« ばてばて(-_-; | Main | 夜中のぐらっ^^; »

Aug 06, 2005

「不思議のひと触れ」シオドア・スタージョン

touch 河出書房が出版する「奇想コレクション」の第二回配本。ただいま夢中になって読んでます。

なんとも不思議な作風。ブラッドベリやポーの雰囲気もあって非常に私好み。この二人をより洗練させたのがこの作家かも。今まで知らなかったのが我ながらちょっと悔しい。
全10編のうち半分(「不思議のひと触れ」まで)までしか読んでませんが、簡単にレビューなど。


「高額保険」では言葉による”目くらまし”をくらいました。これがデビュー作とは恐ろしい。
「もうひとりのシーリア」ではホラーの醍醐を味わえた。主人公もそのターゲットも怖すぎる。同じアパートには住みたくないなぁ。
「影よ、影よ、影の国」では部屋片隅にうごめく何者がとっても不気味。これは思いっきりポーテイストですね。
「裏庭の神様」は昔読んだ「ミダス王」の物語を思い出してニヤリ。神様なんて掘り出すもんじゃありません(笑)。
「不思議のひと触れ」は”共通の、しかし誰にもいえない不思議な出来事”を持つ男女の物語。ラストで読むものの心の琴線をひと触れで揺るがしてしまう。なんとも幻想的な作品。

残りは「ぶわん、ぱっ」「タンディの神様」「閉所愛好症」「雷と薔薇」「孤独の円盤」の5編。
どれが気に入るかな。とりあえずページをめくるとしよう(笑)。

|

« ばてばて(-_-; | Main | 夜中のぐらっ^^; »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「不思議のひと触れ」シオドア・スタージョン:

» ■『輝く断片』シオドア・スタージョン/大森望編 [★究極映像研究所★]
                         (「ニュースの時間です」「ミ [Read More]

Tracked on Aug 09, 2005 03:09 AM

« ばてばて(-_-; | Main | 夜中のぐらっ^^; »