« 松本零士コレクションでつづる「漫画誕生から黄金バットの時代」展 | Main | スワロフスキー »

Jan 27, 2006

ブリジストン美術館-印象派と20世紀の美術-

常設の中からの展示です。公式サイトはこちら

常設展示が充実している美術館といえば国立西洋美術館
でもこのブリジストン美術館も頑張ってます。
では印象に残った作品をば^^。

「ヴィル・ダヴレー」カミーユ・コロー
森の中をまっすぐに伸びる小道。森の緑が清清しい。

「雪の中を駆ける鹿」・ギュスターヴ・クールベ
鹿の描写に躍動感が溢れてる。
渋谷の「ポーラ美術館」展で見た絵と頭の中でリンク。

「プージヴァルのセーヌ河」・カミーユ・ピサロ
セーヌ河沿いの冬の景色。澄んだ冬の空の青が素敵です。

「雨のベリール」クロード・モネ
見た瞬間「これって東山魁夷?」と一瞬錯覚(笑)。
偶然なんだろうけど岩に砕け散る波の描写がすごく似てる。モネには珍しい海の絵。

「モンマルトルの風車」フィンセント・ヴァン・ゴッホ
薄曇の空の下の風車。
寒色系の色合いは全盛期の作品には程遠いけど、筆致にその傾向が。

「カミーユ・クローデル」オーギュスト・ロダン
カミーユはロダンの恋人にしてミューズだった女性。
激しく燃え上がった二人の恋も結局は破局しカミーユはその余生を病院で過ごして世を去った。
美しい頭像だけどどこか悲しみをたたえてるのはそのせい?

「牧場」アンリ・ルソー
のどかな牧場の風景。特長のある筆致がいい。
ルソーといえばオルセーにある「戦争」が記憶に強いけどこういう牧歌的な絵もいいですね。

「ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞」パブロ・ピカソ
タイトルにつられた(笑)。キュビズムの初期の作品?
ワインバーの店内に飾ったら似合いそうな絵。

「生木と枯木のある風景」パブロ・ピカソ
押えた色調がほっとする一枚。リビングに飾ってもそれほど違和感の無い絵かも。
でもピカソの絵で樹木が出てくるたび思うんですよね。
ピカソの描く樹木って・・・・似てませんか?その線が女性の裸体に。

「猫のいる静物」藤田嗣治
この美術館では日本画家も負けてはいません(笑)。
台の上に置かれた果物や魚、その上を飛ぶ鳥、鳥に狙いを定める猫。
鳥の躍動感が素晴らしい!

「ドルドーニュの家」藤田嗣治
白を基調とした室内画。画家のお住まいでしょうか。
中央の暖炉の上には飾り棚がありコーヒーミルや時計。
その手前に置かれた茶色の大きなテーブル。
壁の白と家具の茶色や黒がコントラストをかもし出して印象に残る。

「雪の発電所」岡鹿之助
これは見かけたことがある方多いのでは。
穏やかな色調の中に発電所のオレンジに近い茶色が眼を引きます。
今部屋に飾るのならこれがいいかも。

これ以外には古いツボや彫刻もあり。ピカソ、マティスは展示数も多いのでお好きな方は是非。HPに入場割引券があります。

以上レビューでした^^。

|

« 松本零士コレクションでつづる「漫画誕生から黄金バットの時代」展 | Main | スワロフスキー »

Comments

この展覧会、常設展といいながらかなり内容の濃いものでた。
藤田の「猫のいる風景」は私も惹かれました。開催中の「藤田嗣治展」にも出展されず、今でもみられるのは嬉しいです。

Posted by: 自由なランナー | Apr 18, 2006 at 07:48 AM

自由なランナーさん、コメント&TB感謝です!

>かなり内容の濃いもの
おまけに他より入場料も安いし(笑)。
大きな絵は少なかったけれど、中身は濃くて見ごたえありましたね。

藤田の「猫のいる風景」、隠れた名作かも。

Posted by: shamon(自由なランナーさんへ) | Apr 18, 2006 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/8369807

Listed below are links to weblogs that reference ブリジストン美術館-印象派と20世紀の美術-:

» 見ごたえあるブリジストン美術館の常設展 [単身赴任 杜の都STYLE]
東博で「書の至宝」を見たあと、久しぶりに東京・京橋のブリジストン美術館にいってみ [Read More]

Tracked on Apr 17, 2006 at 10:39 PM

« 松本零士コレクションでつづる「漫画誕生から黄金バットの時代」展 | Main | スワロフスキー »