« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

Dec 31, 2005

大晦日

大掃除は済んだ、障子も張り替え終了、御節もどきを少々作り年越し蕎麦も食べた、と。
で、なんで「イノセンス」(ANIMAXにて放映中)見てんだろ、あたし^^;。

ともあれ今年も残り2時間ちょい。
皆様よいお年をお迎えくださいまし。

そして

来年もよろしくお願い致しますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 30, 2005

■2005年の重大ニュースバトン

酎犬八号さんからやってきた■2005年の重大ニュースバトンへのお答えです。

■あなたのお名前・ブログ
「ひねもすのたりの日々」、shamonです。

■2005年の重大ニュース(いくらでも、身辺でも、世相でもいいです)←3,5,10とかがいいかも
1)福知山線脱線事故
 よく知っている場所の事故に言葉もありませんでした。
友人知人に被害はなかったものの、突然家族を失う悲しみは他人事とは思えません。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

2)9月に行ったパリ~ブルゴーニュへの旅
初めてのヨーロッパ、始めての個人旅行は緊張と驚きだらけ。
一番思い出深いのはもちろんドメーヌ・シュブロヴァンダンジュ(^0^)。

3)このブログを立ち上げたこと。
おかげでたくさんの人と出会うことができました。
お越しいただいた方々へ感謝感謝m(__)m。

■あなたにとって2005年とはどんな年でしたか?
「細々でいいから何か始めてみよう」と思った年。実際にいくつか始めました。

■最後に、バトンを回す方をご紹介お願いします。(何人でも)
毎日楽しいエントリをなさっている「そのへんの風景」のmadaさんへ^^。
お時間あったらお願いします~m(__)m>madaさん。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Dec 29, 2005

「アニメーションノート」

アニメーションのメイキング・マガジン。発行元はこちら。創刊されたばかりらしく01と番号が。季刊かな?

ジャンルを問わず物作りの現場を見たり知ったりすることが昔から好きだった。職人だった父の背中を見て育ったせいかな。特にアニメに関しては同級生が業界に身を投じたこともありその制作現場には興味深々、なのでこういう雑誌を見かけるとつい買ってしまう^^;。

ではムックの中身について。

「特集 HOW  TO アニメーション」
以下のクリエイターとその代表作の紹介。

  • 新海誠  「雲のむこう 約束の場所」
    20ページに渡って「雲の~」の制作全般を絵と文章で紹介。
    同誌の”ポスト宮崎駿”への大きな期待が窺える。
  • 小島秀夫   「メタルギアソリッド」シリーズ
    物語世界とキャラデザについて。アイデア出し~ラフ画など
  • 今敏  「東京ゴッドファーザーズ」
    経歴と「東京~」のメイキング。企画、キャラ設定、画コンテ等が掲載。
  • トランスアート    「韋駄天翔」
    最新テレビアニメーションの製作工程を紹介。
  • スタジオじゃっく   「頭文字D」
    背景美術の老舗が語る知られざる背景の世界。
  • 寺田克也  「BLOOD+」
    「BLOOD THE LAST VAMPIRE」等、代表作の紹介。
  • 野末武志 「ファイナルファンタジーアドベントチルドレン」
    氏が語る作品の世界観及び未来のクリエイターたちへのメッセージ

「ジブリ美術館」
チケットがなかなか手に入らず行けない人にはうれしい特集(笑)。
#ちなみに私も行ってません。
そのコンセプトと内部の様子を写真と文章で紹介。噂にたがわず内部は凝ってますねぇ。

「ガンダム・ミュージアム」
これも行けない人にはうれしい?(笑)。そのコンセプトと内部を写真と文章で紹介。
実物大ガンダム・・・うーん、すごい。数分の1のザクならアキハバラデパートで見たけど。

他には
「桃屋のCM特集」「パペット・アニメを見よう!」「注目のアニメーター」などなど。
パペットアニメにはヤン・シュヴァンクマイエルの記述もあり。

価格がちょっと高いけど(1300円+税)、カラーが多くアニメーションの制作工程がわかりやすく説明されていて満足。私が好きな新海氏、今氏に多く頁が割かれていたのが大きい?
次号ではIGのアニメーターさんたちを取り上げて欲しいな。上場記念ってことで是非お願いします~>出版社さん。

以上レビューでした^^。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Dec 28, 2005

IG株、三日連続ストップ高

既に初値+100万円の価格って何ですか、これ^^;。
株って上がる時はこんなに上がるんだ。市場全体の熱に引っ張られているとはいえ、正直見ていて恐ろしい^^;。この価格でも買う人いるってのが驚き。庶民にはもう手が届く金額じゃない。もしかしてハリウッドの有名監督達(J.CとかW兄弟とかT監督とか)がこぞって買ってるのかな。何にしろこのままだと今年中に300万円台突破するかも。

ちなみに手持ちの日本株連動ファンドもつられて上がった。IG株に比べれば微微たる右肩上がりだけどちょっとうれしい、しかしどこまで続くんだろ。適当な時期見て利益確定したほうがいいかなぁ。

今年の株式市場もあと2日を残すのみ(つっても明後日は大納会)。さてどんな状況で2005年は終るでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 27, 2005

TOKYO MILLENARIO

仕事帰りに行って来ました。まずは全景写真をば。

mil1
(歩きながら撮ったのでボケボケ・・・・すみませんTT)。

公式サイトはこちら。24日から始まりました。

mil2

前進しつつ正面より撮影。

milup

さらに近づいて撮影。上が切れちゃった^^;。

mil3

通り抜けがてら各アーチの上部を撮影。こんな感じになってます。
先に進むに連れて各アーチが段々小さくなるため、私は適当な所で抜けて東京駅から帰ってきました。
そのついでにアーチの裏を撮影。それはこちら
そして帰りの東京駅の前にもイルミネーションが。
station

なかなかきれいです^^。東京駅から行かれる方、これも忘れないでくださいね~。


以下、今日の詳細及び注意事項を文章にて。

・経路及び到達までの時間
大手町駅よりみずほ銀行本店入り口付近から列に合流したのが午後5:40
そこから少ーしずつ進んでミレナリオ正面入り口(丸ビル裏側)に到達したのが午後6:15
やっぱり30分以上かかります。

・混み具合
身動きできないほどではなく、信号待ち&入場制限等で数回止まっただけ。思ったよりもスムーズな人の流れでした。けれどこれは平日の点灯直後だったからではないかと。
仕事納めの明日28日、年末年始の休みに入る29日以降は点灯の瞬間を狙う人、帰省客等でおぞましい混み具合が予想されます^^;。行かれる方、お覚悟を(・・)/。
観光バス(はとバス?)のコースに入ってるのか、団体客、外国人観光客多し。
ご家族で行かれる方、お子さんが迷子にならないようお気を付けください。

・撮影について
立ち止まっての撮影は禁止です。会場でもひっきりなしにアナウンスが流れていました。ドミノ倒し防止のためでしょうが、歩きながらの撮影は難しい^^;。3年前は適度に止めてくれたのですが・・・。ですのでデジカメよりビデオカメラのほうがいいかも。今は後で静止画を取り出せるでしょうから。
またよい写真を撮るために

進む列の中では自分より小柄な人の後ろにつく

こと。
理由?映画館で座る時と同じです(笑)。

・服装
最近の東京は日が落ちるとむちゃくちゃ寒いので当然手袋、マフラー必須。のろのろと進むので身体は暖まりません。
またカメラを持つ際にも手袋ははめたままで。夢中で撮っているうちは気づきませんが、手袋なしだと「凍傷?」と思うくらい冷たくなります。指先だけ開いてる手袋があるとよいでしょう。靴は踏まれても脱げない&防寒のためブーツがオススメ。

こんな感じかな?明日以降に行かれる方、頑張ってくださいね!

以上レポートでした^^。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

Dec 26, 2005

年末の食糧事情

昨日までは~、今日からは~。
街の何所もかしこもあっという間に新春準備(・・)。
昨日まで「メリー・クリスマス」とかやってたくせにほんと節操がないわ、日本人(苦笑)。変わり身の速さは忍者の国、故?

とやや自嘲をこめて書いてますが、主婦としてはこの時期困るんですよね^^;。
何故ならスーパーの食料品売り場には「お正月の用意」と称した「お正月用食品」で埋めつくされ、”普段の食事”用の食料品がどこかへ消えてしまう。ついでに言うと価格も上がる(--;)。まったくもぉ。

そりゃお正月の準備は大切です。夫婦二人の我が家だって鏡餅飾ってお煮しめとお雑煮くらい作ります。だからといって”毎日の食事”をおろそかにするわけにはいかないのよ~。

蒲鉾、伊達巻、栗きんとん、ごまめに膾に塩数の子。
それもいいけど、普段使いの食料を売ってちょーだい!
年末の主婦のボヤキでしたm(__;)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 25, 2005

クリスマスのワイン

mosel クリスマスの少し前、大丸東京店で買った。お値段は1575円。
瓶前面の四角い部分が透明になっており、瓶内部に描かれた絵がそこから見える。日本でもありましたね、こーゆーボトル。
この時期だけ大丸が入荷するワインで、毎年ボトルの絵柄が変わるためコレクションする人もいるそうな。

中身はドイツ・モーゼルの白ワイン。品種はリースリングで上品な甘さがおいしい。ホタテのクリームシチューにあわせるとなかなかのマリアージュ。
満足、満足(^0^)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 24, 2005

西麻布から

クリスマスカードが届きました^^。
avanti

夏の麻布十番祭りの際、出店にて合言葉を言い連絡先を書いた人に、必ず送られてくるクリスマスカード。リースの中に「AVANTI」のロゴが見えます。

今日の放送では延々とラブコメやってた南さん&取ちゃんによーやく決着が。シリアスに決めたと思いきややっぱりドタバタな二人。渋~い野上さん(南さんの元ダン)が目立った回でありました(笑)。

最後に流れたのはジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」。クリスマスのAVANTIにはこの曲が一番似合うと思う。昔、杉真理(すぎ まさみち)さんがどなたかとこの曲を番組内で歌ってとても素敵だった。

今宵はクリスマスイブ。
皆様も素敵な夜をお過ごしください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 23, 2005

寒波一休み

今日は三連休初日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
東京は寒波も一休みなのがちょっぴり暖か。寒がりの私はほっと一息。

しかし新潟では昨日からえらい事態が(^^;。
こういう場合オール電化住宅にお住まいの方はさぞかし大変だったでしょうね。暗いだけでなく暖房も使えないわけですから。最近流行の電化住宅ですが、エネルギーも資産と同じで集中しすぎるとダメですね。
復旧まで31時間。住民の方々はさぞかし寒かったでしょう。お疲れ様でした。どうか暖かなクリスマスが過ごせますように。

予報によるとまた寒波がやってくる雰囲気。
残り二日、風邪に気をつけて楽しくお過ごしください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 22, 2005

むちゃくちゃ想定外(^^;

昨日12/21、プロダクションI.GがJASDAQに上場した。
お休みだったので日経CNBCを日中見ていたが値はつかずそのまま終了。今朝ようやく取引が始った。んでいきなり初値が

180万(公募価格は51万)
くらっ・・・・・・。
・・・・・・・・とても買えませんっ(涙)。


予想は初値が100万前後、高値が120万前後、安値が80万くらいと踏んでたのに。
なのにいきなり公募価格の3.52倍で取引・・・。
それに高値が195万って何(T^T)。アニメーターの平均年収は250万ですぞ~。
#これは業界平均。あまりに低すぎますよね。IGのトップアニメーターの年収は1000万以上らしいけど。

やっぱ期待されてる会社だから、なのかな。
押井塾にいた櫻井圭記氏が大沢たかお氏主演の映画の脚本を手がけるとか、フジテレビと組んだとかいろいろ華やかな話題が多いし。

華やかといえばIGのHPもトップページイラストが更新されていた。
原画はI.G取締役で「攻殻S.A.C」作画監督&2ndキャラデザ担当後藤隆幸さん(IGのGはこの方のイニシャルです)。
素子の衣装がすごい。本編では絶対見られませんね(笑)。
そして月替わりのグリーティングカードも更新。担当はこれまたIGが誇る西尾アニメーター。
ミニパトなキャラがかわいい。

ともあれ上場おめでとうございます。>プロダクションI.G。
これからもよい作品を作ってください。でもって早く株を分割して(T人T)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「北の国」夫婦、離婚

吉岡秀隆さんと内田有紀さんが離婚した。

新聞やTVでは「内田さんが孤独に耐えられず」が離婚の原因と報道されている。これが本当だとしたら「売れっ子の旦那さんを持って贅沢な。」と彼女を非難する人もいるかもしれない。でも彼女が耐えられなかった気持ちはわからいでもない。

ずっと仕事をしてきてある日何らかの理由があって専業主婦になる。夫は忙しくほとんど家に帰ってこない。精力的に仕事をこなす夫はどんどん社会で認められていくのに対し、自分は夫の帰りを待つだけ。
一般人女性なら派遣に登録したりパートに出て気を紛らわせるなり世界を広げることもできる。でも女優だった彼女にはそれは不可能だったろう。コミュニケーションをとりたくても夫はおらず、そんな毎日が”当たり前”になっていったのでは。
そうなると結婚生活を続けることに疑問を抱く。一人で考える時間が長かった分、一気に離婚へと内田さんの気持ちは傾きそして家を出たのではと推測する。
吉岡さんを悪者にする気はないが、内田さんの様子にもっと早く気づいてあげてほしかったと思う。もっとも結婚生活のスタート時から仕事が忙しく「忙しい中でどうコミュニケーションを取っていくか」を話し合う時間すらなかったのだとすれば彼もお気の毒である。

吉岡さんが主役を演じた「雲のむこう 約束の場所」の中にこんな台詞がある。

「僕だけが 

 私だけが

 世界に一人きり
 
 取り残されている

 そんな気がする」

今は他人となったお二人、お互いにこんな想いをかみ締めておられるかもしれないですね・・・・・。
ドラマのようにハッピーエンドとはいかなかったけれど、これから別々の道を歩まれるお二人に幸あれと祈ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 20, 2005

煌きのNO.5

銀座の街角にどどーん(笑)。
chanel1 

モンローの言葉で有名なシャネルの香水のオブジェ。輝く金色とリボンがとってもゴージャス。
お隣には
chanel3

どどーんとおっきなクリスマスツリー。煌くオーナメントも
minichanel

ちゃあんとNO.5。徹底してます。
最後の1枚はNO.5とツリーのツーショット。
chanel2

場所は銀座にあるソニービルのエントランス。
週末、東京ミレナリオとハシゴすると楽しいかも^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2005

ILLUMINATA

oazo

「ILLUMINATA」は東京ミレナリオに先立ち丸の内OAZO東京駅側エントランスに設置されたイルミネーションです。ミレナリオの弟分、というところかな。こじんまりしてかわいい^^。後ろの建物がOAZO。

oazofront

これは入り口から東京駅方面に向かって撮った写真。通りかかる人は皆、上を見上げながらこの光のアーチをくぐって東京駅へ。きらめくイルミネーションに足取りも軽くなります。

oazotree

OAZOエントランス吹き抜けホールに設置されたクリスマスツリー。大人っぽい青と白のコントラストが素敵~。これと同じツリー&リースがOAZOのあちこちに飾られて、OAZO内はクリスマス一色です。

週末からいよいよ東京ミレナリオ。
デジカメ持って行かなくちゃ(^^ヾ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 18, 2005

そりゃそうでしょ(・・)

日経連載中の「愛の流刑地」が映画化されることが先日報道された。主演は役所広司さんで、ヒロイン役が選考中となっていたけれど・・・・一向に決まらないとな。

決まるわけないでしょ、あんなヒロイン役(・・)。
映画会社は「激しいセックスシーンに女優がしり込み・・・」と説明しているけれど、んなわけないって。
誰が女性を一人の人間ではなく単なる○○○ワイフにしか描いてない映画に出ようと思うわけ?映画会社さん、女性の意見をちゃんと聞いてます?

話は話で「不倫純愛」だの「性のエリート」だの???な言葉ばかりが乱発され、性行為描写のみがだらだら続いてた。その後は軽すぎる殺人シーンと舞台を裁判所に移しての自己中男の自己弁護と現実逃避発言のオンパレード。プロットも完全に破綻した小説をわざわざ映画化ってのは・・・・最初から映画化ありきの連載なんですか?
だったら「この続きは映画で」とでもしてもらえませんか、日経新聞さん。
そうしていただければ我が家のように仕事柄取らざるを得ない家庭は朝から見苦しいものを見なくて済み、とても助かるんですけど。一番いいのは映画化も単行本化もボツになることですが。

そうそう、海外生活の長い友人が嘆いていたなぁ。

「先進国の中で、街中に裸が溢れているのは日本だけだよ。ほんと恥ずかしい。」

と。

本日掲載分の挿絵もヒロインの裸だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬将軍

なんだか風が強くてものすごく寒いんですけど^^;。
TVでは「冬将軍」の連発、日本海側ではすごい雪(@@;。
明日は名古屋でも降雪?また新幹線遅れるのかな。出張の方お気をつけください。

ああ、思い出す数年前の東京の大雪^^;。
当日は幸いにも風邪で休んでて、翌日スノーブーツで出勤。
職場に着いたら課長がいて、「早いですね^^;」と言ったら「泊まったんだよ(TT)。」(^^;。
でも泊まった人はまだラッキーで、帰宅途中で電車が止まり、

「真夜中すぎ、吹雪の中を1時間歩いて帰った。」

という方も・・・・^^;。
豪雪が予想される方面の方、どうぞお気をつけください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 17, 2005

真央ちゃん、優勝!>GPファイナル

このまま行くかな?と思ってたら、このままどころかさらにぶっちぎった感のあるGPファイナルでした(^^ヾ。
優勝おめでとうございます(^0^)/ > 浅田真央選手。

そして2位に終ったスルツカヤ選手、残念だったけど指の先まで神経が行き届いた演技はさすがバレエの国の方^^。

そして中野選手、ノーミスで3位。堅実に演技をこなしてましたね。
期待のミキティは転倒が響いて4位。全般を通してなんだか痛々しかったです。やっぱり本調子じゃなかった?ミキティスマイルも最後まで見られず。
にしてもこの結果、トリノ選考は荒れそうだなぁ~^^;。

ともあれお疲れ様でした>選手の皆様。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 16, 2005

「ハイカラ」は「たぬき」

東京というか関東に住み始めた頃、あるうどん屋にて。

「”たぬき”ください。」
「そばですか、うどんですか?」
「^^;・・・・・・うどん。」
出てきたうどんにはお揚げじゃなくて天カス(要は揚げ玉)がのっていた。

後日、別のうどん屋にて。
「”きつね”ください。」
「そばですか、うどんですか?」
「^^;・・・・・・・・・・・・・・・・」

関西での「たぬき」はお揚げが乗った”きつねそば”、のこと。たぬきうどんなるものは存在しない。「きつね」といえば自動的にお揚げ+うどんなのだ。そして揚げ玉のことは「ハイカラ」と呼ぶ。つまり東京での「たぬき」は関西では「ハイカラそば」「ハイカラうどん」になる。あまり見かけないメニューですけどね^^;。ハイカラ入れ放題のうどん屋もあるし。

もう慣れたけれど、最初は大混乱で「えっ?えっ?」。今でも時々間違えるので、「きつね・・・・・うどんを。」と注文する時に必ず間が空いてしまう(笑)。

で、先日お昼にきつねうどんを頂いた帰り、スーパーでこんなのを見つけた。
tanuki

3種類とも買っちゃいました(笑)。
味がどう違うかはこれからのお楽しみ(^m^)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Dec 15, 2005

7gから始めよう(^0^)/

皆様、こんばんは(^0^)/。
年末のお忙しい中、当ブログにお越しいただきありがとうございますm(__)m。

いきなりですが、第一問(・・)、
「最初は四本足、次は二本足、最後三本足で歩く動物は?」

これはかの有名なスフィンクスのなぞなぞ。
答えは簡単ですね、「人間」。

では第二問(・・)/、
「最初はから~ん、次はザクッ、最後はボトッ。これは何?」

答えは↓(笑)。

million

とっても大きいこの子は五代目。
代を重ねるにつれてサイズと目標金額が大きくなっている。
500玉貯金は私たち夫婦の数少ない共通の趣味なのだ。

きっかけはハワイに行くちょっと前、

・どこぞでもらってきた缶バンク(350mlビールの缶を模した貯金箱)
・たまたま財布に入っていた「昭和64年の500円硬貨」

だった。
「昭和64年の硬貨なんて珍しいからとっておこう。」と、缶バンクへから~ん(笑)と入れたのが始まり。

夫「これ、入れていくとけっこう貯まるかな。」
私「試してみる?」(笑)

そして3年後、缶バンクはいっぱいに。

夫「なあ、いくらあると思う?」
私「・・・4、5万じゃない?」
夫「いや、俺はもっとあると思うぞ(ニヤリ)。」

プルトップを引っ張って開封。テーブルの上にぶちまけて二人で数えた。
その結果は、

113,000円!(@@;)

翌日、二代目の貯金箱が我が家へご到着(爆)。
以下、現在の五代目までの経緯をば。

二代目(10万円貯まる貯金箱)→133,000円(1年で達成)
三代目(30万円貯まる貯金箱)→220,000円
(2年で達成、が100円玉を多く入れたので目標金額には届かず^^;)
四代目(50万円貯まる貯金箱)→573,500円!(2年半で達成)

使い道は
初代 →国内旅行代金
二代目→貯金(後日投資にまわしたような^^;)
三代目→サイレントカーブ(80本収納可能なワインセラー)
四代目→夫婦で海外旅行。

と相成った(^^ヾ。今、五代目が細々ながら確実に進行中p(^^)q。

人に話すと「よく貯められるねぇ^^;」と感心されるが、コツは簡単。

・無理しないこと。お金がないときは入れない。
・貯金箱の存在を”思い出さずに忘れずに”いて、目立たないけれど目に入る場所に置く。
・時々重さを計り(体重計を使用)、大体の金額を把握する。

私の経験から言うと3つ目が特に重要。
定期的に金額を算出((貯金箱の重量(g単位)÷7g)×500)することで、「貯まってる(^0^)」と実感がわく。最初のうちは「えっ・・・これだけ?(TT)。」とがっくりしても、続けていると「おっ(@@)」と思う瞬間が必ず来る。
500円硬貨一枚の重さはたった7g、だけど続けているとキロ単位になり、満杯の時はずっしり。是非皆様にもこの重みを味わっていただきたいと存じます^^。

それと我が家では縁起をかついでいて、

・貯金箱を開封する時に「昭和64年」を探し出し必ず次代の最初の一枚にすること。

つまり呼び塩ならぬ、呼び硬貨(笑)。
てなわけで本当の到達金額は前述よりそれぞれ500円少ないけれど、
「初心忘るるべからず」
の意味をこめて必ずこれを行う。時には儀式も必要ですから~。

で、気の早い私は五代目がまだまだなのに次の貯金箱は何にしようかなと考えてる。何せ「○○円たまる貯金箱シリーズ」は「100万円」までいっちゃってるからもう次がない。とは言っても「10万円」に戻るのもなんだかなぁ^^;。
でちょっとぐぐって見たら・・・・・・こんなん出ました(・・;。

金額は上を目指せるけど置く場所がないですね(^^;)。何より目立ちすぎ。いくら風水ってもねぇ(苦笑)。
ちょっと趣向を変えてお手軽サイズのこれかなぁ。でも下から抜いちゃいそうだからやっぱりダメ(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Dec 14, 2005

ジブリの新作は「ゲド戦記」

公式サイトによると監督は宮崎駿氏のご長男宮崎吾朗氏。来年7月公開予定。さすがジブリ、日経新聞にまでカラーでこの記事が掲載されてた^^;。

この発表を聞いた私の一発目の感想は

「他に人材いないの(・・)?」 (苦笑)。


ジブリの内情はこれこれの中で押井守氏が語っている。押井氏の目線で語られているため、鵜呑みにするのは勿論危険。だけどこのニュースを聞いた今、「やっぱり?」と思っちゃいます、正直なところ(苦笑)。

でも神山氏が押井氏の”模倣者”として頭角を現したように、吾朗氏もいい意味で父親を”模倣”しつつ独自性を出せればいいのでは、と思う。鈴木プロデューサーも抜擢した以上フォローはするだろうし、ジブリには優秀なスタッフも揃っている。普通以上のものはできるんじゃないかな。

| | Comments (14) | TrackBack (5)

Dec 13, 2005

「またまた へんないきもの」

以前エントリした本の続編。丸善に平積みされてました(^^ヾ。

まだ半分くらいしか読んでないけど、精緻なイラストと風刺たっぷりの文章は健在。

「ほぉ~~(・・)」

「げっ、これ気持ち悪い(^^;。」

「このネーミングサイコー~(^0^)」

てな具合に楽しめます^^。

時折イラスト頁の隅に、ちょっとしたマンガが描かれているのが目新しい。
装丁はオレンジ色で、帯のコピーもまた良し^^。
寒くて外出がおっくうになりがちなこの時期、おうちで軽く読むのにオススメです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Dec 12, 2005

ユーロ高^^;

1ユーロ=143円ってなんですか、これ^^;。
ドルも120円-121円あたりをうろうろで円安加速中。

こないだ円に戻さなきゃ良かったわ(--;・・・・・>ユーロ預金。
でも損しなかったからいいか(苦笑)。欲張らない欲張らない。

にしてもユーロのこの動き、今年頭の状況に似ている気がするのは私だけ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 11, 2005

”雪”のないクリスマス

ポインセチアで作られた真っ赤なツリーにはたくさんのオーナメント。メインストリートに並ぶホテルの玄関にはイルミネーションが輝き、街のあちこちに素敵なリースが飾られてた。ぱっと見には日本の街と同じ風景。唯一つ、リースやツリーに”雪”がないことを除けば。

10年とちょっと前のこの季節、私は夫に同行してホノルルを訪れた。夫婦で訪れた二度目のハワイはクリスマスを控えとても華やかな雰囲気だった。夜、二人でワイキキ周辺を歩きながら、

私「きれいだねー(^0^)。でも、リースにもツリーにも”雪”がないね。」
夫「そりゃそうだろ^^;。ここはハワイだ。。」

てな会話を交わした。

そして翌日の早朝、夫はそのイルミネーションの中を走り、私は灼熱の太陽の下カピオラニ公園で彼を待った。そしてその夜、自己ベストで完走した夫と一緒にまたイルミネーションの中を歩いた。

夫「脚が痛い(T^T)。肩が痛い(T^T)。」
私「名誉の勲章でしょ(^^;。お疲れさん。」

と言葉を掛け合いながら。

きれいだったな。
楽しかったな。

今もなお記憶に鮮やかな南国のクリスマスの想い出、でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 10, 2005

「リーンの翼」ファーストプレビューのれびゅー(もどき)

ひー(^^;、なんですかこののっけからのハードな展開は!

来週からの正式配信に先立って始った「リーンの翼」の無料配信第一話をさっき見ました。
一発目からもろ「ダンバイン」終盤の地上VSバイストン・ウェルを思わせる展開。ハードな戦闘シーンと並行するトミーノ御大お得意のドロドロ家族関係&台詞回し&画面構成^^;。
そしてたたみかけるような展開の後に姿を現す”リーンの翼”。
期待を裏切らない出来であります(・・)。
エンディングクレジットを見れば脚本・絵コンテとも御大自ら、気合が入ってますね^^;。
BGM,、エンディング曲もとってもよいです(^^)。

続きが気になるなぁ^^;。有料配信でも見るべきか・・・・悩んでます(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだまだ続くひどい話

耐震強度偽装事件の波紋がどんどん広がっている。関係各社は自己弁護と責任転嫁の発言ばかり。被害者の方々は夜も眠れない生活を送っているというのに、件の一級建築士は公の場に出てこないまま。「体調が悪い」?はぁ?何言ってるのっ!
あなたが設計したマンションで夜も寝られない思いをしている人がいっぱいいるんだよっ!

「見たくないから見ない、気がついても言わない、言っても聞かない。
 そして破局を迎える」


これは「イノセンス」のバトーの台詞だけど、まんまこの事件に当てはまってますね。関係者の誰もが見るべきものを見なかったばかりに被害者は増え続けるばかり。
事件を引き起こした関係者への法的制裁がなされ、被害者の方々にきちんとした救済策が示されますように。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 09, 2005

diablo

この単語、手元にある古~いスペイン語辞典によると意味は

悪魔」。

報道によると、広島女児殺人事件の容疑者は、「悪魔が身体の中に入ってきた。」と供述していた。でも辞書には別の意味もしっかり載っている。

抜け目なく機敏な人

って意味が。
経歴を隠すための出生届の偽造、偽造パスポートを金銭で入手して日本に出稼ぎ。やることにほんとに抜け目がない。犯人の行動は、この単語の意味、そのまんまだ。

もうすぐクリスマス。
一年で一番華やかな季節なのに、女の子のご家族がどんな想いで過ごされているかと思うと胸が痛みます。
国や自治体を挙げて再発防止に取り組むと共に、犯人に極刑を、と願います。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Dec 08, 2005

「熟年離婚」最終回

抱きしめる愛があれば、放つ愛もあるということ。(中略)自分の親も子も、時には夫も放つことでお互いに幸福になってください。
    - 時実(ときざね)新子著 「愛ゆらり」 1991年8月15日第一刷  p61より引用 -

真っ先にこの文章が浮かんだ最終回だった。

妻から三行半をつきつけられた夫は現実を受け入れ徐々に変わっていく。そして妻は妻で自分の人生を歩みながらも大きな壁に突き当たる。紆余曲折を経て家族が笑顔で集まった夜、「戻ってきたい。」という妻を夫は突き放す。

「自分で決めたことを貫いて幸せになって欲しい。」

元夫からのエールに元妻は未来に向かって歩き出した。そして子供たちが巣立つと同じに夫もまた新しい人生を歩みだす。

一緒にいることに価値を見出すのではなく、それぞれが幸せな人生を歩くことをよしとする。
いいドラマでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2005

SAKURA 来春リリース!

pino

この秋マランジュでは葡萄が「桜」になったとさ(^^)。

上の写真はヴァンダンジュの際に撮ったピノノワール。来年2月、ドメーヌ・シュブロからこのピノ・ノワールで作られた新しいワインがリリースされる。パブロ&かおりご夫妻がプロデュースするワインの名前は「SAKURA 2005」。

ピンクのロゼと聞いて、仲睦まじかったお二人を思い出す。きっとやさしい素敵な味でしょうね。とても楽しみです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 05, 2005

Le Haut Medoc de Giscours 2000

hautmedocgiscours 

色は明るいルビー色。リムはちょっとオレンジだけどコアとの差はそんなになし。脚は・・・・長いけどまだまださらさら。
スワリングすると黒胡椒の奥に八角の香り、土っぽさあり。
肝心のお味はミディアムボディで軽めのタンニンが心地いい。余韻は短め。いい意味での水っぽさがついついもう一口を誘う(^^)。バランスがよくて飲みやすく楽しいワイン。

この「ル・オー・メドック・ド・ジスクール」はシャトー・ジスクールがオー・メドックで作っているACオー・メドックワイン。マンガ「神の雫」で紹介され、このマンガを愛読している夫がネットショップで購入した。お値段は確か1800円くらい。デイリーには高いけど、週末に飲むにはちょうどいいんじゃないかな。
オススメです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2005

La Tache 2002

LaTache2002DRC一族のやんちゃな次男君、本日我が家にご到着(・・)。
早速左の写真を撮ってから、セラーへご案内~(^^)/。

個人的には高貴なお兄さん(ロマネ・コンティ)よりこの弟のほうが好きなのよね。97年しか、飲んだことがないんだけど^^;、

初めて飲んだ時
「ほんとにこれがピノ・ノワールなのっ!!」

と思うくらい力強い味と濃縮感にびっくりした。それまでブルゴーニュワインでは一番好きだったシャンボール・ミュジニーが私の中であっさり二位に後退(^^;。
難点はとってもお高い(T^T)こと。ボーナスの時じゃないと絶対に買えません。おまけに毎年値段が上がってる。これはなんとか良心的な値段で手に入れたけど、2003年物は収穫量が少ないからもっと高くなるかも(ため息)

デイリーワインは別にして、今年予定してた高級銘柄の購入はこれで打ち止め。
さ、年末に向けて節約に励もう(^^;。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 03, 2005

もう12月^^;

一年がたつのはなんて早いの^^;。もう12月なんて信じられないわ(汗)。年賀状も書いてないのに。

これって温暖化のせいもあるのかな。東京都心で見かける銀杏の木にはまだ青々としたのもあって今ひとつ師走の実感がわかない。ま、そんなものはいいわけにならないんだけど。

とにもかくにも山ほど撮ったフランスの写真から年賀状の写真を選ぼう。大掃除はその後だわ(--;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2005

悪夢再び

4年ほど前、友人親子と食事した帰りの電車の中での出来事。

「何、これ?」
娘のIちゃん(当時小学生)の鞄にぶら下がっていた丸い物体を私は手に取った。見ると紐みたいなのがついている。それをつまんだ途端

「引っ張っちゃ駄目っっ!!!!それ防犯ベルなの!」

Iちゃんの慌てた声に私はすぐ手を離した。ほっとした顔をするIちゃん。
その横でIちゃんの母である友人が私にこう言った。

「・・・・・最近物騒だからこういうのを持たせてるの。気休めでしかないけどないよりはましでしょ?こんなものを子供に持たせなきゃいけないなんて、嫌な世の中よ。」

友人は言い終わると小さくため息をついた。

昨日、広島の事件が解決した。容疑者は日系三世の無職の男性。そしてまた栃木で小学校一年の女の子が行方不明になり、茨城で同じ年頃の女の子の遺体が見つかったという。身元が誰であれ痛ましすぎる。

どうして小さな子供ばかりが狙われるんだろう。しかもその犯人たちは判で押したように「無職の男性」が多い。無職であることは人それぞれ事情があるから何ともいえないが、行きずりの幼い子供を手にかけるなんて何かが狂っているとしか思えない。

もうすぐ冬休み。クリスマス、お正月と子供たちにも親御さんにも楽しい季節。どうかこれ以上こんな事件が起こりませんように。

あいりちゃんのご冥福を心からお祈りいたしますm(__)m。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 01, 2005

LAT.43°Nにて(その3)

クリスマスに備えてか札幌のサンタさんはお休み中(笑)。

tower

ドリカムが歌う「LAT.43°N~forty-three degrees north latitude」はせつない遠距離片想いの曲。この曲に出てくるホワイトイルミネーションに行って来ました^^。
zenkei
テレビ塔付近のイルミネーション。まだ雪もないせいか空いていました。
それでは眼にとまったイルミネーションの写真をどーぞ(・・)/。
hana1
道路をひとつ隔てた所にあったお花のイルミネーション。ピンクがかわいい^^。

hana2
これはすずらん。グリーンのランプが爽やか。

tree
上のピンクの花の近くにあったイルミネーション。モデルは白樺?

tree2

これはテレビ塔傍にあった木のイルミネーション。ピンボケでごめんなさい^^;。

会場ではちょうど「ミュンヘン・クリスマス市 」が開催(これもピンボケですね。すみません^^;)
kaijyo

ドイツの民芸品や食べ物ホットワイン が来場者の人気を集めていた。

とても寒かったのでホットワインを買って夫と分けて飲んだ。熱いと飲みづらいホットワインも少し温度が下がると酸味が取れておいしくなった。今度安い赤ワインを買ってきて家でも作ってみようかな。風邪薬より効きそうだし(笑)。

楽しい2泊3日の旅は瞬く間に終った。雪がないのは残念だったけどおいしいものをいっぱい食べて大満足^^。そして無事に帰って来れたことが何より。

「LAT.43°N」の旅行記は今回で終わり。読んでくださった方、お忙しい中時間を裂いて頂きありがとうございましたm(__)m。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »