« 連続記録更新中 | Main | 進む温暖化 »

Jun 13, 2005

尼崎脱線事故 乗客の労災認定

記事はこちら。3件が認定済みで、他にも手続きが進んでいるという。

早くてよかった、と思った。19年前私の父が仕事中の事故で亡くなったとき、認定されるまで3ヶ月かかった。ご遺族の生活がかかっているのだから今後も迅速な処理をしてあげて欲しい。

この事故について「プレジデント」7月4日号に『JR西日本とNASA.。共通する「組織病」』という興味深い記事が載っている。JRの事故はその発生過程において1986年1月のチャレンジャー爆発事故に酷似しているとの指摘だ。「ネガティブ情報」の遮断が作り出す”新しい経験”が組織の正しい機能を失わせていく。その恐ろしさを簡潔にまとめてある。書店で販売中なので一読を薦めたい。

|

« 連続記録更新中 | Main | 進む温暖化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/4531326

Listed below are links to weblogs that reference 尼崎脱線事故 乗客の労災認定:

» 曲がりきれなかったカーブ 失敗の本質 (JR福知山線脱線事故) [V35スカイラインクーペが欲しい!]
素人にダイヤは作れない 数年前、県内にのぞみが停まらないにことに苛立った静岡県がダイヤ上無理だというJR東海(以下東海)に対し、独自のダイヤを作成し提出した。これに対し東海は、「ダイヤは個々の車両の性能、他線の接続、保安設備などいろいろな要因を勘案して作... [Read More]

Tracked on Jun 19, 2005 at 11:52 PM

« 連続記録更新中 | Main | 進む温暖化 »