« 「熟年離婚」最終回 | Main | まだまだ続くひどい話 »

Dec 09, 2005

diablo

この単語、手元にある古~いスペイン語辞典によると意味は

悪魔」。

報道によると、広島女児殺人事件の容疑者は、「悪魔が身体の中に入ってきた。」と供述していた。でも辞書には別の意味もしっかり載っている。

抜け目なく機敏な人

って意味が。
経歴を隠すための出生届の偽造、偽造パスポートを金銭で入手して日本に出稼ぎ。やることにほんとに抜け目がない。犯人の行動は、この単語の意味、そのまんまだ。

もうすぐクリスマス。
一年で一番華やかな季節なのに、女の子のご家族がどんな想いで過ごされているかと思うと胸が痛みます。
国や自治体を挙げて再発防止に取り組むと共に、犯人に極刑を、と願います。

|

« 「熟年離婚」最終回 | Main | まだまだ続くひどい話 »

Comments

shamonさん

はじめまして。コメントどうもありがとうございます。
子どもが犠牲になる悲惨な事件が増えていますね。
同時に、子どもが残虐な行為に及ぶ事件も増えています。
人々が互いに嫌疑の目線を交わすような、
実に世知辛い日常がすぐそこまで来ているのかもしれません。

子どもは守るべき存在であることを、改めて再確認させられます。
仰るように、近所と連携・・・確かにそれしかないのかもしれませんが、
今回は、そのご近所さんが容疑者でした。

自分の子どもは自分で守るしかないのかもしれません。

Posted by: shun@娑婆に出る | Dec 10, 2005 at 02:19 AM

また、今日も!
「どこが安全な場所なのか」と、戸惑う保護者。
本当に世の中はどうなっちゃっているんだろう。

Posted by: mada | Dec 10, 2005 at 07:15 PM

>shunさん
いらっしゃいませ^^。TBありがとうございました。

>自分の子どもは自分で守るしかないのかもしれません。

車での送り迎えも「過保護だ」なんて言っていられない世の中ですね。ほんとにいつからこんな時代になったのやら・・・。

>madaさん
まさか塾の講師が・・・ですよね。
親御さんの心中を考えると・・・です。亡くなられた女の子のご冥福を祈ります。

Posted by: shamon | Dec 10, 2005 at 08:10 PM

最近は子供が犠牲になる事件が本当に多すぎますね。
普段生活していく中で、下手に声をかけて己が疑われないためには、
困っている子供を見かけても【見て見ぬ振り】を
しなくてはならないのか―
子供にとっても大人にとっても生きにくい世の中になったものです。
一刻も早い法整備と未解決事件の犯人検挙を祈るばかりです

Posted by: お嬢 | Dec 13, 2005 at 10:14 AM

いらっしゃいませ、お嬢さん^^。

>子供にとっても大人にとっても生きにくい世の中になったものです。

ですよね・・・。
百貨店等であれば店員さんに「あの子、迷子みたいですよ。」と保護をお願いできますが、駅や雑踏の中ではなかなか・・・。

栃木の事件も早く解決してほしいと祈っています。亡くなった女の子へのせめてもの供養とその地に住む人々の安心のために。

Posted by: shamon | Dec 13, 2005 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/7539608

Listed below are links to weblogs that reference diablo:

» 児童殺人から考える2つの不安 [娑婆に出る]
広島と栃木で起こった残虐な児童殺人事件の持つ社会的ダメージは思いのほか大きい。2つの事件の犠牲者はともに小学1年生。友達と別れて一人で下校するところを狙われた。朝日の社説は「諸外国の取り組みに比べると、日本はこれまで子どもを狙う事件を軽く扱いすぎてきたきら....... [Read More]

Tracked on Dec 09, 2005 at 07:13 PM

« 「熟年離婚」最終回 | Main | まだまだ続くひどい話 »