« 大きなお客様^^ | Main | 「ハウルの動く城」 »

May 05, 2005

シャンボール・ミュジニー・レザムルーズ

「お二人にはグロフィエのシャンボール・ミュジニー・レザムルーズをお勧めするよ。それなら喧嘩しないだろうから。」

フランスからやってきた某有名シャトー醸造責任者はにっこり笑って私たち夫婦にそう言った(もちろん通訳を介してで、ある)。
とある場所で開催されたワイン会、主賓として招かれていた彼を囲んで順番に話をすることになった。その際「好きなワインは何?」と彼から尋ねられ、夫はブルゴーニュ、私はボルドー(但しブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーは大好き)と答えた。それに対し彼は冒頭のコメントを返してきたのである。

シャンボール・ミュジニー・レザムルーズはフランスのブルゴーニュ地方のワイン。産地であるシャンボール・ミュジニー村は女性的で繊細なワインを生み出すことで有名で、レザムルーズはその中でもとびきりの逸品である。グロフィエとヴォギュエという生産者が特に有名で、人気も高くて手に入れるのは難しい。未だに私も飲んだことがない。

この名前を初めて知ったのは漫画「ソムリエ」第一巻の最終話「10年の澱」でかつての恋人同士の再会の小道具になっている。登場したのはヴォギュエの1983年物だった。アニメでは「攻殻機動隊S.A.C.」の1st17話「未完成ラブロマンスの真相 ANGELS' SHARE」でもヴォギュエ(?)の物がちらりと登場している。こちらは演出の意図もあってか非常に微妙な見せ方をしているのが心憎い。

さて私が初めて飲んだのは村名ワインのシャンボール・ミュジニー。ピノ・ノワールの酸味が今ひとつ好きになれなかった私でもその柔らかな味を「おいしい。」と感じられた。リーデルのグラスから立ち上る華やかな花の香りはくらくらするほど魅力的でとても幸せな気分になれた。村名ワインでこれならレザムルーズならもっとすごいだろうと思った。今でも想像するだけでわくわくする(笑)。グロフィエのレザムルーズは夫がいつの間にか入手していたのでそれをいつ開けるかゆっくり考えるとしよう。

ちなみにシャンボール・ミュジニー・レザムルーズのスペルは

Chambolle-Musigny les Amoureuses

と書く。
「les Amoureuses」の意味は”恋人たち”。
冒頭のコメントに会場が沸いたのは言うまでもない。

|

« 大きなお客様^^ | Main | 「ハウルの動く城」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シャンボール・ミュジニー・レザムルーズ:

« 大きなお客様^^ | Main | 「ハウルの動く城」 »