« ひねもすフランス紀行(その4)-シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ- | Main | ひねもすフランス紀行(その6)-オテル・デュー- »

Oct 04, 2005

ひねもすフランス紀行(その5) -ロマネ・コンティとラ・ターシュ-

DRC-h

ここは銘醸畑が多いことで有名なヴォーヌ・ロマネ村。その一画で後ろの葡萄畑を守るように十字架が誇らしげに立っていた。この畑から世界最高のワイン「ロマネ・コンティ」が生まれる。その名前を聞いてから十数年、やっとこの地を訪れることができて二人とも感無量だった。

葡萄がたくさん見られるといいなと思っていたが、残念ながら収穫は既に終っていた。これはちょっと残っていた葡萄を撮影したもの。うーん、一足遅かった^^;。
rc-mi

ロマネ・コンティの後はラ・ターシュに寄った。ご存じない方のために説明するとロマネ・コンティの弟分ってとこかな。比較されることが多く、ロマネ・コンティが品行方正で非の打ち所のない兄なら、ラ・ターシュはちょっとワイルドな弟ってとこかしらん。でも万人に愛される点は一緒。そして入手困難なところも一緒。近くリリースされるはずの2002ヴィンテージは既に水面下で争奪戦が始まっている。こっちは葡萄がたくさん残っていた。
tache

参考までにヴォーヌ・ロマネ村の見取り図と写真をば。
vrmap

観光客向けに各畑の名前が書いてある。なかなか親切。でも見物客はほとんどいなかった。平日だったせいかな。

village

ラ・ターシュから見たヴォーヌ・ロマネ村。とても静かできれいな村だった。
この静けさがずっと続きますように。
車に乗り込みながらそっと心の中で祈った。

|

« ひねもすフランス紀行(その4)-シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ- | Main | ひねもすフランス紀行(その6)-オテル・デュー- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひねもすフランス紀行(その5) -ロマネ・コンティとラ・ターシュ-:

» Tasse des vins [ワイン&レストラン Petit Cervin 軽井沢 ]
このところ、クルマ系に話題が偏ってしまいましたが、またワインに戻ります。 写真の一見灰皿のような物が「タス デ ヴァン」です。ブルゴーニュ地方ではCave(地下室)でワインの状態を見るときに使います。一般的な試飲(デギュスタシオン=テイスティング)とは意味合いが違っています。 後ろのボトルは「ラ ターシュ」 82年!! 知らない人には、だから「なに?」と言われそうですが、これ「スゴインデスよ」 ... [Read More]

Tracked on Oct 07, 2005 11:50 PM

» ワインの木箱 [ワイン&レストラン Petit Cervin 軽井沢 ]
<font><font>Romanée-Conti<font><font> レストラン内のインテリアに古びたワインの木箱の一部を飾っています。 写真下にアップしました。<font>ロマネコンティ社の1988年の物です。 ... [Read More]

Tracked on Oct 08, 2005 12:09 AM

« ひねもすフランス紀行(その4)-シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ- | Main | ひねもすフランス紀行(その6)-オテル・デュー- »