« ・・・・・・絶句 | Main | 「阿修羅城の瞳」 »

Apr 26, 2005

再び脱線事故について

一体誰がこんな惨状を予想しただろう。
死者が50人を超えた尼崎の脱線事故。
現場では今も決死の救出作業が続けられている。

ご家族を亡くされた方々がテレビに映る。
その映像に19年前事故で父を亡くした自分の姿がだぶる。
「行ってくる。」
そういって私の父は出張に出かけたのだ。
しかし一週間後父は変わり果てた姿で自宅に帰ってきた。
そのときの悲しみは言葉では言い尽くせなかった。
この事故のご遺族たちも同じ思いをなさっているはずだ。
なんと痛ましい。

どうして問題のあった運転手に快速など運転させたのだろう。
伊丹駅でオーバーランした時点でなぜ交代させなかったのか。
事故の原因は不幸にもいろんなことが重なったせいかもしれない。
だけどどこかで防げたはずだと思うのは甘いのか。

今閉じ込められている方々の生存を祈ります。
どうか一刻も早く助けてあげてください。

|

« ・・・・・・絶句 | Main | 「阿修羅城の瞳」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再び脱線事故について:

« ・・・・・・絶句 | Main | 「阿修羅城の瞳」 »