Main | April 2005 »

March 2005

Mar 31, 2005

立花隆の「メディアポリティックス」

愛も変わらず報道されているフジとライブドアの騒動。
今朝の新聞によると堀江氏が「休戦」を提示したそうで。

さてこの件昨日夫から下記のHPを教えられた。

立花隆の「メディアポリティックス」
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/

この騒動についての立花氏の見解が述べられている。
リーマンの巧妙な立ち回り、弁護士の電撃退任など
テレビの情報ではうかがい知れない内情が載っている。
この騒動を深く知るにはかかえないコラムだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 30, 2005

サッカー&森夫妻

さてサッカー。
バーレーンに1-0で勝利。まずはよかった、かな?
でも次はアウェイでの試合。厳しそうだなぁ^^;。
とにかくがんばってくださいね~>日本代表。

芸能は森夫妻がついに別居。
先日の昌子さん入院騒動のときからおかしいと思ってはいたけれど。
いろいろ・・・あるのでしょうね。
マスコミもそっとしておいて上げれば、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 29, 2005

再びスマトラで地震

一瞬、聞き間違えたのかと思った。
再びスマトラで地震なんて。

幸いにも津波はそれほどなかったらしいが、
現地の人はどれほど不安だろうかと思う。
観光で食べている国にとって天災は命取り。
これで収まってくれればいよいのですが・・・。

災害地の復興を一刻も早く祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 28, 2005

日経キャラクターズ!の記事

セブンアンドワイで注文した「攻殻」2ndGIGのO.L.1と劇場版「攻殻」が
近くのセブンイレブンに届いた。早速取りに行く。
劇場版のジャケットは黄瀬さんの手による素子。
S.A.C.の後藤さんや中村さんが描かれる素子も好きだけど、
黄瀬さんの素子はよりクールでかっこいい。

この劇場版から既に10年。S.A.C.も2ndのDVDリリースが終了。
3rdの噂がちらほらする中、最新の「日経キャラクターズ」に
いろいろと企画が進行しているとあった。
雑誌に載るということはそれなりに進んでいるのだろう。
楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 27, 2005

日曜日というのに

こんな時間に目が覚めてしまった

一昨日見た2ndGIG最終話がまだ頭の中に残っているせいだろう。
思うところがありすぎて何度も何度もDVDを観たが、
未だ自分の中で消化し切れない。
ちゃんとした感想を書けるのは当分先になりそう・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 25, 2005

今週の雑感

その1 マネーゲームの顛末

SBI出現によりライブドアは議決権がパー^^;。
そしてニッポン放送の人気パーソナリティからブーイング。
”人”財産という言葉にそろそろ気がついた頃でしょうか。>堀江氏。

その2 愛知万博
今日より開催。トラブルなく順調に日程を消化していくと良いのですが、
開幕前の正式サイトサーバーダウンやリニアの重量オーバーなど
見るとかなり不安^^;。行く方はどうぞお気をつけて。

その3 花粉ピーク
強風により激しく飛んでおります(TT)。
鼻水より目が辛い。我慢していいのはいつまで?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2005

「天使の降臨」

ワインファンドついでにワインにまつわる言葉など。

ワインに興味を持つようになったのは結婚して
確か2年目の夏。お中元のワインを持って夫婦で
仲人さん宅を訪れたときのことだ。
そしてワインマニアの仲人さんは私たちにこう仰ったのだ。

「フランスでは素晴らしいヴィンテージイヤーを
『天使の降臨』って言うんだよ。」

そして私たちは仲人さんから一通りの講義?を受け
ワインにはまった。今では二台のセラーを所有している。
もっともそのおかげで貯金は・・だが。

この『天使の降臨』という言葉には

「ワインは神からの贈り物。」

という意味なんでしょうね。
確かに極上銘柄のよいヴィンテージは天使が
中にいるんじゃないかと思ってしまうような味だ。

初めて飲んだ高級ワインは
シャトー・ラフィット・ロートシルトの1985年物。
「高級ワインってこうなのか。」
ボトルの中には天使がしっかりいて私を虜にした。

以来10年以上、
フランスも含めたたくさんの国のワインを飲んできた。
その中にはいろんな天使がいた。
しかし翌日二日酔いというプレゼントをしてくれる悪魔も
たくさんいて、私を閉口させたけれど。

ボトルの中に天使がいるなんて陳腐な表現かもしれない。
だけどワインを飲むと幸せな気分になる私は、
やっぱり天使がいると思ってしまうのだ。

しかし飲みすぎには気をつけないと
本物の天使に出会う羽目になる。
それだけは気をつけなければ^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワインファンド

3/22付日経新聞の夕刊に載っていた。
シャトーマネジメントグループ(http://www.winebond.com/new/web_jp/index.htm)って
会社が運用して、日本の某投資会社が売り出すそうで。
一口500万。庶民には縁のない金額ですね^^;。

でも堅い商売だなぁ、とは思う。
ボルドーの高級ワインはプリムールから値段が上がることはあっても
下がることなんてめったにない。
我が家のセラーにもボルドーの高級ワインが十数本あり、
大体が購入当時の価格より高くなっており、物によっては数倍になっている。
個人セラーのささやかな中身でもこうなのだから
資金を投じてやればそりゃ儲かりますわな。

ペイオフを目前にしてこういった商品がどんどん出てくるのでしょうね。
既にラーメンファンドや、映画のファンドなどが売り出されあちこちで
話題になっている。中にはかなり怪しげなものもあるけれど、
金融の世界に興味を持つきっかけになっていいのではないだろうか。

いまどき貯金してもしみのような利息しかつかない。
だったら多少のリスクは覚悟で好きなものに投資するほうが
賢いのかも。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Mar 22, 2005

プリンタリプレース

朝から曇り空。
先日買ってきた新しいプリンタをセッティングする。
古いプリンタは自治体の粗大ゴミ回収に出すことにした。
早速インターネットで申し込みと確認。
回収日も手数料もネットで確認できる。

インターネットだとつながらない電話にイライラすることも
手数料の確認に手間取ることもない。
でも便利さにどっぷり浸かっていざというとき何も
できなくなりそうで怖い。
便利さって諸刃の剣なのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2005

すみませんm(__)m。発言訂正

甚大な被害だったんですね・・・>玄海島。
島民の方々は皆避難されているとか。
余震が早くなくなり、島民の方々が一刻も早く
元の生活を取り戻せますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一夜明けて

九州の地震は3/21朝7時現在で死者1名、負傷者430名という。
ガラスが割れたりブロック塀が倒れたりということはあるが
新潟や阪神大震災のように甚大な被害にならなかったのは幸いだろう。
とはいえライフラインが止まっているところもある。
これ以上被害が広がりませんように。

とはいえ九州にいるネット仲間及びそのご家族ご親戚たちが心配である。
また10年前阪神大震災に遭い再び九州の地でこの地震に
遭ったであろう元上司も。

昨年から猛暑に地震に大雪、外交上でもトラブル続きの日本。
どうなるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2005

「Mの悲劇」感想

遂に終ってしまった。
にしても、「ハッピーエンド?」と思わせてあの結末。
参りました^^;。まあ一筋縄で終らないとは思ってたけど。
とにもかくにも大満足のドラマでした。
佐々木蔵之介が段々と不気味な存在になっていく人物を
上手に演じててとても印象に残りました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 19, 2005

土曜日の白ワイン

久々に白ワインを開けた。
夫がつい先日馴染みのワインショップから買ったシャブリ。
アサリの白ワイン蒸し、買ってきた牡蠣フライ、サラダと共にいただいた。

William FevreのCHABLIS PREMIER CRU VAILLONS。
初めて飲む作り手だったがさわやかでとてもおいしかった。
好みとしてはもう少し厚みが欲しかったけど、
まだ若い2002年物だから仕方ないか。
あと5年寝かせれば違った味わいだったろう。
ちょっと惜しかったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も今日とて

花粉がたくさん飛んでいる^^;。
わずか数分外に出ただけなのに(しかもマスク着用で)
ティッシュを傍から放せない。

ああ、一体いつになったら花粉が飛ばなくなるのやら。
てなわけで三連休は家に閉じこもってDVD鑑賞と決定。
あうあう(T。T)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 18, 2005

今週の雑感

ライブドアが本丸へ突撃開始。
取らぬ狸の皮算用どころか火だるまにならなきゃいいけど。
またこの話を大々的に報じているフジ以外のメディアの方々、
あなた方の会社は大丈夫なのかな?

マラッカ海峡の海賊事件。
まさか今世紀になって「海賊」なんて言葉を聴くとは思わなかった。
人質となった方々が無事に見つかりますように。

東武鉄道の踏み切り事故。
「手動で上げ下げ」と聞いたときは耳を疑った。
人間の判断には間違いがでることがある。
かといって機械にも間違いがないとは言い切れない。
補いきれない隙間であの事故は起きたのだろう。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。
そして鉄道会社は事故が再発しないようきちんと検証して
対策に努めて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2005

第二ラウンド開始

フジ側の逆襲がスタート。
ニッポン放送が所有するポニーキャニオンの株を売却する
方針を検討しているとか。
こういうのを焦土作戦って言うんですね。初めて知りました^^;。

ライブドア側は主任弁護士が辞任。
地裁判決までの契約だったようだけど、はたしてどうなんでしょう?
堀江社長はあちこちで元気にまくし立てているけれど、
彼の表情から余裕がなくなりつつあるのが素人目にもわかります。
そりゃそうですよね。
あと数年で800億をリーマンブラザースに返さなきゃいけないんだから。
こんなところでぐずぐずしてられないわな。

それにしても庶民には縁のない金額が飛び交うこのマネーゲーム、
一体いつまで続くのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2005

あれから19年

19年前の今日、私は愛知県のある病院の待合室に詰めていた。
1週間仕事先の建築現場で事故に遭った父が入院していたのだ。
この日の夜明け前、私は胸騒ぎで目が覚め、
飛び起きるとひとつ下の階にある病室へ駆け込んだ。
中にいた医師と看護婦がちらりと私を見て、こう告げた。

「ご臨終です。」

外は荒れ狂う春の嵐。
体中から力が抜けるのを感じた。

あれから19年。
時は悲しみを癒すというけれど、この季節になると涙がこぼれるのは何故。
出棺の時に触れた父の頬の冷たさは今でも忘れられない悲しい記憶。


父の人生は苦労の連続だった。
何代も続く裕福な商家の家の跡取りとして生まれるも両親は早くに離婚。
母親の愛情を知らずに育ったという。
そして太平洋戦争が始まり何も知らないまま15歳で志願兵として戦場へ。
復員後大学に入りジャーナリストを目指すも実家の没落で断念。
職に就き愛する女性と家庭を持つものの出産の時に妻を失い、
残された乳飲み子は妻側の親族へ。

その後自暴自棄な中で数年を過ごし、流れ流れてたどりついたある町で
父は私の母と出会い結婚した。そして兄と私が生まれた。
求め続けた幸せををようやく父は手にしたのだ。

私が幼い頃、父は時折お酒を飲んでは泣いていた。
「お前たちがもっと大人になったら話そう。」
そういって涙をぬぐっていた。
そんな父がどこか私には遠かった。
優しかったけど遠かった。何も話してくれない父の背中がさみしかった。
父の過去を母から聞かされるまでその気持ちはずっと続いた。

ある時、ちょっとした出来事があった。
帰るコールをよこした父がなかなか帰宅しなかったのだ。
心配した私は父を探し回った。けれどすれ違いに父は帰宅していた。
「どこにいたのよ。心配したのに。駅でずっと待ってたのよ。」
怒る私に、父は頭をかきながら謝った。
「・・・昔の知り合いに20数年振りにばったり逢ったんだよ。心配させて悪かった。」
だけどその笑顔はどこか寂しげだった。

翌日その理由を母から聞かされた。
手放した子供の消息を知っている人に偶然地下鉄の駅で逢ったのだと。
突然
「○○さんじゃないか。」と声をかけられ、
そのまま近くの喫茶店へ入ったらしい。
その人は父に子供の居場所を告げ、こう言ったそうだ。

「結婚して○○に住んでいる。逢ってやれ。実の父親じゃないか。」
「今更どんな顔して親父面できるんだ。俺にそんな資格はない。」

父はそう断ったという。
『どんな事情があろうとも俺が子供を捨てたことには変わりはない。
幸せに暮らしている子供の家庭に波風立てるわけには行かない。』
父はそう思ったのだろう。いつだってそんな人だった。
そしてこの一年後、父は事故に遭いこの世を去った。

今は父親不在の時代だという。
子供に向き合えず敵前逃亡する情けない父親が多いと。

私の父は決して娘から逃げなかった。
どんなに娘が生意気なことを言っても向き合ってくれた。
父親なんて頑固で時代遅れで古臭くていい。
その壁を乗り越えて子供は大人になっていくのだ。
毎年この日を迎えるたび私はそう思う。

お父さん

空の上から私を見ていますか

幼い私を抱き上げてくれたあなたの手の暖かさを今でも覚えています

頬擦りしてくれたときの髭の痛さもタバコのにおいも

昨日のことのように鮮やかに思い出せる

お父さん

どうかこれからも空の上から見守ってください。

私も時々空を見上げてあなたを探すから。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Mar 13, 2005

「Mの悲劇」

来週が最終回、かな?
あちこちに打った点と線が一気に繋がり、
遂にクライマックスへ。
明の父が犯してしまった罪ってやっぱり・・・なんだろうか。
それが明の憎しみの導火線に火をつけてしまったのだとすると、
美沙があまりにかわいそう。

ここ数年、ドラマなんてほとんど見なかったのに
展開のうまさに引っ張られて1月から日曜9時はテレビの前(笑)。
来週も心して見なくては。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Mar 12, 2005

花粉症

ここんとこひどくなりつつある花粉症が更にひどい。
朝起きた途端、ティッシュボックスを脇に抱える始末。
抗アレルギー剤は眠くなるし困ったもんだ。
この季節だけでいい、全身○体化したい(TT)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2005

ライブドア勝利

まずは第一ラウンド終了ですか。
すぐに第二ラウンドが始まるんでしょうけど。
果たしてどうなるのやら。

それにしても今回の堀江氏の行動には、
プロ野球の時と違って全く支持できない。
彼のニッポン放送に対する言動(TVのインタビューで見る限り)に
そこで働く人たちに対して敬意のかけらもないから。
もし彼がニッポン放送の”支配者”に納まったとしても
あれほどまでに従業員に嫌われてまともな経営ができるとでも
思っているのだろうか。
優秀なスタッフであればあるほど次の転職先は簡単に見つかるのに。

確かにお金があればたいていのものは帰る。
しかし仕事に真剣に打ち込む人のプライドは買えない。
それがわからないのでしょうね、今の堀江氏には。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Mar 10, 2005

カルフール撤退

あらやっぱり撤退しちゃうのね^^;。
当分はイオンと共同経営のようですけど。

昔、南町田店オープンの時行ったんですけど
一発で「こりゃダメだ^^;。」と思いました。
その理由は

・店が広すぎる
・靴と食料品を同じカートに入れたくない

ってとこでしょうか^^;。
正直大根一本買うのにも歩くだけで疲れる店なんて困ります。
第一店を訪れる人が皆大量にお買い物したいとは限らないし。
総合スーパーではなく食料品と日用品オンリーに絞ったほうが
よかったのでは。お惣菜はなかなか美味しかっただけに残念。

従業員の人たちはそのまま雇用が保証されるようでちょっと安心。
このご時世、次ぎ見つけるのは大変ですもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まずは第一歩

とりあえず今日思ったことなど。

・東京大空襲の日

だそうですね。
60年前は今私が住んでいるところも焼け野原になっていたのかと
思うとなんとも・・・・
この大空襲でなくなられた方々のご冥福をお祈りします。

・確定申告
年末調整が諸事情でできなかったため税務署へ。
はぁさすがにすごい人でした^^;。
最近じゃタッチパネルで金額計算できるのね^^;。
残りの部分を署名捺印して出して終わり。
「お客様」などとこっちを呼んでくれるあたり、
お役所も少しはサービスを考えているのかしらん^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | April 2005 »