« 「紅の豚」 | Main | ・・・・・・絶句 »

Apr 23, 2005

「ロスト・イン・トランスレーション」

劇場公開時に見損ねたのでDVDを借りた。

主人公はCM撮影に日本を訪れた中年映画スターと、
カメラマンの夫について日本を訪れた若い女性。
二人は宿泊したパークハイアット東京で出会い、
言葉の通じない日本で疎外感を感じ、
心を通わせながら行動を共にする。

女性監督ならではの視点の映画だなぁ、と思った。
外国に来ればよほど語学に堪能な人でない限り
言葉が通じなくて困る。そこからくる戸惑い、疎外感、
孤独を丁寧に描いている。そして言葉が通じないのは
身近な人間に対しても存在するってことも。

スクリーンに映し出される東京の景色は
カメラを通すともろ「アジア」の大都市という感じだ。
喧騒がうずまく滑稽で醜悪な都市、東京。

私は私の見える世界を皆に見せる為の機械だ

とは古い映画監督の言葉だが、
ソフィア・コッポラはその機能を見事に果たしている。

|

« 「紅の豚」 | Main | ・・・・・・絶句 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ロスト・イン・トランスレーション」:

» ロスト・イン・トランスレーション [日々映画三昧]
オフィシャルサイト → ロスト・イン・トランスレーションウイスキーのCMのため、日本を訪れたアメリカ人俳優のボブは、意思の疎通ができない仕事に疲れ、時差ボケと緊張で眠れない。一方、写真家の夫とともに日本を訪れたシャーロットも、仕事に出かける夫を見送り、ひとり...... [Read More]

Tracked on Apr 25, 2005 10:31 AM

« 「紅の豚」 | Main | ・・・・・・絶句 »