« 56.0% | Main | 「世界遺産ナスカ展-地上絵の創造者たち-」 »

Mar 23, 2006

「マーダー・アイアン -万聖節前夜祭-」タタツシンイチ

昨日買った「SF Japan 2006spring 」にて紹介されてました。
第7回日本SF新人賞受賞作品で刊行は今年の6月(つまりまだ出ていない)。
ストーリーは(以下上記書籍より引用)

現実とは僅かに異なる歴史を辿る近未来。冷戦終結後、大規模国軍に代わり、少数精鋭のサイボーグ兵士からなる特殊部隊が活躍するようになっていた。日本はバブル景気を一層発展させ、歪な経済大国としての繁栄を続けていたが、先進国としては唯一、自前のサイボーグ部隊を持たなかった。
そんななか、日本のハイテク公安「封鎖技研」は、戦闘アンドロイド「タケル01」を開発し、米軍の無敵サイボーグ部隊「アンデッド・ヒーローズ」に挑んでいった・・・・・・。
(引用ここまで)

だそうで。
この内容でピンときた方、貴方は偉い(・・)/。
はい、下敷きになった作品はこれです。しっかり

「君はどこに墜ちたい?」

つー台詞も出てくるらしい(爆)。
出てくる登場人物も「火龍のチャン」「高速リンク」「カメレオンキャシイ」などなど。
うーん(^^;。
選考委員の一人森岡浩之氏(「星界の紋章」などの星界シリーズの原作者)によると

「元ネタを知らなくてもそこそこ楽しめる作品」

だそうですが・・・・。どうも作者が
「パロディの立場でオマージュを書いている」
っぽいんですよね(森岡氏曰く)。
元ネタ作品へのオマージュといえば「地球へ・・・」(竹宮恵子さん)が有名ですが、
この「マーダー・アイアン」はあらすじを読む限りパロディ作品に見える^^;。
一体どんな作品なの(?_?)。
買って読んでみるしかないかな(苦笑)。
でも元ネタがちらついて楽しめなかったらどうしよう^^;。

|

« 56.0% | Main | 「世界遺産ナスカ展-地上絵の創造者たち-」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「マーダー・アイアン -万聖節前夜祭-」タタツシンイチ:

« 56.0% | Main | 「世界遺産ナスカ展-地上絵の創造者たち-」 »