« 残高はゼロよ | Main | 秋深し »

Oct 28, 2005

CHATEAU LYNCH-BAGES 1995

lynchbases えー、久々のワインエントリはこれまた久々に飲むポイヤック物。格付け5級のランシュ・バージュはアメリカで人気の高い銘柄。

ヴィンテージは1995年。良作の年でワインにもそれがしっかり出ていた。
かすかな腐葉土の香りに混じりナッツ、カシス、スパイスの香りがした。夫によると腐葉土の香りはランシュ・バージュの特徴とのこと。色はガーネット色に近い深みのあるルビー色。ちなみに一般的に言われる”ワインレッド”とはボルドーワインの色を指すそうな。
味はさすが格付け5級だけあって、香りと同じく複雑。タンニンはかなりなめらかになっていて飲んだ後の余韻長し、ついでに言うと脚も長い。
クルミパンとの相性は最高で同時に口に入れると素敵なマリアージュ(^^)。でもラフィット(格付け1級筆頭)と比べると華やかさが、ラトゥール(格付け1級)と比べると力強さが足りない。「ランシュ・バージュの実力は2級クラス」って言われているけど、まだまだって気がする。とはいえ全体的なまとまりはとても良く、ポイヤックの柔らかさをしっかり感じられる良いワイン。

数年前買ったときの値段は6000円くらいだった。現在の市価は10000円~18000円。
「ちょっとその値段では・・・」という方には「Michel Lynch」がおすすめ。
このシャトーが出しているAOCボルドーのお手ごろワイン。年の離れた末っ子ってとこかしら。ミディアムボディで飲みやすくお値段も1500円前後とお手ごろ。量販店でもよく扱っているので入手もしやすい。毎年買っていくとヴィンテージの違いが感じられて楽しめる。この価格帯の赤はチリやカリフォルニア物に押され気味だけど、フランスも負けてはいません(笑)。

|

« 残高はゼロよ | Main | 秋深し »

Comments

参考になります。6000円なら良いですが、それ以上は高いですか。一級から五級と言うのはどちらの格付けでしょうか?

ムートン・ロスシルドの95,96年物は、100ユーロ程でしたが、ダースで買うには高すぎる。

私はポイヤックでも、直接買い付け出来そうな所を探したのですが、結局は興味あるのは見付からずでした。

メドックの95・96年物は、まだ少々あるのでとって置いた方が良さそうですね。

Posted by: pfaelzerwein | Oct 29, 2005 04:17 AM

pfaelzerweinさん、こんばんは^^。

>それ以上は高いですか。
正直なところ、今10000円以上ならこれは買わないですね。これ以上向上しそうにない感じでしたし、味も香りもへたるのが早かった。せいぜい8000円が妥当じゃないでしょうか。
95年物リリース時の日本は異常なワインバブルだったため、それがまだ尾を引いている感じです。

今同じ95年で10000円以上出すなら
・コンテス・ラランド
・トロタノワ
・コス・デストゥルネル
・レフォール・ド・ラトゥール
のどれかですね。あくまで私の好みですけど。


>どちらの格付けでしょうか?
1855年のメドックの格付けです。

>ムートン・ロスシルドの95,96年物は、100ユーロ程でしたが

100ユーロということは今のレートなら14000円弱ですか。やはりそちらだと日本で買うより格段に安い金額ですね。ムートンの95年は日本だと30000円以上します。

>とって置いた方が良さそうですね
そうですね。まだ10年しか経っていないし、銘柄によっては熟成にもっと時間がかかるでしょうから。ラトゥールなんかはまだまだでしょう。

Posted by: shamon | Oct 29, 2005 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CHATEAU LYNCH-BAGES 1995:

« 残高はゼロよ | Main | 秋深し »