« まだまだ遠い^^; | Main | お天道さま »

Aug 19, 2005

TOKYO CAMII

jammy  sentou

空高くそびえる尖塔と薄いブルーに彩られた丸い屋根。鮮やかなステンドグラスから光が礼拝場に差し込む中、コーランが流れる。東京の代々木上原に建てられた美しいモスク「東京ジャーミィ」。東京に住むムスリム(イスラーム教徒)たちの心のよりどころである。
今日、下北沢に所用がありそのついでに行ってきた。一度横を通ったことはあるけれど中に入るのは初めて。初めて入るモスクにどきどきしながら中を見学させていただいた(礼拝中は撮影禁止です)。

写真は左から、井の頭通り反対側からの写真、2階中庭からの尖塔を望む写真。

dome
これはドーム状の屋根内部の装飾。細かな装飾がきれいで見とれてしまった。ほとんど床に寝そべった状態で撮ったのだが如何せん素人なもので一部切れてしまった。すみません^^;。


reihaijyo-shandelia   stendglass

左は礼拝場正面の装飾。上部のシャンデリアはコーランの文字をかたどってある。何所から見てもその教えが読めるように作られたそうだ。右の写真は側面のステンドグラス。色彩がとても美しい。シャンデリアや内部の装飾は全て来日したトルコの職人たちの手によるもの、建物自体も水とセメントと鉄筋以外は全てトルコから送られてきた材料で作られている。

訪問したときちょうど礼拝の時間だったので、参加させていただいた。礼拝の際は入り口も男女別、場所も男女別になっている。そして女性は内部ではスカーフ着用が原則。荘厳な雰囲気の中流れるコーランはとても不思議な響きだった。そしてそのコーランをそらんじていた方とある信者の方から幸いにもお話を聞くことができた。2時間にも渡るお話の内容からイスラム教がとても寛容な宗教であることを勉強不足の私は初めて知った。

イスラム教はキリスト教と違って日本人にはなじみが薄い。そしてここ数年のいろんな出来事でイメージも低下している。しかし何事もそうだがマスコミで流されるイメージを信じるのではなく、自分の眼で確かめることが大切だ。丁寧に応対してくださった信者の方々に感謝しながら建物を後にした。

|

« まだまだ遠い^^; | Main | お天道さま »

Comments

本当に日本? と思わせるような建物が、これまた青い空にとっても良く似合います。
特に天井やステンドグラスの造形美に目をひかれますね。

普段イスラム教とは なかなかご縁がありませんから、とっても珍しい体験をされてラッキーでしたね。

Posted by: 酎犬八号 | Aug 20, 2005 09:33 PM

こんばんは~^^、酎犬さん。

>本当に日本? と思わせるような建物
ほんとにきれいな建物ですよ~。新宿から電車+徒歩で15分なので出張の折にでも。

>ラッキーでしたね。
はい(^^)。信者の方に感謝感謝です。

Posted by: shamon | Aug 21, 2005 09:36 PM

奇麗な教会ですね。

もう一つの回教教会は、昔は神戸線の電車から見えましたが今はどうでしょう?

http://data.livex.co.jp/remkobe/d.html

北野のも高圧電線が写っていて気の毒です。白装束で地下に埋めろなどとは抗議しないのでしょうか。

今身近にあるのはマンハイムの教会ですが中に入ったことは無いです。

Posted by: pfaelzerwein | Sep 19, 2006 11:28 PM

こんにちは^^。コメント感謝です。

そばで見るとほんっとにきれいな建物です。
東北沢~代々木上原間を走る小田急線上り電車からも大きく見え、夜はライトアップされまた違った印象を受けます。
法事の時しか宗教のお世話にならない私ですが、こういった祈りの場所には敬虔な気持ちを持たずにはいられません。

神戸のモスクはもう長い事見てないです。
日本も電線を地下に埋めてすっきりした町にして欲しいです。関東の新興住宅地の一部では行われていますが、古い町ではまだまだ。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Sep 20, 2006 06:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TOKYO CAMII:

« まだまだ遠い^^; | Main | お天道さま »