« 五月雲 | Main | 「恋に落ちたら」第3、4回 »

May 12, 2005

今週半ばまでのいろいろ

今日も五月雲。相変わらず肌寒い。
ここ数日のいろんなことについて箇条書き。

・福知山線事故、原因究明が続く
当該車両のブレーキに問題があったとの報道が昨日あった。運転士の間でもブレーキの効きが悪いとの認識があったのに上層部はわかっていなかった様子。事故発生以来JR西日本上層部の暴走振りにもブレーキはかかっていなかったな。そして真実を報道するよりも都合のいいネタに飛びついて騒ぎ立てるマスコミの暴走振りにもブレーキがかかっていない。

・イラクの邦人拘束、今だ安否は不明
重傷との知らせのまま進展なし。ご家族の心痛をお察しします。
斉藤さんはジェド・豪士(「パイナップルARMY」の主人公」)に似てる。日経の記事によると”家庭を持ってフランスで暮らしたい”と周囲に漏らしていたらしい。この言葉が大藪晴彦の「傭兵たちの挽歌」の主人公片山健一にダブった。生き地獄を見たからこそ望む穏やかな幸せ。無事開放されればそれも夢ではないだろうが・・・。

・「ご主人様と呼べ」女性暴行監禁容疑で24歳男が逮捕
もはや珍しくもない出会い系サイトがらみの事件。容疑者のやったことは許せないが、被害者も行動が軽率すぎた、と思う。最初の脅迫メールの時点でなぜ親や警察に知らせなかっただろう。ともあれ無事逃げ出し保護されてよかった。事の重大性がわかっていない容疑者にはたっぷりとお灸をすえてやって欲しい。

・コククジラ溺死
漁師さんの定置網にかかって出られなくなったそうな。哺乳類ですから、と語る専門家の先生。死体は標本として保存されるとこのこと。なんだかやるせない結末である^^;。

・東大安田記念講堂
やっぱり申し込めばよかった^^;。「東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム」の公開講座としてここで開催された「BLOOD+」の制作発表会。レポートを見るととっても充実した内容、くぅ~(T_T)。出席者の一人押井守氏は数年前某新聞にて「国が人材育成しないから僕がやるんです。」と自らが設立した押井塾について語っていた。その押井塾から生まれた作品の制作発表を東大で行うとは夢にも思っていなかっただろう。時代も変わったものである。

|

« 五月雲 | Main | 「恋に落ちたら」第3、4回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週半ばまでのいろいろ:

» ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」 [Read More]

Tracked on May 12, 2005 09:41 PM

« 五月雲 | Main | 「恋に落ちたら」第3、4回 »