« お二つ追加(・・)? | Main | 「サイドウェイ」 »

Nov 02, 2005

「雲のむこう、約束の場所」

時代設定は日本の"もう一つの戦後"。
日本は津軽海峡で分断されていて、別の国となった北海道には謎の巨塔が立っていた。その塔まで自作の飛行機で飛ぼうと夢見るヒロキとタクヤ。そこへ二人が淡い想いを寄せる同級生のサユリが加わる。
三人で放課後
「いつかきっとあの塔まで飛ぼう」
と約束するが、中学三年の夏を境にサユリは姿を消す。
そして三年後・・・・サユリと塔の思いがけない関係を知った二人は”約束の場所”へと彼女を連れて行こうとする。公式サイトはこちら

「ポスト宮崎駿」と呼ばれる映像作家新海誠(しんかい・まこと)の初の長編映画。原作・脚本・監督・撮影・美術を担当して才能を発揮し、ため息が出るような美しい映像作品に作り上げた。

先が見えないストーリーも面白いが、画面構成のうまさ、特に光の描写がとても印象に残った。登場人物の微妙な心理を上手に光で表現している。青森の青い空と海を舞台に三人が織り成す切ない青春ストーリーを天門氏の美しい音楽が盛り上げ、じわじわと心に染み入る作品。話の伏線になっている戦争の脅威が話を引き締めていて見て損はないと思う。

”もう一つの戦後”を扱った作品には沖浦啓之氏の「人狼 JIN-ROH」がある。こっちはひたすらハードボイルドだったので実に対照的な感じがした。戦争物と青春ストーリーの違いはあれど、リアリズムにこだわった沖浦氏と叙情性にこだわった新海氏の個性の差とも言えるのでは。

公式サイトに「12/8にNHKのBS2で放送決定」とあった。DVDはもう返却しちゃうからBSでまた観ようかな^^。

|

« お二つ追加(・・)? | Main | 「サイドウェイ」 »

Comments

面白そうな作品ですね。
気になるキーワードがいくつもある。
特に「光の描写」って、どんなだろう。
ふむふむ、12月8日ですね。 φ(..)メモメモ

Posted by: 酎犬八号 | Nov 05, 2005 at 09:39 PM

いらっしゃいませ、酎犬さん。
例のエントリはしばしお待ちを。

>面白そうな作品ですね。
最初の三分の一は青春物、残りはSFサスペンスって感じでしょうか。いい作品ですよ。
キャスティングもいいです。主役三人を実写の俳優さんがやって脇をベテラン声優さんが固めてます。

是非BSで観てくださいね~^^。

Posted by: shamon | Nov 07, 2005 at 07:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/6861383

Listed below are links to weblogs that reference 「雲のむこう、約束の場所」:

» 雲のむこう、約束の場所 [避難場所]
DVDで「雲のむこう、約束の場所」を観ました。 これはかなり良い!と思いました。 とりあえず、私が良いと思った点を挙げます。 ・映像がきれい。 ・主題歌をはじめ、音楽が素晴らしい。 ・青春であり、なおかつけっこうハードな設定のSFでもあるのだが その融合バランスがいい。 ・主な登場人物は若いのに、全体の語り口がガキっぽくない。 (この点で言えば、マンガ版「機動警察パトレイバー」を彷彿とさせた。) ・吉岡秀隆、萩原聖人の両氏は、おそらく声優としての経験は 決して多くないと思..... [Read More]

Tracked on Nov 16, 2005 at 01:37 AM

» 雲のむこう、約束の場所 [避難場所]
DVDで「雲のむこう、約束の場所」を観ました。 これはかなり良い!と思いました。 とりあえず、私が良いと思った点を挙げます。 ・映像がきれい。 ・主題歌をはじめ、音楽が素晴らしい。 ・青春であり、なおかつけっこうハードな設定のSFでもあるのだが その融合バランスがいい。 ・主な登場人物は若いのに、全体の語り口がガキっぽくない。 (この点で言えば、マンガ版「機動警察パトレイバー」を彷彿とさせた。) ・吉岡秀隆、萩原聖人の両氏は、おそらく声優としての経験は 決して多くないと思..... [Read More]

Tracked on Nov 16, 2005 at 01:37 AM

« お二つ追加(・・)? | Main | 「サイドウェイ」 »