« 梅雨明け! | Main | 「攻殻機動隊S.A.C. O.S.T.3」 »

Jul 19, 2005

「線路の先の物語」

平成3年から4年にかけての「青春18きっぷ」のキャンペーンコピーである。
1回2300円.5回分がつづられたこの切符は1日普通列車が乗り放題のロングセラー商品。今年も既に販売されており、明日20日から利用できる。

まだ関西に住んでいた頃、夫の実家がある東北へこの切符で帰省したことがある。
確かこんなスケジュールだった(平成3年の時刻表)。

6:03(大阪発快速)
  ↓
7:50(くらい?)米原着
7:59米原発(熱海行き3両編成の普通列車
  ↓
14:00熱海着(少し休憩。ホームの上で駅そば(注)を食べた。)
14:30熱海発(快速アクティー)
  ↓
16:00東京着(少し休憩後上野へ山手線にて移動)
17:20上野発(快速ラビット)
  ↓
以後は順調に乗り継いでその日のうちに夫の実家へ。

かれこれ12時間以上の列車の旅は大変だったけど楽しかった。新幹線だと一瞬にして通り過ぎる景色もじっくりと眺められ、耳に飛び込んでくる言葉が次々と変わっていくのがとても面白かった。目的地への早い到着を最優先にするのではなくプロセスを楽しむ。今から思えばとても贅沢な旅。最近は忙しいのと気力が無くて全くやっていないけれど^^;。

今年初めて「18きっぷ」デビューする人も多いだろう。鈍行の旅は座席の硬さや電車の連絡にうんざりすることはあるけど、開けた窓から飛び込んでくる空気は飛行機や新幹線じゃ味わえない。途中下車だって思いのまま。乗る電車の時刻さえ忘れなければ(笑)いい旅ができる。一度体験したって絶対に損はない。

鞄に時刻表を放り込み、手のひらに18きっぷを持って電車に乗ってみませんか。「線路の先の物語」では旅する人それぞれが皆主人公。

注:熱海といえば押井守監督。押井守監督といえば駅そば。[danchu」に昔掲載された氏の駅そばに関するインタビューはなかなか熱かったです(笑)

|

« 梅雨明け! | Main | 「攻殻機動隊S.A.C. O.S.T.3」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「線路の先の物語」:

« 梅雨明け! | Main | 「攻殻機動隊S.A.C. O.S.T.3」 »