« 星空ヒーリング | Main | 残酷な写真 »

Aug 14, 2005

東京シティビュー

六本木ヒルズ内森タワーの52Fにある展望台の名前である。先日美術展のついでにここから東京の夜景を見た。今日はそのときのお話。

以前日中に来たことがあり、今度は夜。当然夜景には期待した。だけど東京タワー以外あまりきれいじゃなくてがっかり(TT)。わからないんですよね、どれがどの建物なのか暗くて。配布されるパンフレットに一応説明があるけれど、正直さっぱりわかりません^^;。これで1500円は高いでしょ。私は美術館とのセット料金(美術館入場料+500円)なため「しゃーないか(・・)。」ですんだけど、まともに払った人はちょっと納得できないんじゃないかな。
さて「つまらない夜景」の中で私の興味を引いたのが品川、汐留周辺の”東京ウォール”。このビル群は夜目に煌々と輝いていた。今や建築技術の粋を極めたものというより東京のヒートアイランド現象のシンボルである。

展望台にはいたるところにグッズショップがあり、ヒルズのオリジナルグッズがたくさん売られていた。その中にヒルズのペーパークラフトがあってこれはなかなかの出来(・・)。お土産なら村上隆氏のグッズよりこっちのほうが喜ばれるかも。特に男性に(笑)。

エスカレーターを降りた50Fにはアートデザインストアがある。ここでは森都市未来研究所の関連書籍・グッズの販売をしているが、ここで押井守監督監修のDVD「東京スキャナー」「東京静脈」が販売されていた。今まで知らなかったのだが(ファン失格^^;)両方ともヒルズのオープニングセレモニーで上映された短編映画とのこと。収められた映像は全てハイビジョンで撮影されている。にしても「パト2」で「東京という街を破壊してしまいたい」とのたもうた監督に監修を依頼するって・・・・制作側も太っ腹ですね^^;。
他に面白かったグッズは「ゲゲゲの鬼太郎」のペーパークラフト。鬼太郎と猫娘がありました。なんだか妙に四角い顔だったのがご愛嬌(苦笑)。

もし東京シティビューに行かれるのなら、おすすめは日中。たくさんの高層ビルの見分けがつくし(笑)東は筑波山から西は富士山まで見える眺望が楽しめる。ラブラブカップルには明るすぎてつまらないかもしれないけど(笑)。

|

« 星空ヒーリング | Main | 残酷な写真 »

Comments

展望台って、何で入場料が高いんでしょうかね。
料金を見てあきらめた事が何度も…。 ^_^;
あ、押井監督も、意外な仕事をされているのですね。

お約束どおり、「見たい映画をつなぐタスキ」を回させてもらいますね。
気が向いたら、エントリお願いしま~す。

Posted by: 酎犬八号 | Aug 15, 2005 at 12:58 AM

こんばんは~、酎犬さん^^。

>料金を見てあきらめた事が何度も…。 ^_^;
ですよね^^;。
今回は一緒に行った友人と
「神戸のほうがずっときれいだよね(・・)。」「うん(・・)」
ってずっと話してました(笑)。やっぱり無料が一番(ああ、関西人^^;)。

>押井監督も、意外な仕事をされているのですね。
そうなんですよー。監督について周囲の人が語った書籍もおいてありましたよ。

>気が向いたら、エントリお願いしま~す。
りょーかいしました~。これも八月酎には・・・たぶん^^;。

Posted by: shamon | Aug 15, 2005 at 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/5468988

Listed below are links to weblogs that reference 東京シティビュー:

» 「見たい映画をつなぐタスキ」を受け取りました [酎犬は雑想の夢を見るか?]
「見たい映画をつなぐタスキ」…なるバトンが、「こひつじの毎日。 What's Little Sheep?」の めりの さんから回ってまいりました。ぼちぼち書いていたら、2週間もかかってしまいましたよ。 1.過去1年間で一番笑った映画 2.過去1年間で一番泣いた映画 3.心の中の....... [Read More]

Tracked on Aug 15, 2005 at 12:37 AM

« 星空ヒーリング | Main | 残酷な写真 »