« 「公安9課ファイル」 | Main | まずまずの成果 »

Nov 19, 2005

ひどい話

マンションやホテルの構造設計書偽造問題の波紋が広がっている。

明らかになればなるほどひどい話ですね。
建築士が偽造したってだけでなく、審査する機関も手を抜いてたってなんですか、それ。

被害に遭われた方々には心底同情する。何千万もの借金を抱えてやっと買ったマイホームがこんなことになっては泣くに泣けない。賃貸なら引っ越せばすむけど、それだって経済的精神的に負担がかかる。大繁盛してたホテルもこの件で営業を休止。会社も宿泊客も大迷惑ですね。

建築士は免許取り消しで、審査機関にもそれ相当の処分が下されるらしいが、顧客がかぶった損についてはどう補償するんだろう。なんだか被害者側の泣き寝入りになりそうな雰囲気がする。でも購入者に非はないんだからちゃんと補償してあげて欲しい、と願う。

|

« 「公安9課ファイル」 | Main | まずまずの成果 »

Comments

 こんちはー(^^)v
 まさにおっしゃる通り。分譲で買った人はたまったものではありません。
 私のところはすべてのプロセスをディスクロジャーをしていたので安心して買いました。また専有部分も不具合が見つかった場合、3年間は無償で瑕疵(修繕)をしてくれます。
 都市公団の物件は過去に1回でも手抜きをしていると一切下請け・孫請けから排除されます。
 鉄筋の場合の手抜きはコンクリートを薄めるのが多いらしいです。

 BJの楽しみ方は1/2。さすがワイン博士です(^^)

Posted by: シン | Nov 20, 2005 10:55 AM

まいどですぅ(^^)。

やっぱり業者は選ばなくちゃいけないですねぇ^^;。

>コンクリートを薄めるのが多いらしいです。
あ、建築士の友人から聞いたことあります。業界用語で
「しゃぶしゃぶ」って言うらしいですね。

>さすがワイン博士です(^^)
いえいえ、シンさんには負けますわ(^。^)。

Posted by: shamon | Nov 20, 2005 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひどい話:

« 「公安9課ファイル」 | Main | まずまずの成果 »