« SMAP出演の「FLET’S 光」のCM | Main | 映画の話など »

Apr 12, 2005

英皇太子再婚について

先日英国チャールズ皇太子と愛人カミラの結婚式が執り行われた。
私が書くまでもなく35年のW不倫生活の果ての再婚である。

この再婚話を聞いたとき私の頭に真っ先に思い浮かんだのは
「破○恥」
の一言でしたわ、ええ。
「二人は逆境にもめげずに愛をはぐくんできた」
などという意見もありますが、
逆境?単なる自業自得じゃないですか

ダイアナ元妃の肩をもつわけではないが、
チャールズ皇太子はほんっとに優柔不断で情けない男だな、と思う。
ダイアナとの結婚が意に沿わないものだったとしても、。
当時19歳のダイアナを慣れない王室の環境から守り育ててやるのが
人間として夫として取るべき態度であったはず。
なのに暇を見つけてはずるずると愛人と密会ですか。そうですか。

相手のカミラもカミラである。
本当にチャールズが好きだったのなら他の男性と結婚などせず
待っていればよかったのだ。
「彼女は素朴な人です。」
というカミラの友人のコメントをどこぞで見たが、
自分の欲望に正直って意味では確かに素朴なのかもね。

いとやんごとなきお方だって人間。
道ならぬ恋に堕ちることもあるだろう。

だとしてもこの二人の行動は全てが冒頭の言葉でしか表せない。
ことに自らが信じる宗教の長の葬儀翌日に結婚式とは呆れた。
式の予定日にローマ法王の葬儀が入ったのは確かに気の毒だが、
女王が言い出した「半年先に延期」がなぜできない?
「35年待ったから」が本人たちの言い分だろうが、
信じる宗教の戒律を破りつづけてこういう事態にしたのは
自分たちではないの?
懺悔は口頭ではなく「延期して待つ」という姿勢で示すべきだった、
と思う。

まあ何にしても二人は夫婦になった。
これだけ周囲を巻き込んで不幸にしてこぎつけた再婚なのだから
くれぐれも


「二人が不仲」「王室に合わない」「離婚」

などといった不祥事は二度と起こさないでいただきたい。

|

« SMAP出演の「FLET’S 光」のCM | Main | 映画の話など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 英皇太子再婚について:

« SMAP出演の「FLET’S 光」のCM | Main | 映画の話など »