« ひねもすフランス紀行(その10)- Au revoir - | Main | ひねもすフランス紀行(その12)-帰国そして皆様へ御礼- »

Oct 12, 2005

ひねもすフランス紀行(その11)-ディジョン-

dijon

何故ディジョンに凱旋門が?いえいえこれはギョーム門。凱旋門と違って中には入れません(笑)。

マランジュを午前中に発った私たちはTGVに乗るまでの2時間をここで過ごした。駅バゲッジサービスに重い荷物を預け、いざ観光へ。四日前、ボーヌへ行く道がわからずレンタカーでさまよった(苦笑)街の中を今度はのんびりと歩いた。
ディジョンはかつてブルゴーニュ公国の首都だった町で、ボーヌより少し大きい。ちょうど土曜日のマルシェ(市場)だったので街はとても賑やかだった.
marche

奥に見えるのはノートルダム教会。13世紀のゴシック様式で建てられている。正面の雨どい部分には怪物の彫刻がずらっと整列。

allmonster

思うにこれらは魔除けなんだろうか。下の写真は上の写真の一部拡大図。

monster
もうちょっと大きく撮れると良かったのですが、所詮IXYでは・・・これが限界。

この教会には他にも名物がある。それは「幸福のふくろう」。左手で触ると幸せを運んでくれるらしい。(夫の手が写ってます)。
fukurou

まあるい目がかわいいふくろうはどこの国でも愛されるのかな。ディジョンではあちこちでふくろうの置物やキーホルダーが売られていた。

歩き回るうちお腹が空いたので、駅を戻る道すがらケバブ屋で昼食をとる。
写真を見ながら注文した途端、いきなり店員の口から

「ニホンジンデスカ?」。

ずるっ^^;。
お願い、フランス語で聞いて>店員さん。
ヒアリング能力ゼロの私でもそれくらいわかりますっ。

昼食を済ませると私たちは出発に備えて駅に預けた荷物を受け取りに行った。しかしそこで私たちを待っていたのは、

「バゲッジサービスは12:30~14:00まで昼休みです。」
(とフランス語で書いてあった)。

の貼り紙(^^;。

があぁぁぁん・・・・・・・・・・。

予約していたパリ・リヨン行きTGVの発車時刻は14:06
果たしてたった6分間で荷物(スーツケースの推定重量は30kg超^^;+小さめキャリーケース)を受け取り、一番端のホームまでかついで走れるか?乗り遅れたら切符は全部買い直し。手持ちのユーロ現金は残り少ない。

どうする?あたしたち、どうするよっ~~~!!!

夫婦で相談すること約10分、時間変更すべく駅の窓口に私たちは並んだ(--;。
あーあ。

|

« ひねもすフランス紀行(その10)- Au revoir - | Main | ひねもすフランス紀行(その12)-帰国そして皆様へ御礼- »

Comments

ん~、ディジョンって名前は聞いた事があるような。
ノートルダム寺院?のある街なんですね。
どの街も花がイッパイで、素敵です。

フランスってバケーションも長いけど、昼休みも長いの?(昼寝の時間があるのはフランスだっけ

Posted by: 酎犬八号 | Oct 13, 2005 at 12:25 AM

こんばんは~。

ディジョンは食通の町で有名ですぅ^^。マスタードとエスカルゴとワインの街。

ノートルダムって名前のつく建物はフランスのあちこちにあります^^;。一番有名なのはシャンパンで有名なランスのノートルダム大聖堂かな。

>どの街も花がイッパイで、素敵です。
花といえば葡萄畑の近くには時々バラが植えられています。病気に弱いバラは病害虫のアラーム代わりになるんですよ^^。

>昼休みも長いの?
大体1時間半ですね^^;。だからディジョンでは何もお土産が買えなかった(TT).

昼寝の時間があるのはスペインですね。確かシエスタって言います。

Posted by: shamon | Oct 13, 2005 at 08:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/6362983

Listed below are links to weblogs that reference ひねもすフランス紀行(その11)-ディジョン-:

« ひねもすフランス紀行(その10)- Au revoir - | Main | ひねもすフランス紀行(その12)-帰国そして皆様へ御礼- »