« 「大奥 極上音絵巻」ドラマCD | Main | 東京都写真美術館「文化庁メディア芸術祭」 »

Mar 03, 2006

「パリを愛した画家たち ECOLE de Paris」

大丸東京店で3/14まで開催中。サイトはこちら

ポスターのシャガールにつられて(笑)、仕事帰りに行きました。
平日の夜とあって人影はまばら。その分じっくりと鑑賞できてラッキー^^。
展示の構成は前半が欧州の、後半は日本の画家。
印象としては「青」の展覧会、ってとこでしょうか。では以下詳細をば。


「母と子」マルク・シャガール
会場のトップバッターでした。
シャガールブルーに彩られた母と子。裕福でないけれど幸せな様子が漂ってきます。

「ボルクロールの小舟」「マルセイユ港冬景色」アルベール・マルケ
前者は初夏の湾風景。涼やかなブルーが涼風を運んでくるよう。
後者は冬の港。道や倉庫や船のマストの茶と対照的な雪の白が美しい。
この2枚は並べて飾ってあり、季節の対比が楽しめます。

「モーツァルト」ラウル・デュフィ
ポップな色使いが素敵。かの音楽家へのオマージュ作品。
楽譜(?)の表紙のピンクが春っぽくてよいです^^。

「雪景色」モーリス・ドラムンク
凍てつくような冬の林道。雪の白と空のアイスブルー痛いほど鮮やか。
ヨーロッパの冬の厳しさが伝わってきます。

「アンチーブの風景」パブロ・ピカソ
ピカソ晩年の作。淡いグリーンと青に彩られたおおらかで優しいタッチの絵。
所々にある淡いピンクがふんわりと香るよう。

「ミモザ」キスリング
精緻に書き込まれた花びらが目に付きます。これは間近で鑑賞すべし。
きれいな黄色はスギ花粉と似てる。でもこれはアレルギーになりません(笑)

「裸婦」藤田嗣治
なぜか一瞬「天野喜孝?」と思ってしまいました・・^^;。
淡いベージュ、溶けるような柔らかい線はさすがフジタ。観てて飽きません。
今月末から都区内美術館で開かれる「藤田嗣治展」が楽しみになってきた^^。

「ヴェニス」アイズピリ
一発で眼が覚めそうな(笑)鮮やかな空と海の青。
マルケとは色のトーンが違うけれど、こっちも実に魅力的。

でお土産にはこんなの買ってきました。
ecole
大クリアファイルはシャガール「母と子」、小クリアファイルはデュフィ「モーツァルト」。
絵葉書は左が野口弥太郎「ヴェニスの窓」、右上はキース・ヴァン・ドンゲン「競馬場」、そして右下はキスリング「ミモザ」。全部で1000円。
図録は高いし買っているときりがないので絵葉書で我慢我慢(笑)。

以上レビューでした^^。

|

« 「大奥 極上音絵巻」ドラマCD | Main | 東京都写真美術館「文化庁メディア芸術祭」 »

Comments

こんばんは。
TBありがとうございました。

「ミモザ」は私も思わず
絵葉書買ってしまいました。
今PCの脇に飾ってあります。

こんな素敵な絵が病院の待合室にあったらな~

Posted by: Tak | Mar 03, 2006 at 10:43 PM

おはようございます!
日本で朝が一番早いところにいるはずですが、まだ暗いです(笑)。やっぱり時差ぼけかしら?
デュフィにこのような作品があったとは知りませんでした。載せられているクリアファイル、欲しいです!!!
キスリングの『ミモザ』、あの画面いっぱいに溢れるような黄土色は印象的ですね。実はキスリングがものすごく好きなんです。

Posted by: Rintaro | Mar 04, 2006 at 05:20 AM

こんばんは、昨日はTBだけで失礼しました。
シャガールがいいですね(ファンと言うのでしょうか??)
10年以上前かもしれませんが、軽井沢メルシャン美術館でシャガール展がありました。
よく知られている絵のポスターは売り切れていて、「題」も知らないポスターを買いました。
今も玄関脇に額に入れて飾っていますが、誰も気が付かず、帰りがけに、、「シャガール?」
偶然ですけど家に飾るのにちょうど良かったようです。

Posted by: Petit cervin | Mar 04, 2006 at 06:33 AM

こんにちは~。

>Takさん
TB感謝ですm(__)m。
>こんな素敵な絵が病院の待合室にあったらな~。
わざと風邪引いてでも行っちゃいそうですよね(笑)。で、病院は繁盛して別の絵を買って、ん?何か違う(笑)。

>Rintaroさん
こんちは~。長旅お疲れ様です^^。
この展覧会は大阪、京都と巡回しますよ。
詳細は
http://www.daimaru.co.jp/museum/index.htmlへ。
心斎橋店ではラウル単独展覧会も予定されてます!

>Petit cervinさん
いつもお世話になってます(^^)。
有名な絵も素敵ですが知られてない絵も新鮮味があっていいですよね。いいお買い物をなさったのではないでしょうか^^。

Posted by: shamon(まとめてお返事) | Mar 04, 2006 at 04:28 PM

こんばんは。
シャガールの「母と子」の絵、なんだか、ほっとしますね。
彼の場合、恋人とか道化師とか宗教画とかが多い気がするが、こういうのもいいですね。

Posted by: リラックマ | Mar 10, 2006 at 10:32 PM

リラックマさん、こんばんは^^。

>恋人とか道化師とか宗教画とかが
有名なのは「天使」とか「ロミオとジュリエット」ですね。「ロミオとジュリエット」はリトグラフの値段見てひっくりかえりそうになった覚えがあります(笑)。

Posted by: shamon | Mar 10, 2006 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/8920898

Listed below are links to weblogs that reference 「パリを愛した画家たち ECOLE de Paris」:

» ユトリロ [ワイン&レストラン Petit Cervin 軽井沢 休業中 ]
Maurice Utrillo(1883-1955) Chteau de St Lager Brouilly  1925年の作品、ボージョレ地域の中央に位置するサンラジェ村旧家の門の画です。 実は30年前この家にお世話になって、葡萄摘みの仕事を経験しました。 ユトリロの画になっていたとはビックリです!!!(St,LagerのHPへ) 2001年の12月に10年ぶりでボージョレを訪れました。 懐かしいサンラジェ村、パトロン(オーナーとか雇い主のこと)のモーリスの家の門は ユトリロの時代... [Read More]

Tracked on Mar 03, 2006 at 05:56 PM

» 「パリを愛した画家たち展」 [弐代目・青い日記帳]
大丸ミュージアム・東京で開催中の 「シャガール、ローランサン、荻須・・・・パリを愛した画家たち Eacute;COLE de PARIS 20世紀初頭のパリに集った東西の巨匠」展に 行って来ました。 「南海コレクション」からの出展による展覧会です。 はて?「南海コレクション」とは?? 大分県佐伯市にある健康保険南海病院のコレクションだそうです。 (正しくは前院長の緒方保之氏のコレクション) 今回出展されている作品は普段、この病院の 待合室などにフツーに... [Read More]

Tracked on Mar 03, 2006 at 10:42 PM

» 『パリを愛した画家たち』 [雪月風花抄 ~Art Blog]
COPY <ECOLE de PARIS 20世紀初頭のパリに集った東西の巨匠> at 大丸ミュージアム・東京 20世紀初頭にフランス外からパリに集まって創作活動を繰り広げた画家達のことを、エコール・ド・パリという。名前を訳して、「パリの芸術学校」のようなところがあったのかと思って..... [Read More]

Tracked on Mar 10, 2006 at 03:59 PM

« 「大奥 極上音絵巻」ドラマCD | Main | 東京都写真美術館「文化庁メディア芸術祭」 »