« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

Sep 30, 2005

黒いブルドッグ?

bulldog

まるでディズニーの悪役キャラのようなこのクルマ。シャンゼリゼ通りにあるプジョーのショールームに展示されていた。いかついフロントだけどまあるいフォルムがかわいい。
名前を控えられれば良かったのだが、見物客がすごくてこの写真を撮ると早々にショールームから退散した。

来月中旬、幕張で東京モーターショーが開催される。プジョーも出品する予定とか。
このブルドックくんに逢えるかな?
逢えるといいな(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 29, 2005

阪神優勝(^0^)~

おめでと~(^0^)!!!>タイガース

さて、何を開けようかな(^^ヾ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 28, 2005

ひねもすフランス紀行(その2) -アンヴァリッドとオルセー美術館-

ドーム上の天井に描かれた美しい絵。その絵が見下ろすのは稀代の英雄の棺。拍手と歓声の代わりにカメラのフラッシュが立て続けに浴びせられていた。
アンヴァリッドには英雄ナポレオンが眠っている。

パリの二日目(9/18)、ホテルを出てエッフェル塔付近から住宅街に入った。ふらふらと歩くうち突然広い公園に。右手に金色のドーム上の屋根の建物が見えた。なんだか由緒ありげな建物である。
「なんだ?あれ」
夫がガイドブックを持っている私に尋ねた。
「ちょっと、待って^^;。軍事博物館だけど・・・・・・・中の教会にはナポレオンが眠っているって。」
「じゃ、行くか。」
門でセキュリティチェックを受けたあとカルト・ミュゼ(期間限定美術館フリーパス)を見せて、中に入った。ナポレオンが眠っていたのは敷地の奥にある教会だった。
これがその外見。
invalid

ドーム天井の内装はこれ。

dome
内部は地下一階まで吹き抜けになっており、ナポレオンの棺はその中央に置かれていた。ものすごいフラッシュの嵐(禁止のはずなのに^^;)。英雄に憧れるのは万国共通のようだ。で、ナポレオンの棺はこれ。ちょっと暗いですが^^;。
napoleon

一説によると彼は小柄な男性だったらしい。だけどこの棺は彼の業績に報いたのか非常に大きい。1Fには彼の親族たちの棺があった。

アンヴァリッドを出て地図を見ながらオルセーへ向かった。歩くこと約20分。ルーブルの斜め向かいにオルセー美術館はあった。外見はこれ。
oruse

セキュリティ・チェックを受けてロビーへ。ここまでは入場料がいらない。そしてカルト・ミュゼを見せていざ美術館内部へ。
元駅舎だった雰囲気があちこちに感じられる館内。入り口上部に飾られた大きな時計が印象に残る。重厚なルーブルと違ってどこか明るく親しみやすい感じがした。
で、その大きな時計はこれ。
tokei

1Fから順に絵を見ていった。館内見取り図にはちゃんと日本語版もあって大助かり。ルノワール、ゴッホ、マネ、ドガにルオーやスーラ。日本でもおなじみの画家の絵がたくさん並んでいた。

「ルーブルよりオルセーのほうがいい」と言う人をたまに見かける。明るい雰囲気と広すぎず狭すぎない大きさ、記念撮影に目くじらを立てない緩やかさがいいのかな。正直館内撮影を厳重に禁止する(絵画ゾーンのみだが)ルーブルはちょっと窮屈だった。何せビデオカメラを絵に向けただけで係員が血相変えて飛んでくる有様。モナリザのゾーンでは何人も注意されていた。確かにフラッシュは絵を痛めるため禁止するのはわかる。だけどそれは彫刻等でも一緒ではないかと思う。
ちなみにオルセーは「フラッシュ禁止」ではあるが撮影はオッケーだった。

オルセーを出た後、ノートルダム大聖堂へ移動。が、人が多すぎて入れず。仕方なく隣のコンシェルジュリーへ。ところがこっちは臨時休館で入れずがっかり。
歩きつかれてサン・ルイ島のベンチで少し休んだ。その後ホテルへ帰った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 27, 2005

ひねもすフランス紀行(その1) -ルーブルから凱旋門へ-

今回のフランスへの旅行は夫のある一言から始まった。その一言が何かは後日語るとして(笑)まずは日程の説明をば。

9/16、11時の飛行機で成田発、フランスのシャルル・ドゴール空港に現地時間9/16午後5時着。セーヌ川沿いのホテルへ宿泊。
9/17、パリ観光。ルーブルからコンコルド広場を経て凱旋門。
9/18、パリ観光 オルセーとアンヴァリッド及びノートルダム大聖堂付近。
9/19、パリ観光 コンシェルジュリーとオペラ座周辺
9/20、ブルゴーニュへ移動(詳細は後日アップ^^)
9/21-23 ブルゴーニュにて過ごす(これも後日詳細をアップ。ここでは内緒^^)。
9/24 ブルゴーニュからパリへ移動。前半と同じホテルに宿泊。
9/25 パリ観光の後、夕方シャルル・ドゴール空港へ。パリを7時に発つ
9/26 帰国

このエントリでは9/17について述べていく。ではスタート!

ルーブル美術館
zentai
広いって事は聞いていた。でもこれほどとは思わなかった(^^;。駆け足で回ること6時間。10時に入館して出てきたのは夕方4時を過ぎていた。もちろん内部は本に載っている名作のオンパレード。さすが世界のルーブルである。
交通手段はホテルからメトロを使った。最寄の地下鉄の駅を出るとそこはもうルーブルの受付ホール(ナポレオン・ホール)。そして天井のガラスのピラミッドからの光が多くの観光客に降り注ぐ。
piramid

案内所には各国語の見取り図が置かれていた。そして日本語版見取り図を握り締めて(笑)まずはデュノン翼から入館した。
ルーブルは横に長い「コ」の字型をしている。デュノン翼は「コ」の字の「_」の部分にあたる。そして「 ̄」にあたるのはリシュリュウ翼、縦の「|」はシュリー翼である。もちろんそれぞれに行き来できるようになっている。展示は国や時代ごとのゾーンになっており、有名な「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」はシュリー翼とデゥノン翼の境界近くに、「モナリザ」「カナの婚宴」はデゥノン翼に展示されている。”目には目を”で有名な「ハムラビ法典」はリシュリュウ翼に。
ルーブル訪問の目的は二つあった。12年前神戸のルーブル展でみたアングルの「アンジェリカを救うルッジェーロ」と、新聞で見たルイ・ダヴィッドによる「マリー・アントワネットの最後の肖像画」を見ること。前者はデゥノン翼にあったが、後者は外されたのか見ることは出来なかった。ちょっと残念。
どのゾーンもよかったが、あえて言えばデゥノン翼の「フランス絵画の大作コーナー」には圧倒された。天井に届くのではないかと思える門外不出の大作がずらり。前述のアングルもこのコーナーだった。中央のベンチに座ってこれらを眺めた時間は至福の一時だった。

・コンコルド広場
oberisuku
中央に立ったオベリスクの脇をたくさんの車が走っていく。200年前、そこでたくさんの血が流されたことなどまるでなかったかのように。
ここはルイ16世、マリー・アントワネットが処刑された広場。遠藤周作氏の小説「マリー・アントワネット」でも最後に登場する。ちなみに地図を見ればわかるがルーブル~コンコルド広場~シャンゼリゼ通り~凱旋門は一直線に並んでいる。

・凱旋門
gaisenmon 
ここって中に入れたのね(笑)。全く知らなかったのでちょっとびっくり。もっとも上に上がる螺旋階段には目が回りそうになったが。内部はナポレオンに関する資料がずらり。ちなみに有名なシャンパン「モエ・シャンドン・インペリアル」のインペリアルはナポレオンのことらしい。
屋上に上がって外を見た。
champ

屋上からルーブル方面を望む。この広い通りは有名なシャンゼリゼ通り。こんな感じで放射状にパリの古い町並みは広がっていた。観光客でごったがえしていたシャンゼリゼ通り。さっきまでその雑踏の中に自分がいたことがとても不思議に思えた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やってしまった^^;

時差ぼけで会社に遅刻(T0T)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 26, 2005

帰国

皆様、お久しぶりです。本日午後、無事旅行先より戻ってまいりました。9泊11日に渡る初めての個人旅行は、緊張と驚きそして素晴らしい出会いでいっぱいでした。

旅行の内容については明日から何回かに分けてエントリいたします。まずは予告編代わりに撮った写真を二枚ほど。

まずは

clo 

そして、

drc

です。

二枚ともワインの好きな方にはバレバレですね(笑)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 16, 2005

更新しばらく休みます

当ブログへお越しいただいている皆様、いつもありがとうございますm(__)m。

私事(遠方へ旅行)によりしばし更新を休みます。出先でネット環境があればできるかもしれないですが^^;。ちょっと難しそうなので。

よろしくお願いしますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2005

このまま独走?>阪神マジック点灯

昨日中日が負けたため阪神にマジック13が点灯した。尼崎の商店街ではくす玉が割られカウントダウンが始まっている。うーん^^;、甲子園は西宮市にあるんだけどなー。

夫婦共に阪神贔屓なので喜ばしいことなのだが、今の心境を一言で言うと

「マジデスカ(・・)?」

#「タチコマな日々 第2話」をご存知の方はタチコマの声でお読みください。

である^^;。
何せ一昨年優勝したばかりなもんで実感がわかない。次の優勝は十数年先だと思ってて、気がつけば首位、気がつけばマジック点灯って一体何なんでしょ(爆)。
正直中日がこけるとは考えてなかったってのもある。ここに来て主力投手陣が揃って二軍落ちってどーしたの?>中日。

まだゲーム数もあるし阪神が優勝するかは未定だが、その日に備えて祝杯用のワインを用意しておこうかな。2003年優勝の折はその前の優勝年である1985年のラフィットを開けた。当然今年もラフィットを、当然2003年物を・・・と考えたところで気がついた^^;。

2003年ヴィンテージはまだシャトーで熟成中

ってことに(爆)

うーん^^;。これは困った。届いてなけりゃ開けられない(プリムール予約はしてある)。たとえ届いていても渋くて飲めたもんじゃない。
10年くらい先に優勝伸ばしてくれるといいんだけど・・・・。

はっ、冗談です、冗談っ^^;。
頑張れっ!、阪神(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 14, 2005

じんべえ(・・)

あだち充氏のマンガではない(笑)。
福岡マリンワールドにジンベエザメが仲間入りしたそうな。体長は3.5m。海遊館の遊ちゃんより小さめ。もっともこれから大きくなるんだろうけど。餌やら水槽のお手入れやら飼育係さんは大変だろう。以前見た海遊館の飼育映像では、バケツで餌をあげてたし^^;。

前世は魚だったかもしれないと思うほど、私は水族館が好きだ。大きなアクリル水槽の中で泳ぐ魚たちを見ているだけで幸せな気分になる。子供の頃は親に買ってもらった魚の図鑑を飽きずに良く眺めていた。

一番最後に行ったのは大洗水族館。ここは魚たちだけでなく太平洋の眺望も楽しめるオススメスポット。海水浴客もいなくなって少しは空いているのではと思う。工夫を凝らした館内はずっといても飽きない。ただし欠点もあって、駐車場のババ混みには要注意。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2005

遠雷

昨日の午後、東京は激しい雷雨に見舞われた。その時私はリビングで寝転がって雷の音を聞いていた。夢と現の間をさまよいながら耳に届く遠雷に幼い頃の記憶が蘇った。

私が生まれ育った街ではちょうどこの頃に秋祭りがあった。だんじりや夜店がでてとても賑やかで、子供心に楽しみだった。母に浴衣を着せてもらい友達と一緒に出かけていた。

祭りが近づく頃になると遠雷と共に土砂降りの雨がよく降った。夏の終わりの遠雷は秋の使者、その証拠に降るたびに通り抜ける風は涼しくなっていった。
祭りが始まると町のあちこちでだんじりの太鼓の音や子供たちの歓声が響いた。久しぶりに着る浴衣にはしゃぐ女の子たち、半被姿がいつもよりかっこいい同級生の男の子、夜店の裸電球の灯りにきらめく金魚すくいやヨーヨーの水槽、その一つ一つを今もはっきり思い出せるのはどうしてなんだろう。雨の後に残るむせかえるような水の匂いも体が覚えている。

でもその町も阪神大震災で壊滅した。激しい液状化は町の形を変えてしまったと風の噂で聞いた。私が知っている故郷の町はもうない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 11, 2005

9.11

4年前、超高層ビルに突っ込む二機目の飛行機がTV画面に映った。
生中継で映し出されるその惨事を私と夫はただ呆然と見ていた。
ハリウッド映画の1シーンならよかったのにと、今でも思う。

イラク戦争の発端となった「9.11テロ」。ちょうど今日で4年目になる。
家族を失った人々の心の痛みは今も消えてはいないだろう。そして戦場であるイラクではたくさんの血が流された。なのに首謀者たちは安全な場所から指示を出すだけ。

「始めるのは子供でもできるが、どちらかの国家が滅びるまで終らないのが戦争だ。」

と言ったのはSF作家の星新一氏。
この言葉の通りイラクの情勢は泥沼の一歩を辿っている。
それだけでなく戦争の余波はハリケーンとなってアメリカを襲った。そしてここでも犠牲となるのは弱者ばかり。世の中って不条理だ。

9.11テロの犠牲者、イラクで亡くなられた各国兵士、そして「カトリーナ」の犠牲となった方々のご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Sep 10, 2005

「tachikoma file -タチコマファイル-」

あー、やっと届いた(^^;。
ホビージャパンが出した「tachikoma file -タチコマファイル-」
にしてもホビージャパン関係本なんて手にしたの何年振りやら^^;。兄が好きでよく買っており私も良く見ていたんだけど買ったのは初めて。

ええっと商品内容はムック+タチコマのフィギュア。ムックの内容は以下。

・ニュータチコマ各部のカラー解説
これはオフィシャルログとややダブるかな?

・タチコマによる9課の面々&自己紹介(カラー)
タチコマ口調の文章が楽しい(^^ヾ。

・神山監督、タチコマ役玉川紗巳子さん、メカ担当寺岡賢司さんによる座談会
お三方による爆笑&奥の深~い座談会。ファンなら必読かも(笑)
寺岡さんはこの商品のかっこいいパッケージの絵もご担当。玉川さんのコメントの端々にはタチコマへの愛情があふれてます。
しかしなんといっても気になったのは神山監督の下記のコメント。

「何かね、一応新作がありますとしかいいようがないんですよね。」

このムック最大のサプライズ!
神山監督、期待していますぞ~~!!!!

・設定資料集
これもオフィシャルログとダブるかな?

・マンガ 「タチコマと一緒」楠見らんま
2ndエピソードを題材に楽しい4コママンガ。素子をストーキングするバトーの後姿に爆笑。

・思考戦車タチコマ徹底分析
いかにもホビージャパンらしい(笑)企画。読み物として充実。

・プロモデラー(こういう方々がいるんですね^^;)のタチコマ作例集(カラー)
タチコマ以外にジガバチやらアームスーツも。1st25話の落涙物ディオラマあり(TT)。

・発売終了及び発売中のタチコマグッズ紹介(カラー)
以前発売されていたフィギュアにぬいぐるみ、今予約受付しているストラップ等の紹介。

困ったのは本がパッケージにひっついて外しにくかったこと。ヒヤヒヤ物でした。
フィギュアは思ったより小さかった^^;。もうちょっと大きいといいんだけど。
もうすぐ発売予定のPSP用ゲームの広告(PSPサイズ?)が挟まっていた。

以上レビューでした^^。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ほっ(^。^;;>星野SD残留

「巨人入りか?」と囁かれていた星野阪神SDが残留を表明した。

よかった~(TT)。

星野さん、実は中日監督時代から好きだったりする。
闘将だし男前だし笑顔は素敵だし(笑)、「こういうお父さんがいたらいいな。」てな感じで。阪神の監督に就任されたとき、うれしい反面「いいのだろうか(^^;。」。ちなみに熱狂的中日ファンの友人からは

「貸してあげてるのよっ!!!」

と言われた(苦笑)。
いつ返すんでしょうねぇ(苦笑)>阪神。

ま、ともかくこれで枕を高くして眠れそう。よかった、よかった^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2005

投票まであと二日

この間解散したと思ったら、もう明後日が投票日。しかも9月11日ってのが笑えない。アメリカ盲従主義者の小泉首相にはぴったりと言えばぴったりだけど。

日ごろから小泉首相の言動には「???」だらけだが、今回の解散はその最たるものになっている。何が何でも「郵政民営化、郵政民営化」とわめきたてる首相を見ていると男の一念ってよりも怨念を感じる。郵政民営化も大事だが、解散の影でパーになった何十もの法案についてはどう思っているんだろう。

さて小泉首相が送り込んだ刺客の一人にかのホリエモンがいる。彼は立候補直後にあるテレビ番組に生中継で出演していた。番組のコメンテイターからいろいろ質問が飛んで最初は笑顔で答えていたものの、コメンテイターがちょっと突っ込むと、

「そんなくだらないことには答えません。」

と逆切れ。
その表情はフジテレビ買収騒動の際、ソフトバンク・インベストメントの介入で追い詰められたときと同じだった。都合の悪いことには逆切れで答えない。その姿勢は相変わらずだ。
正直「選挙権を持っている人が同じ質問しても同じ答えをするのかな。」と思った。彼は頭も良くて行動力もあるのにほんとに残念。ま、最初から期待しちゃいないけど。

にしても一体誰にどこに投票しよう^^;。私の選挙区は刺客が来ないので話題にもならないし、長老議員が強すぎて実質上選挙は終っている(爆)。長老以外の議員と政党のどれかにするつもりだが・・・どれも帯に短し、たすきに長し。
投票所に入るまで悩んでしまいそうだ(苦笑)。とはいえ棄権はしないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 08, 2005

二連発(--;

ま、いつものことだから慣れてますけどね。
朝から二連発ってのは勘弁してよ。

フェーン現象で猛暑の今朝、最寄り駅から電車に乗って職場へ。
ところが途中停車した快速停車駅でアナウンス。
「お急ぎのところ誠にに申し訳ございませんが・・・」
はぁー(^^;、車両トラブルで運転見合わせですか。

仕方なく各駅電車へ乗り換え。JPEG最高圧縮率も真っ青の状態で乗換駅へ到着。
「やれやれ・・・・・(^^;。なんとか間に合うかな。」
と思ったら、
「ただいま○○○○線は運転を見合わせております。お急ぎの・・・」

もーええわ(--;。>JR。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2005

エニアグラム-9つの性格-

エニアはギリシャ語の「エネア(9の意)」、グラムは「図」の合成語。「人の性格は必ず9つに分類できる。」という人間学、である。とある講座にて約2年間学び十数回のワークショップにも参加した。

無人島ででも暮らさない限り、人は人との関わりを避けて通ることはできない。当然その中には相性がいい人、悪い人が存在する。相性のいい人はともかく相性の悪い人を理解してかつうまくやっていくために、このエニアグラムってのは実に役に立つ。大手電機メーカー勤務の友人によると管理職研修に取り入れられているそうな。なんというかとても「腑に落ちる」学問である。

ではまず9つのタイプについて簡単に説明をば。

1.改革する人
高潔で理想が高いタイプ。人を導き物を教え物事を改革することに燃える。善悪の区別をはっきりさせ間違えることを恐れる。

2.愛する人
愛情豊かで世話好きなタイプ。人に尽くし自らの犠牲もいとわないが、自分の行動に見返りを要求する面がある。

3.達成する人
成功を最高の価値とみなすタイプ。強い向上心で成功へ向けて努力するが、周囲の人を自分の道具のように扱う傾向あり。

4.個性的な人
ロマンチックで内向的なタイプ。表現力と独創性に長け人を魅了するが繊細で傷つきやすい。

5.調べる人
慎重で思考力に長けたタイプ。知識を溜め込むのが好きで分析力に長けている。常に冷静でやや神経質な面あり。

6.忠実な人
何事にも責任を持ってかかわる、安全志向のタイプ。慎重で用心深いがそれゆえ優柔不断に陥りやすい。

7.熱中する人
何事にも忙しく好奇心旺盛なタイプ。いつも陽気なムードメーカーであらゆる方面に才能を発揮するが反面飽きっぽい。

8.挑戦する人
パワフルで力を誇示するタイプ。行動力にあふれ周囲の人を引っ張っていくリーダーシップを発揮するが、反面傲慢で尊大になりやすい。

9.調停する人
のんびりしていて寛容なタイプ。いついかなるときも物事に動じず人を癒す。タイプ1~8の全ての要素を兼ね備えるといわれる(島村ジョーみたい^^;)。

自分がどのタイプか知りたい方は日本エニアグラム学会のHPへ。簡単なタイプ診断法が掲載されていて、おおよその見当をつけることができる。
もっと詳しく知りたい、という人には下記の書籍がオススメ。

「「9つの性格」人間判断法―エニアグラム活用術  」
一番わかりやすい入門書。各タイプを動物や色にたとえてある。

「エニアグラム-あなたを知る9つのタイプ【基礎編】」
ちょっと専門的な記述多し。上の文庫では物足らない人向き。
このエントリの参考図書。

「エニアグラムでパートナー探し」
かなり実践的な本。対人関係に悩んでいる人にはおすすめ、かも。

最後に自分の経験を少し。
これを知ってから対人関係に悩むことが少なくなった(苦笑)。エニアグラムを使って自分を知り他人を知ることにより対処方法が見えてきたせいだろう。勿論万能ではないけれど、心のストレスを減らすのには確実に役に立っている。
ま、結局
「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」
ってことなんだけど(笑)。

そして最大の収穫はワークショップで知り合った仲間たち。講座が終った今も定期的に集まってはいろいろな話をしている。悩み事に対して違うタイプからの助言はとても役に立つ。エニアグラムがつないだ縁をこれからも大事にしていきたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 04, 2005

Nabi

意味は韓国語で「蝶」、現在接近中の台風14号の名前。
蝶のごとく羽根を広げて・・・・ほしくないですね、こればっかりは^^;。

天気図にはくっきりはっきり大きな目が写っている。進路はこのままいくと西日本を直撃しそうだ。進路にかかる地域の方々、どうぞお気をつけください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2005

唖然・・・

被害の規模が違いますね・・・「カトリーナ」が通り過ぎたニューオリンズの現状に絶句してます。

被災地では水も食料も満足になく、一部の荒れた人々が略奪やレイプに走っていると報道されている。そしてようやく現地入りしたブッシュ大統領。遅すぎやしませんか?
ちなみにブッシュ政権は「テロ対策」が最優先で予算はなんと40兆円。それに対して自然災害復旧予算はわずか40億円。お金の使い方間違ってない?
戦争も天災も泣くのは一般庶民ばかり。不条理すぎます。

被災地の一刻も早い治安回復と復興を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 02, 2005

ピース、ピース、ピース!

ジグソーパズルって2Dだけと思っていたら、最近じゃ3Dもあるんですね^^;。今日立ち寄った新宿三越内のロフトで見かけたのは

直径2M近い3D地球儀パズルの完成品(@@;。

1つ1つのピースがでかいでかい。10cm四方くらいあったかな?
さすがにこれは非売品だったけど、傍の棚には手ごろな大きさ(出来上がりが直径30cm)ほどの商品が陳列。メーカーはやのまん。「3D球体」パズルシリーズとしてリリースしているらしい。HPを見ると子供向けにディズニーキャラクターにウルトラマンの3Dパズルもあった(もちろん球体)。

地球儀バージョンは見慣れた青いタイプからエンシェントタイプ(古代地図)までラインナップが充実。作って飾るのならエンシェントタイプかなぁ。地球のほかに月球儀もあるけど、こういうのは地球儀とセットにして欲しい(笑)。この地球儀と月球儀はオプションのライトをつければ素敵なインテリアになる。

秋は空気が澄んで月や星がきれいに見える季節。ジグソーを組み立てながら夜空に想いを馳せてみてはいかがだろうか。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 01, 2005

9月!

山ほどの悔いを残して^^;、8月は去っていってしまった~(泣笑)。今年こそは、って毎年思ってるのに学習機能がないな、私(苦笑)。

と、愚痴はおいといて今日から9月。風も涼しくなって快適快適。今月はいろいろあってめまいがするようなスケジュールが待っている。9月の涼しい風のごとくすいすいと片付けるべく頑張らなくては。
尚、今月後半はほとんど更新できない状況になるかと思います。後日まとめてアップするつもりではいますが・・・・。来てくださっている皆様、どうかお見捨てにならないようお願いしますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »