« いらないってば | Main | セーラー服と日本刀 »

May 25, 2006

「第6回アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」in丸沼芸術の森

Wyeth
11年ぶりのワイエスです^^。
丸沼芸術の森はこちら

福島県立美術館で観た時と違い、オルソンシリーズの素描と水彩が
中心でした。
並んだ27点は地味ながらも、ワイエスの創作過程がうかがい知れる
貴重なものばかり。
今だ本物を観たことがない「クリスティーナの世界」の習作に感激。
福島県立美術館での展示会で観た「オイルランプ」の習作も人物の表情が
丁寧に描かれていました。
他には「青い計量器」「オルソン家の納屋」「オルソンの家」の習作、
髪を切った「クリスティーナ・オルソン」の習作も味わい深くて。
珍しい水彩画は青がとてもきれいでした。


この丸沼芸術の森はオーナーである須崎さんが
「若手芸術家を育てよう。」と立ち上げた場所。
大きな美術館のような立派な設備ではないけれど、
こじんまりとした展示室はワイエスとその作品への
愛情と敬意が溢れていました。
ワイエス本人から須崎さんへ送られたメッセージ、
オルソン家の模型と現在の写真に収蔵作品の画集など。
ワイエスファンなら必見です。

今回のグッズは
Wyethpc

・2004-2005にかけて開催された巡回展の図録
・「夜の寝台車」の大ポストカード(右上)
・「クリスティーナの世界」習作ポストカード(左下)
・「オルソンの家」ポストカード(右下)

「夜の寝台車」は福島県立美術館で観て気に入った絵。
懐かしくてつい買っちゃいました(^^ヾ。
大きくてきれいな絵だったなぁ。

このワイエス展、毎年開催なので来年も行かなくちゃ。

以上、レビューでした^^。

|

« いらないってば | Main | セーラー服と日本刀 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「第6回アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」in丸沼芸術の森:

« いらないってば | Main | セーラー服と日本刀 »