« 9.11 | Main | じんべえ(・・) »

Sep 12, 2005

遠雷

昨日の午後、東京は激しい雷雨に見舞われた。その時私はリビングで寝転がって雷の音を聞いていた。夢と現の間をさまよいながら耳に届く遠雷に幼い頃の記憶が蘇った。

私が生まれ育った街ではちょうどこの頃に秋祭りがあった。だんじりや夜店がでてとても賑やかで、子供心に楽しみだった。母に浴衣を着せてもらい友達と一緒に出かけていた。

祭りが近づく頃になると遠雷と共に土砂降りの雨がよく降った。夏の終わりの遠雷は秋の使者、その証拠に降るたびに通り抜ける風は涼しくなっていった。
祭りが始まると町のあちこちでだんじりの太鼓の音や子供たちの歓声が響いた。久しぶりに着る浴衣にはしゃぐ女の子たち、半被姿がいつもよりかっこいい同級生の男の子、夜店の裸電球の灯りにきらめく金魚すくいやヨーヨーの水槽、その一つ一つを今もはっきり思い出せるのはどうしてなんだろう。雨の後に残るむせかえるような水の匂いも体が覚えている。

でもその町も阪神大震災で壊滅した。激しい液状化は町の形を変えてしまったと風の噂で聞いた。私が知っている故郷の町はもうない。

|

« 9.11 | Main | じんべえ(・・) »

Comments

 こんばんは(^^)v

 そうでしたかぁー。私の本籍は兵庫県神戸市付近ですが去年三宮が復興していたのに唖然としました。心の痛みが癒えるのを祈ってます。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

 たまには関西弁でのブログもいいんじゃないですか?私は話せないけど(^^)v

Posted by: シン | Sep 13, 2005 10:58 PM

こんばんは~、シンさん。

>心の痛みが癒えるのを祈ってます。
ありがとうございます。普段はそれほど気にしていないのですが、楽しい思い出がありすぎるためこの季節はちょっとブルーになります^^;。

>関西弁でのブログ
似たようなことを同僚に言われました。
「メールだと標準語なのね」って(苦笑)。
ただ単にパソ通時代からの癖なんですけど。

Posted by: shamon | Sep 14, 2005 07:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遠雷:

« 9.11 | Main | じんべえ(・・) »