« 「リーンの翼」第2話 | Main | 遅咲き桜 »

Apr 22, 2006

Ch.Lafite Rothschild 2003

予約から2年、今朝届きました^^。
ボルドー格付け1級の筆頭で
私をワイン天国(金銭的には地獄^^;)に嵌めてくれた銘柄であります。

Label_1

実際は↓のように紙で包まれてます(上の写真は紙を引っぺがして撮ったもの)。
「5本の矢」が意味するのはマイヤー・A・ロスチャイルドの5人の息子達。
このワインはその3男坊ジェームスの子孫が所有。
Lafite_2 

派手なラベルと1級へ昇格した逸話で知られるムートン(次男ネイサンの子孫が所有)と
比べると地味なイメージなんだけど、私はこっちが好き。
飲んでてしっくりくるんです。たぶん相性がいいんでしょうね。
夫はムートン派。逆境を乗り越えたその歴史が彼の心のツボに嵌るらしい。

開けるのは・・・・どんなに早くても5年後くらい、かな。
それまでセラーでゆっくり眠ってもらおう^^。

|

« 「リーンの翼」第2話 | Main | 遅咲き桜 »

Comments

こんばんは(@_@)
昨夜に続き、今夜(町内の祭の会合だったんすよ。秋季祭典の準備を今からやるんすよねぇ)もだいぶ酔ってます。昨夜は会社の新人歓迎会(新人=22歳と25歳の女の子)でして幹事をば仕ったのですが、疲れましたねぇ(-_-;)やっぱ、若い子はわかんないっすねぇ。
歓迎会をやった中華料理屋さんで出してくれたワインは「杏ワイン」byメルシャン(アルコール度数6%)でした。杏酒と白ワインを割ったような甘ったるいワインでした。
大して美味しくないのに意外や女性陣には好評で驚きでした。その後に二次会に行き、疲れ切った僕は「一人お疲れ様会」をBloodというバーで赤ワインをグラスでもらい(半分以上残して)家路に着きました。二次会の席でせっかく練習した「さくら」と「ソメイヨシノ」を披露したのですが、若い人には『へぇ~』という感じであまり受けませんでした(>_<)やはりワインとは異なり(僕は)時代を経て良くなるもんでもないなぁ、と自戒しました。己を知れという感じの夜でした。

「赤い楯」やっっっと3巻突入です!ラフィット…素敵なパッケージで届くのですねぇ。で、おいくら?

Posted by: SAC | Apr 23, 2006 01:34 AM

SACさん、こんにちは~。
宴会幹事お疲れです。
杏ワイン?見たことないっす。

>「赤い楯」やっっっと3巻突入です!
おおっ、凄い。頑張って最後まで読破してください。

>で、おいくら?
福沢さんが一枚、二枚、三枚・・・この先はひ・み・つ(笑)

Posted by: shamon | Apr 23, 2006 02:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ch.Lafite Rothschild 2003:

« 「リーンの翼」第2話 | Main | 遅咲き桜 »