。

どうも風邪による体調不良でまともなエントリができそうにありません。
申し訳ないですが本日は早々に休ませていただきます。

明日又お目にかかりたいと思いますm(__)m。
よろしくお願い致します。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 10, 2006

一石二鳥?

今日「広告批評」ってな本を本屋で眺めてました(^^ヾ。
公式サイトはこちら

最新号の特集はカップヌードルの「FREEDOMプロジェクト」
詳細な資料やスタッフ・キャストリストも掲載。
掲載されているEDENの背景画がとってもきれい。
で、スタッフインタビューなんかも載っていてなかなかおもしろい。

カップヌードルのCMで、新しい長編アニメーションの宣伝も
一緒にやってしまおう、なんて粋ですね。
これぞ究極の経費節減?

さてどんな物語が展開されるんでしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ぞぞっ(T.T)

数年前、友人宅に遊びに行き、
車で送ってもらったその帰りにあった出来事です。

私の自宅へ向かう道路を走っていたら、
視線の先に道路わきの店からするっと一台のセダンがバックしてきた。
ウインカーも出さずに。
運転してた友人はすぐにブレーキをかけ、数メートル前で無事停車。
そして

「危ないなぁ(・”・)。さっさと行ってよ。」

と二人して言い合ってた。

ところが、その車は全然動かない。待てど待てど動かない。

「故障(・・)?」
「違う、なんか変だよ。」

二人で顔を見合わせた後、友人がアクセルを踏みそろそろと車を前進させた。
でもって近づきながら良く見ると・・・・

ドライバーが乗ってないっ(ToT;;;;!!!!

車が出てきた店がちょっと傾斜地に建っていたのと
ドライバーがサイドブレーキをかけ忘れたのか、
車が道路に滑り降りてきちゃったらしい。

「もうちょっと速いスピードで走っていたら・・・」

と二人して背筋がぞぞ~~(^^;。
ドライバーが姿を見せないのでそろっとその車の脇を通り抜けて
家まで送ってもらいました。

「怖いよね~(^^;。」
「ちゃっと確かめてから車を降りて欲しいよね~。まったく(-”-;)。」

と話しながら。

そうしたら昨日、こういったニュースが。
一歩間違えば私も・・・・と思いました。
亡くなられた方はほんとに不運です。ご冥福をお祈りいたします。

どうか、皆さんも気をつけて。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 09, 2006

PS3

11月発売とな。詳細はこちらへ。

何でもBD(ブルーレイ・ディスク)が再生可能らしい。
もしかしてTAF2006で「イノセンス」を上映してたのはこれの前振り?

きれいだったなぁ(゜゜)>BD版「イノセンス」。
現行DVDでもあの映像美は凄いけど、
BDで見たら択捉のシーンなんてより色に一層深みがあった。
キムの館の内部もきらきらしてたし。

でこのPS3と時を同じくして?リリースされるソフトは「FF13」。
ゲーム好きの方には今から楽しみですね^^。

| | Comments (4)

May 08, 2006

飲食コラボ

この間から流れてるカップヌードルのCM.が
「かっこいいなぁ~。続きが見たいよ~。」
なぁんて思ってたら、
さっき三ツ矢サイダーのCMで「ゲド戦記」の映像が流れた。
あららら(・・)。
検索したら夏の公開に向けてタイアップとな。

それぞれクリエイターは
カップヌードルは大友克洋氏。
三ツ矢サイダーは宮崎吾朗氏。

とすると次に来るのはロッテリア=押井守氏?
なぁんてことないわな、絶対(^^;)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

むむっ(・・)?

一瞬3つかと思った↓(笑)。
3in1s_2

1パック250円で買った中に入ってたイチゴ。
3in1ってとこかな?裏は
3in1u
こうなってます。
なんでこんな風に育ったんだろ?とっても不思議。

写真を撮った後おいしく頂きました^^。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 07, 2006

Virginie de Valandraud 2001

Virginie

ボルドー地方サンテミリオンのワインです。
シンデレラ・ワインとして有名なシャトー・ド・ヴァランドローのセカンド。
5/3にお客様がいらしたのでこれを出しました。
ヴィルジニーは作り手のお嬢さんの名前とな。
コルクにも
Koruku
な感じで絵が。
作り手にすれば手塩にかけたワインはわが子と同じなんでしょうね。

ではティスティングメモ。

色は底が見えないくらい濃いルビー色。リムはピンクで幅狭し。
ねっとりした脚があります。

次に香り。
濃縮された甘酸っぱい濃いベリー系の香り。ジャムっぽさもあり。
胡椒や八角のような中国系スパイスも感じる。

お味は酸強く濃縮感たっぷりのフルボディ。
ねっとりした乾燥プラムやレーズンの味がするけど、
舌の先まで広がるタンニンがちょっとしつこい。

メルロが主体のこのワイン、
カベルネ好きとしてはちょっと物足りないところもあるけど
それなりに満足できました。
お客様にも喜んでいただきほっ(^^)。
お値段は2年前に購入で7000円。
もう少し安いといいんだけど、人気のある銘柄だから仕方ないかな?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

AC Bourgogne2002 (フランソワ・ゲルベ)

4/30に飲んだワインのティスティングメモです。
夫婦二人で空けました。

Gerbet
色はきれいなちょっと浅めのルビー色。
香りは新鮮なラズベリー系だけれど、
同時に獣臭も。これは時間経過に連れてきつくなる。
ラズベリーの甘い香りの奥から高い酸を感じる。
お味は酸が強く香りほど甘くない。
タンニンが口の中で鈍く広がるのがちょっと気になるかな?

お値段は2100円。まあまあかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2006

手紙いろいろ

風邪引いて 布団の中で AVANTI(^^;

↑なていたらくで聞いた東京FMの「サタデー・ウェイティング・バー」。
今日のお題は「手紙」

永六輔さんのお話が面白かったです。
石川亜沙美さんのお父様との手紙のやり取りも
仲のよいご家族が垣間見れてほのぼの^^。
大好きな銀座「伊東屋」の方からは、環境に優しい便箋のお話。
内容証明郵便についての行政書士さんのお話もありました。
一番勉強になったのは
小笠原敬承斎さん(小笠原流礼法宗家)による「手紙の作法」。
代々伝えられている『書札之次第』の内容についてのお話でしたが、
それによると「様」という感じは3種類あり、
相手によって使い分けるとか。
うーん私にはとても出来そうにありません^^;。
だけど

「遠く離れてしまったお友達にたまには手紙でも書こうかな。」

と思った今日のAVANTIでした^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「桜さくらサクラ・2006」

山種美術館にて。公式サイトはこちら

館内には桜をモチーフにした日本画がずらり。
連休中で場所も不便なのに賑わっていました。

目玉は横山大観の「夜桜」。
かがり火に照らされる桜に稜線からぽっかり顔を出した満月。
昭和4年開催のローマ日本美術展のために描きおろした豪華な屏風絵です。
今回初御披露目とやらで人気を集めてました。


他に気に入ったのは
石田武による
「千鳥ヶ淵」
「吉野」
「春宵」


の3点と

加山又造「夜桜」、
小茂田青樹
「春庭」、

稗田一穂「朧春」。

です。


お土産は
Yamatane

左上段から
・「桜サクラsakura・2003」小冊子(オールカラー 30P)
 表紙の絵は石田武「千鳥ヶ淵」
・クリアファイル「春宵」(B6サイズ)
・小茂田青樹「春庭」はがき
左下段から、
石田武「吉野」はがき
・加山又造の「夜桜」はがき


でした。
小冊子の中はこんな感じ

この展覧会は毎年桜の時期に開催されるそう。
これから毎年チェックしなきゃ(^^ヾ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

May 05, 2006

飲了(^^;

4/29~5/4の6日間に開けたワインです。
Gwwine

左から

・シュール・ダルク。フランス。ヴァン・ドゥ・ペイのシャルドネVV。
・ACブルゴーニュ。作り手はフランソワ・ゲルベ。
・ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー
・ACブルゴーニュ。作り手はショーヴネ・ショパン。

でした。
真ん中の二つについては近日中に詳細をアップする予定。

にしてもやっぱり飲みすぎですね・・・今日5/5は休肝日にしよう^^;。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

BSアニメ夜話「イノセンス」

5/3に引き続いて5/4の夜見ました。公式サイトはここ
番組のレギュラー岡田斗司夫氏のイノセンス私的解説はこっち
前日の特集とあわせてのBPさん(★究極映像研究所★)の記事はこちら

ゲストは
石川光久 (プロダクションI.G社長)、 
瀬名秀明 氏(「パラサイト・イブ」原作者)、
秋山貴彦氏(映画監督)、
でした。

かなりぶったたかれるかな~、と思ってましたが、
皆さん、わりと穏やかなコメントでしたね。
「難解でわからない。」という方でも、岡田氏や瀬名氏のコメントで
なんとなくこの映画が掴めたのでは?と思います。
岡田氏の「バトーは寅さん説」には苦笑いしながらも頷いちゃいましたわ。

で、出たよ出たよ、沖浦啓之(キャラデザ・作画監督)氏の名前~。
沖浦氏本人も語ってる通り、確かにあのシーンは手の込んだ作画で
「おおっ、すごい(・・)。」と映画を観たとき素直に思いました。
でもぎりぎりまでかかったとは・・・職人ですねぇ^^;>沖浦氏。
石川社長は

「『攻殻機動隊』が海外でヒットした理由がわからない。」

とコメントされていましたが、
手持ちの「公安9課ファイル」によると、

マッチョなヒロイン像は海外でこの映画が絶賛される一因となった

とあります。
アメコミとは違うリアリティが受けたのかな?

最後は岡田氏、石川氏、ゲストから各々「結局どういう映画だったか?」
を述べて番組は終了。

次回は沖浦氏の名前が出たことだし「人狼JIN-ROH」を希望(・・)/。
ゲストには是非西尾鉄也氏をお願いします(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 04, 2006

BSアニメ夜話「王立宇宙軍~オネアミスの翼」

5/3の夜に見ました。公式サイトはこちら

映画を観てないので「わかるかな?」と思いつつ観てました。
ふうん、「オネアミスの翼」ってのは無理やりつけられたサブタイトルだったんだ。
個人的には好きですけど。

番組は岡田氏が熱く語るのがとても興味深く、あっという間に終っちゃった。
神山監督はなんだかずっと聞き役でしたね。ちょっと残念(^^ヾ。

観終わった後、岡田氏を初めとするこの映画のスタッフがうらやましかった。
何かというと、

「あの頃の自分達がフィルムに焼きついて残っている。」

ってトコ。
高校時代、文化祭に向けて”ビューティフル・ドリーマー”な日々を
送ってた自分を思い出しちゃいました(^^ゝ。
仲間と頑張ってたあの頃の自分が
岡田氏にオーバーラップしていった「アニメ夜話」でした(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 03, 2006

いくらなんでも・・・

会社というかブランドそのもの偽造って凄すぎる・・・^^;。

「儒教系の国は著作権に対する認識が甘い」

とどこかで聞いたけれど(真偽のほどは知りません)
ここまでやるかって、感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

阪神サヨナラ勝ち

気持ちよく飛んで行ったわ~>関本のホームラン
なんとか初戦を取ってこっちはほっ(^。^;)。

ついでに、

「村上○○○○」も場外にぶっとばしてちょーだい(・・)/。

ざけんなよ(ー_-;)。>このニュース

| | Comments (4) | TrackBack (0)

なんじゃこれ(^^;

昨日は真夏日、今日は冷っ(^^;。
もう5月なのに~。

お天気続かないなぁ。どーしてだろ?
異常気象の4文字が既に日常化しているここ数年。
天変地異が起こらなきゃいいけど・・・・って思ってたら

伊豆で地震(^^;。そう数日前にも地震だった。
あのー、

私、
今月、
旦那と、
温泉に浸かりに、
おいしいもの食べに、
そっち方面に行くんですけどーーー(^^;。


お願いだから鎮まって(--;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

「BLOOD+」#3~#13鑑賞

ネット配信にて本日まとめて鑑賞。作品公式サイトはこちら
一気に11話分はきつかった(^^;。
でも

すっごくおもしろい(・・)。

藤咲節って言うんでしょうか、謎が謎を呼んであとを引くストーリー展開がいいです。
キーになるエピソードには櫻井氏、菅氏が脚本で入って話を引き締めてる。
以前押井監督が押井塾の総括として
「藤咲は商業のツボをわかっててキャラを立ててくる。何がウケるかわかってる。
 神山は世界観からどーんと来る。ボクと同じタイプだから最初は苦しい。」
ってのたもうてたのが、なんとなくわかります、うん(・・)。

さてこの1クールの見所は家族愛と小夜の覚醒へのプロセスの描写。

「自分の過去を受け入れろ。明日のために今日を生きろ。」

第6話ラスト、ジョージの最期の言葉に泣けました(TT)。
”血”はつながってなくても家族の絆が小夜の心の支えになり救いとなる。
この作品で「家族愛」を描くとは・・・うーん、これはやられました(^^;。
同時に台詞に織り込まれた日米地位協定の不平等さにはっとさせられる。

ジョージの死後、小夜たちは謎を追ってベトナムへ。
小夜がもぐりこんだミッションスクールには空を飛ぶ黒い影、教会に青いバラ。
そこはかとなく漂う耽美なムード(ポーですか^^;)の中話は進行。
でもって登場してくる矢が数本描かれた謎の紋章、
地下に眠るワイン樽とボルドーワインの1967年もの。
ワイン好きには実にツボ(爆)。さすが櫻井氏。
新たに登場するはシュヴァリエにディーバ。その意味は?彼らの目的は?
謎のコンテナを追ってたどり着いた館での惨状に小夜はついに目覚める。
ここで1クールは終わり。2クールからはロシア編に入ります。
ネット無料配信は5/15までなので頑張ってみなきゃ(^^ヾ。

でも2つばかり困るのが・・・。一つは

流血描写。

正直きついです(^^;。昔からスプラッタには弱くて。
そいでもって

翼手のデザイン(ごめんなさい^^;>寺田克也さん)。

やっぱり吸血鬼は美しくいて欲しいってのは私のわがままでしょうか^^;。
”月光すら恥らう美貌の持ち主”までとは言いませんが。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

U-DONG(烏龍麺)

Udon
韓国風うどん、らしい(たぶん^^;。
やまやで4個248円で買いました。

麺をお湯600CCで6分煮た後、スープを入れる。
最後はふりかけをかけて出来上がり。
具は冷蔵庫にあった油揚げとわかめと卵を入れました。
Udonf
麺は
Udonup
な感じ。
そーですね、沖縄そばにちょっと似てます。
口当たりはもちもちっとしていてなかなか美味。
スープはややヒガシマル風?で悪くない。
最後にかけるふりかけのゴマと海苔で韓国風になってます。

有名な辛ラーメンとは味も見かけも全然違いますが、
こういうのもいいかも^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »